戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52051798.html


ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:18:53 ID:zz72S7Ic

注 ネタバレ 捏造 if展開


貸切の店。
騒ぐは仲間達。
残酷な世界で、今も尚、生きている腐れ縁の同期達。
オレの隣に座るのは。
死に急ぎ野郎。

「……何で最後の晩餐で、隣にお前なんだかね」
「そりゃお前が寂しそうにしてるからだろ」
「馴れ合うのは主義じゃねぇだけだ」
「構ってやってんだから感謝しろよ」
「誰が感謝するか。チェンジだチェンジ」
「誰に」
「決まってるだろ」

オレは睨みつける。
ヤツは笑った。

「ミカサか」
「ミカサ以外にいねぇだろ」
「お前も懲りねぇな」
「懲りてたら、こんな場所にいねぇさ」
「スッパリと振られたクセに」

グラスを持ち上げ、喉を潤す。
苦味を飲み干すように。



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:28:44 ID:zz72S7Ic

「そのミカサを振った、てめぇが言うんじゃねぇよ」
「付き合った方が良かったか」
「オレに訊くなよ」
「ジャンが適任だろ」
「最悪だな」
「最低なのも自覚してる」
「……泣いてたぞ」
「知ってるよ」
「後悔は」
「山ほど」
「だったら付き合えよ」
「無理だって。オレ達は家族なんだから」
「そりゃ本心か」
「……」

ヤツは泣きそうな面で微笑んだ。巨人の力を体内に宿す青年は。どうしようもないだろう、とばかりに。

「オレは化物だからな。結ばれても、アイツを幸せにしてやれない」
「そんなのミカサが気にするタマかよ」
「オレが気にするんだよ。そもそも……この件については嫌ってほど殴り合っただろお前と」
「涙と鼻水でぐちゃぐちゃだったよな。マジでウケるわ」
「お前もだったろうが」

オレ達は殴りあった。素手と素手で、ガキだった頃の時間を取り戻すように、青春の華を咲かせた。
惚れた女の幸福を祈って。
惚れた女の幸福を願って。
だから知っている。オレが振られたのも、死に急ぎ野郎が振るしか無かったのも。一から十まで、理由と感情をぶつけ合ったから。



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:40:19 ID:zz72S7Ic

「それでも言わせろよ」
「やだよ。オレだって初恋だったんだから」
「オレだって初恋だったさ」
「ミカサもな」
「ミカサもだ」
「……報われねぇな」
「お前がヘタレなせいでな」

睨み合う。まるで鏡合わせのように、そこには似た様な心境を表した面があった。

「お前はまだミカサを諦めてないんだろ」
「オレはミカサ一筋だよ」
「だったら、お前が幸せにしてやれよ」
「それが振られたヤツに言う台詞かよ」
「振ったヤツの台詞で、アイツの大切な家族からの台詞でもあるな」
「最低だな」
「最悪だな」
「一回ぐらい死んどけ、死に急ぎ野郎」
「オレが死んだら困るクセに、この馬面団長補佐様は」
「うるせぇよ。成りたくてなった訳じゃねぇ」
「オレだって巨人になりたくてなった訳じゃねぇよ」

まるで予定調和のように、オレ達は軽口を叩き合う。
いつからだろう。いつからオレ達は、こんな風に会話をする仲になっていたか。ムズ痒くもあり、苦々しい気持ちにもなる。
それだけの長い年月が経て。それだけの腐れ縁の絆を結んでしまった。



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:52:08 ID:zz72S7Ic

「やれやれだな」
「溜息を付くと、幸せが逃げるらしいぜ」
「溜息を付いてなくても、ミカサは構ってくれねぇけどな」
「お前にとって幸せはミカサかよ」
「惚れた女が笑ってれば、幸せになれんのが男だろ」
「違いない。オレもミカサが笑ってたら幸せだ」
「家族としてか?」

