ba0bb04ce83fa1b3f7c17d577c28d6ab


律子「竜宮小町の本を作ったわ」伊織「あら」


恒一「いないものになってから逆セクハラが凄い」
P「どうやら響に嫌われたみたいなんだが……」
一夏「性欲を持て余す」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:45:20.00 ID:bK1LWgW/0




律子「最近の竜宮は絶好調よ IA出場権はほぼ手中に収めたと言っても過言ではないし、

出場はおろか優勝も十分狙えるわ」



伊織「そうね このスーパーアイドル伊織ちゃんがリーダーを務めているのですもの 当

然ね にひひっ♪」



律子「本当にね… 伊織はよくやっているわ 流石に私が見込んだだけのことはあるわね」



亜美「うあうあ→いおりんばっかりズルいYO 亜美は亜美はー?」



あずさ「あらあら~伊織ちゃんうらやましいわ~」








5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:47:38.69 ID:bK1LWgW/0




律子「あずささんにはいつも助けてもらっています 私では目が行き渡らない所も見ていていただいて…」



あずさ「いいえ 律子さんがいてくれたからこそですよ」



律子「ありがとうございますあずささん… そうね、亜美がいなかったら私たちはここまでこれなかったわね あなたの純粋さに何度救われたかわからないわ」








6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:49:48.91 ID:bK1LWgW/0




亜美「お、おう 面と向かって言われると照れるぜい///」



あずさ「あら~亜美ちゃんたら恥ずかしがり屋さんね~」



伊織「にひひっ♪亜美もまだまだね 

この伊織ちゃんのように大人の余裕を持たないと」



亜美「うるさいやい!いおりんもりっちゃんに褒められて本当は嬉しいくせにー!」



伊織「んなっ!そんなわけないじゃない!私が褒められるのは当然のことよ!

そんなわかりきったことで今更喜んだりしないわよ!」



あずさ「伊織ちゃん顔真っ赤よ~」



亜美「いおりんか~わいいっ」ケラケラ



伊織「~~~~っ///」カーッ



ワイワイキャッキャワイワイキャッキャ








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:52:32.89 ID:bK1LWgW/0




律子「と、まあそんな3人の頑張りのお陰で「「「ちょっと待った!!」」」…え?」



亜美「頑張ったのは3人じゃないっしょ→」



あずさ「そうですよ もうひとり一緒に頑張ってきた仲間がいるでしょう?」



亜美「ほらいおりんいつまでも顔赤くしてんのさ!

リーダーなんだからバシっと決めちゃってYO」



伊織「うっるさいわねー!わかってるわよそんなこと!」








10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:54:32.97 ID:bK1LWgW/0




伊織「その…アレよ… 律子のことも一緒に頑張ってきた仲間だと思ってるから…

竜宮小町は4人でひとつのチームでしょ?」



亜美「そーそーその通り→」



あずさ「律子さんのプロデュースがあってこその竜宮小町ですよ」



律子「みんな…」ジーン



伊織「私も律子のこと一人前のプロデューサーだって…

アイツよりもすごいプロデューサーだって思ってるから…その、そのこれからも頼むって言ってんの!///」カーッ








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 00:56:55.98 ID:bK1LWgW/0




律子「みんな…」ジーン



律子「私…わたし…あなたたちを選んで本当に良かったわ…」ブワッ



あずさ「あらあら~律子さんもかわいいわね~」ヨシヨシ



伊織「きったないわねー ほら、チーンしなさいチーン」チーン



亜美「うあうあ→盛り上がってきたYO胴上げだ胴上げだ→」



ワーッショイワーッショイワーッショイ



律子「私がプロデューサーになったのは間違いじゃなかったんだ!私はここにいてもいいんだ!」ワーッショイワーッショイ





【物陰】

高木「イイハナシダナー」

小鳥「録画しなきゃ(使命感)」








13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:00:16.43 ID:bK1LWgW/0




伊織「で、その本っていうのはなんなのよ」



律子「話が逸れてしまっていたわね ごめんなさい 

さっきも言ったとおり竜宮はIA大賞ノミネートはほぼ決定的で優勝候補にも入っているわ」



律子「そこでこれまで支えてくれたファンへの感謝と新しいファン層の開拓を狙って、

竜宮のこれまでの記録とこれからの展望をまとめたムック本をつくることになったの」



亜美「へーなんだか面白そうじゃん」



あずさ「グラビア写真集みたいなものかしら~」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:03:31.70 ID:bK1LWgW/0