オレは嫌味ったらしく訊き、ヤツは未練たらしく零した。

「……半々で」
「だったら半殺しで許してやるよ」
「ははっ。寛大だな」

仕方ねぇだろう。オレが惚れた女は、未だにお前を想ってるんだよ。
だから死なれると困るんだ。



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:55:48 ID:zz72S7Ic

「てめぇが死ぬと、惚れた女が笑わなくなる」
「お前が死んでも、アイツは泣くだろ」
「当たり前だろ」
「そうだな」

オレ達が惚れた女は。オレ達が初めて愛を想った女は。
優しい、優しい、泣き虫な女の子だ。ちっとばかし誤解を招きやすいが、それは決して嘘じゃない。

「だから死ぬなよ、死に急ぎ野郎」
「お前こそ死ぬなよ、馬面団長補佐様」

「オレが死ぬと、惚れた女が泣くらしいからな」
「オレが死ぬと、惚れた女が笑わなくなるらしいしな」

「責任重大だな」
「重荷だと思うか?」
「まさか。それこそ冗談だろう」
「まったくだ。惚れた女の想いぐらい、この肩で背負えなきゃ団長補佐やってねぇよ」

グラスを掲げる。氷が揺れて、硬質な音を鳴らす。
それを掻き消すように、二つのグラスを打ち鳴らした。残っていた紺色の液体を、浴びる様に喉へと流し込む。



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 00:04:24 ID:mXBcsBX2

「辛気臭い会話は止めて、オレ達も向こうに混ざろうぜ」
「だな。向こうはドンチャン騒ぎだ」

振り向く。そこには。
ミカサ、アルミン、サシャ、コニー、クリスタ、ユミル。
昔からの腐れ縁のヤツらが揃っていた。誰も彼もが、これから先に待ち構える絶望を知っていて、だからこそこの貴重な一時を。
無駄にしない為に、無為にしない為に。騒ぎ楽しんでいた。
笑顔、笑顔、笑顔。
オレ達が愛した女も、控えめながらも笑っている。この世界は残酷だが、それでも美しい。

「一応、言っとく」
「あん?なんだよ」
「もしオレが本当に死に急いじまったら、ミカサを頼む」
「お断りだ」
「なんだよ、ソレ」
「てめぇの頼みなんかなくても、オレが面倒見るに決まってる」
「そっか」
「そうだ」
「振られたのにな」
「振ったくせにな」
「最悪で」
「最低だ」

オレ達は立ち上がり、笑顔の輪に加わった。
それが最後。
死に急ぎ野郎……恋敵との私事を交えた最後の会話だった。



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 00:13:10 ID:mXBcsBX2

5日後に迫った最終決戦。
人類と巨人。相容れない二つの勢力が、栄光と繁栄を懸けて命を喰らい合う。その最後の戦いで。
死に急ぎ野郎は、消息不明になり。帰還する事は無かったのだった。

今にして思えば。
ヤツは見通していたのかもしれない。こういう結末になるのだと言う事を。
戦場の奥深くに、単身で突進していった死に急ぎ野郎は、声に出さずオレにだけ語り掛けていたのだ。唇の動きだけで。

ま、た、な。

別れの挨拶。
さようなら、ではなく。またな、と告げたアイツは、戻ってくる気はあったのだろうか。
問い質したくても、当の本人に届く事は無く。
そんな「いつか」なんて訪れることも無く。
人類は巨人の支配から脱し。
全ては過去になった。
完全な幸福は無く。
幸せと不幸せ。
半々の。
未来。