律子「写真ももちろん載りますよ これまでのライブやテレビ出演時に撮られたもの中心になりますね 

グラビア以外にもこれまでのメディアへ露出した際の発言等もまとめられています」



あずさ「あらあら~なんだかすごいですね~」



伊織「このスーパーアイドル伊織ちゃんの完璧な仕事の数々がまとめられるのね!中々冴えてるじゃない」



律子「そうよ 実はもう見本が出来上がっていてそろそろ日刊スポーツの担当の記者の方がその見本を持ってお見えになるの 

社長とあなたたちがOK出し次第印刷所に連絡して刷ってもらうわ 来週には店頭に並ぶ算段よ」メガネクイッ








15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:05:38.60 ID:bK1LWgW/0




伊織あずさ亜美「「「日刊スポーツ?」」」



伊織「日刊スポーツって…よくは知らないけどスポーツ新聞かなにかよね 大丈夫なの?」



律子「実はこの企画を持ち込んできたのは日刊スポーツさんからなの 

普段は野球の雑誌を作っている会社なんだけど今はアイドルブームの時代でしょ?

この出版不況ではなりふりかまっていられないって頼み込んできたのよ」








17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:09:47.90 ID:bK1LWgW/0




亜美「記者っていつものおっちゃんじゃないのー?」



あずさ「野球ですか… 野球のことはよくわからないのですが大丈夫でしょうか?」



律子「むこうの担当編集の方とはよく話し合いましたし今回の企画の為に新しく編集部を設置してくれたそうですので大丈夫だと思います 

これからくる見本を見て内容に不満があるようでしたらまだいくらでも直せますし 

 あと亜美、おっちゃん呼ばわりは止めなさい」



亜美「はーい」ハナクソポイー



あずさ「律子さんがそう言うなら大丈夫そうですね」



伊織「そうよ 表向きは律子は私たちをこの短期間でここまで導いてきた敏腕プロデューサーなんだから

私たちが不利になるようなヘマはしないわよ」








19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:12:37.71 ID:bK1LWgW/0




亜美「表向きとか言っちゃって→いおりんは素直じゃないなあうりうり→」グイグイ



伊織「ちょっ暑い暑いくっついてくるんじゃないわよ!」グイグイ



あずさ「あら~私も~」ドタプーン



伊織「~~~ッ!もうあっついわねー!

こんなに元気が有り余っているならレッスンでもしてたほうがよっぽど時間の有効活用よ!

二人とも本の心配なんてしてないで自主錬いくわよ!」








20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:15:09.36 ID:bK1LWgW/0




律子「伊織!?本の見本のチェックはしなくていいの?」



伊織「律子 私はあなたのこと信頼しているの その…律子なら素敵な本をつくってくれるって信じているもの」



伊織「だから本のチェックはしない 今私たちは私たちにしかできないことをしなきゃ」



あずさ「そうね~次のフェスにむけてすこ~し準備不足かもしれないわね~」



亜美「しかたねーなー今回だけだぞ→」



律子「みんな…」ジーン








23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:18:34.26 ID:bK1LWgW/0




伊織「だから私たちは自主レッスンしてくるわ 

このスーパーアイドル伊織ちゃんにふさわしい本を作らないと承知しないんだからね!」



あずさ「楽しみにしています~」



亜美「亜美としては見本に色々と口出してオモロ→な方向に傾けるのもやぶさかではなかったんだけどね 

リーダーがそう言うならちかたないね」



伊織あずさ亜美「「「それじゃあレッスンいってきまーす」」」



ドヤドヤガヤガヤドタドタペロペロ



律子「みんな…立派になって…」ホロリ





【物陰】

高木「リッパカナー?」

日刊スポーツ記者「ウィーッスニッカンスポーツダーッス」

小鳥「あっ律子さん!記者の方お見えになりましたよ!」








25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:21:22.82 ID:bK1LWgW/0




こうして日刊スポーツと765プロの始めての共同作業となる竜宮小町ムック本プロジェクトは佳境を迎えた

その日日刊スポーツ記者が持ち込んだ見本誌は765プロ高木社長をひどく上機嫌にさせ、

竜宮小町秋月Pも概ね満足させる出来であった

その日の内に印刷所へGOサインが出され、10万部の印刷が開始された

その一週間後の9月3日、ついに「Vやねん!竜宮小町!激闘IA優勝目前号」が発売されたのである








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:23:20.44 ID:bK1LWgW/0




『Vやねん!竜宮小町!激闘IA優勝目前号』



●ダンス速い!殺人バファローダンスに高木社長仰天

●竜宮水瀬伊織豪弾15発!秋月Pフェス撃ち指令

●ド迫力の765プロ事務員音無小鳥、事務処理任せろ

●ビジュアル任せろ!三浦あずさ、竜宮の魔よけや!!