9 :以下、名つか……オレ達がちゃんとオレ達らしく、前へと進めたら、さっきの答えを貰うよ』
『……』
『覚えておいてくれ』

まさか本当に覚えているとは思わなかった。
あんな中途半端な、諦めの悪い男の約束を、覚えてくれているとは思わなかった。


40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 00:16:02 ID:sbtZFvkA

「ジャン……?」

手紙から視線を外し、オレを不思議そうに見る彼女。

「どうして、貴方は泣いているの?」
「泣いてるのはお前だろ」
「そうだけど……そうじゃない。私じゃなくて、今は貴方」

まだまだ改善余地のある言語能力を披露する彼女の手を取り、自分の頬に押し付ける。

「泣いてねぇだろ?」
「涙は流れていないようだ」

愛おしい。彼女の熱が頬を通して、全身へと伝わってくる。

「それでも、貴方は泣いている」
「どうして、そう思うんだ」
「ずっと傍に居たから解る。それ以上の言葉が必要?」

焦がされる心臓が、一瞬だが飛び跳ねていた。それを落ちつけるように、もはや癖みたいに気付けば皮肉を飛ばしていた。

「オレが付き纏っていたからだろ」
「……貴方は素直な癖に、面倒臭い人だ」
「あのさ」
「なに」
「あまり誤解や勘違いをさせるなよ。自惚れちまう」

優しい彼女に、卑屈なオレは。卑怯な予防線を張ってしまう。臆病なのは、いつまで経っても治らない。



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 00:16:37 ID:sbtZFvkA

そんな女々しいオレに対して、彼女は漢前だ。ずっと、昔から。この関係も変わらない。
今だって、情けない事にそうだ。

「する、しない、はジャンの自由。私としては、どちらも変わらない」

親指で瞼の下を拭われた。涙を零していないのに、それを拭う仕草に、また焦がされ愛が溢れる。
胸の内ポケットに仕込んだ、渡しそびれた小箱の存在を意識する。
小箱の中に仕舞った、銀の輝きを。
強く、強く。意識する。

「……今からでも、遅くはないのかね」
「待たせすぎた、と反省している」
「それは違う。言っただろ、待たせたのはオレだって」

そう。待たせたのは、オレだ。惚れた女に、改めて想いを伝えた時に。
結果がどうなるか置いといて、惚れた女が笑っている方が、最高にイカしていると思うんだ。アンタらだって、そう思うだろ?
この瞬間、このタイミング、この場に――全てが揃っている。

絶対的な幸福を味わえるシチュエーションが。ミカサが、じゃなく。想いを告白するオレが。
だから待たせたのは彼女じゃなく。
最後の最後まで、自分勝手なオレだ。誰がどう言おうが、これだけは譲らない。男の子なんだ、見栄ぐらい張らせてくれ。



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 00:17:53 ID:sbtZFvkA

だから。
だから。

覚悟を決めよう。
待ち焦がれるのも、待たせるのも止めたのだから。焦がされ、溢れ出した想いのまま。
勢いに乗って、長年の想いをストレートに届けた。胸に仕込んだ小箱から、彼女が気に入っていたデザインの銀の指輪を取り出して。



「オレと、家族に、なってくれませんか」



こうして、一つの噺は幕を閉じた。特別な再会を果たした夜は終わり、停まっていた時間は過去から未来へ。
変わったモノ、変わらないモノを背負って、それぞれの針は進んでいく。
遠い遠い場所へ去った誰かのように。待ち焦がれるのも待たせるのも止めた誰かのように。首元の赤から、左の薬指に銀を嵌めた誰かのように。

また「いつか」の約束を残して。
また「いつか」の誓いを信じて。

甘く、切ない。貸切の舞台は、静かに幕を下ろしたのだった。



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 00:19:14 ID:sbtZFvkA

終わり。
読んでくれた方、どうもありがとうございました。レスをくれた方々もありがとう
また何処かで



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 00:29:41 ID:N..BVka2

乙です!凄く男前なジャンだった…。
よかったらまた投稿してください(小声)



52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 12:30:26 ID:BWfV7rRM

ジャン好きだけど三笠とくっつけるのってすごい難しいよな



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/22(日) 15:33:47 ID:cJkT3mu.

すごく良かった
また>>1の作品が読みたい



転載元
ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1379686733/

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
サシャ「サシャえもん」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
モバP「オトナになりたい女の子」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
サシャ「サシャえもん」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
アニ「はぁ…仕方ないね…」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
竜宮小町+α「水瀬伊織NGシーン集」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
アニ「はぁ…仕方ないね…」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
ゴロリ「ここは・・・?」スプー「やぁ」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
モノクマ「誰だよ! 苗木クンの寝顔激写したやつ!」 (以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします)
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