●高木社長も合格点!双海亜美、とかちボーカルイケるやん

●秋月P安心「リーダー」水瀬伊織“一発合格"

●死角なし!竜宮・水瀬伊織、オーディションでも25発

●絶好調!竜宮・水瀬伊織が余裕14発!

●765社用車が激走!ド迫力ランで一気車庫入れ

●765プロ・秋月律子、たるき亭の鯖味噌定食に太鼓判!

●ドドドドドッ・双海亜美、走る凶器や

●高木社長唸った!“猛乳"三浦あずさが如月殺した

●秋月P不敵!ジュピター歓迎、竜宮小町の弱点探して

●竜宮・水瀬伊織目覚めた!?イベントで4打数4安打1発6打点








28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:26:41.38 ID:bK1LWgW/0




あずさ「あら~これが例のムック本ですね~」



亜美「ちょっとこれは中々どうして良い出来なんじゃないかね~チミィ」



伊織「ふ、ふん!まあそこそこ良いんじゃないの?」



律子「みんなならそう言ってくれると思っていたわ!

これからもIA優勝、いえIAとIUのダブル制覇目指して頑張りましょう!」



亜美「うあうあ→なんか目標が知らぬまに大きくなってるよ→」



伊織「当然じゃない!この伊織ちゃんがいるんだからハードルはそのくらい高くなくちゃね!にひひっ♪」



あずさ「あらあら~頼もしいわね~えいっ」ドタプーン



律子「みんな行くわよ!せーのっ!!」



伊織あずさ亜美律子「「「「目指せ!トップアイドル!!」」」」








30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:30:50.40 ID:bK1LWgW/0




この翌日、とある大型フェスにてジュピターの天ヶ瀬冬馬ひとりに惨敗した竜宮小町は事実上のIA出場の道を絶たれた

そのまま魔王エンジェル、天海春香と愉快な仲間たち、横浜DeNA等のアイドルユニット相手にもずるずると負けがこみ、

最大で13万人の威容を誇ったファン人数をすり減らし続けた








31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:33:19.81 ID:bK1LWgW/0




そしてIA出場へ僅かな望みをかけ765プロの新進気鋭の後輩ユニット“プロジェクト・フェアリー”との3連戦に臨むも3戦全敗 

ついにIA本戦出場の可能性が潰えたのであった

 プロジェクト・フェアリーは竜宮小町との3連戦で勢いづいたのか連戦連勝

トリオ編成のジュピターをも破った強豪、魔王エンジェルとの一騎打ちにも見事勝利その年のIA優勝に輝いた

 765プロと日刊スポーツは急遽再タッグを組み「Pフェアリー奇跡の逆転V」を発売しベストセラーとなり、

秋月律子と水瀬伊織は病院で静かに息を引き取った





                          完








35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:38:01.98 ID:bK1LWgW/0




くぅ~疲れましたw これにて完結です!

実は、アイマススレで代行を頼んだのがのが始まりでした

本当は話のネタなかったのですが←

ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw

以下、竜宮小町一同のみんなへのメッセジをどぞ



亜美「みんな、見てくれてありがとう

ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」



伊織「いやーありがと!

私のかわいさは二十分に伝わったかな?」



あずさ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」



律子「見てくれありがとな!

正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」



日刊スポーツ「・・・ありがと」ファサ



では、



亜美、伊織、あずさ、律子、日刊スポーツ、俺「皆さんありがとうございました!」







亜美、伊織、あずさ、律子、ほむら「って、なんで俺くんが!?

改めまして、ありがとうございました!」



本当の本当に終わり








36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:39:19.47 ID:+fglYKgS0




乙です









37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:39:42.19 ID:uNQJDBns0




まぁ…その乙









38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 01:42:02.53 ID:2UbtVB510




スポーツ新聞がしゃべった!








鈴乃「ルシフェルが…バイトだと!?」
紬「御嬢様と呼びなさい」
タモリ「世にも奇妙なニートの物語」