戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52062764.html


五代「大丈夫!俺クウガだもん!」撫子「・・・?」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

五代「大丈夫!俺クウガだもん!」撫子「・・・?」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:36:43.35 ID:+Iy2/4Xl0

撫子「撫子だよっ!!」

五代「うわっ、ビックリした! もう、おどかさないでよ」

撫子「ごめんね!」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:37:14.55 ID:+Iy2/4Xl0

撫子「せっかく神様になったのに、誰も来なくて寂しかったんだっ!お兄さん、撫子の話相手になってよ!お兄さんは撫子の信者第1号だね!」

五代「おっ、その呼び方懐かしいなぁ・・・。まぁ俺は第4号なんだけどね」

撫子「・・・?お兄さんの前に3人もお客さんいたかなぁ・・・?」

五代「あ、いやいや。こっちの話だよ。気にしないで」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:37:51.76 ID:+Iy2/4Xl0

撫子「ところでお兄さん、このお金・・・」

五代「あぁ、それはキューバのお金なんだけど・・・、やっぱり日本のお金だけじゃないと駄目かな?」

撫子「ううん!その気持ちだけでも撫子は十分嬉しいよ!」ペーソ♪ペーソ♪

五代「そろそろまたポレポレで働かせてもらわないとな・・・」

撫子「お兄さんは外人さんなの!?」

五代「いやいや。世界中をね、旅してるんだ。・・・おっとそうだ。はい、俺こういうモンです」

撫子「あっ!これって名刺っていうんだよね!撫子知ってるよ!えーっと・・・、『2013の技を持つ男』?」

五代「冒険家の五代雄介です!よろしく!」グッ!



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:38:22.59 ID:+Iy2/4Xl0

五代「撫子ちゃんっていうんだ。いい名前だね」

撫子「そうかな!?ありがとう!でもお兄さんもすごいね!2013個も技を持ってるなんて!すごいな!撫子、感心しちゃうな!」

五代「少し前まで2000個だったんだけどね」

撫子「ねぇねぇ!例えばどんな技があるの!?撫子にも何か見せて!」

五代「そうだなぁ、じゃあコレなんてどう?」

撫子「お手玉?」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:38:53.35 ID:+Iy2/4Xl0

五代「そうそう、いくよ?ほっ、ほっ、ほっ、っと」

撫子「えー!すごいすごい!撫子感激!お兄さんかっこいいね!」

五代「へへっ。俺、クウガですから!」

撫子「クウガ?」

五代「うんうん、気にしないで。でもそっかぁ、今の若い子は未確認生命体の事知らないんだよね・・・。」

撫子「・・・・・・?」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:39:24.03 ID:+Iy2/4Xl0

五代「撫子ちゃんはさ、こんな所で何をやってんの?」

撫子「撫子はね、神様になったんだ!それでね?今、3月になるのをずーっと待ってるんだ!」

五代「へぇ、3月に何かあるの?」

撫子「言っていいのかな・・・!言っちゃおうかな・・・!」

五代「もったいぶるねー」

撫子「その頃になったら、なんと!」

五代「なんと!なんと!」

撫子「撫子、好きな人をぶっ殺せるの!」ニッコリ!

五代「・・・・・・そっか」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:39:55.40 ID:+Iy2/4Xl0

五代「好きな人を・・・殺す」

撫子「うん!撫子はね、暦お兄ちゃんが大好きなの・・・だから殺すんだ!ぶっ殺すんだ!!」

五代「あのさ、・・・どうして、好きなのに殺しちゃうの?告白、とかじゃなくて?」

撫子「撫子はね、暦お兄ちゃんが好きだったんだけど、暦お兄ちゃんには彼女がいたの。」

五代「・・・そっか、失恋しちゃったんだ」

五代「それは・・・ツラいよね」

撫子「うん。でも撫子はもう片想いでいいんだ!だから暦お兄ちゃんと、その彼女の何とかさんって人と、ロリ奴隷さんを殺すの!」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:40:30.17 ID:+Iy2/4Xl0

五代「それで・・・君は本当にいいの?」

撫子「うん!だって好きな人を殺して永遠の片想いになれるなら、それは両想いより素敵なことじゃない!?」

五代「うーん。俺にはちょっと難しいかな」

撫子「そうかなぁ?じゃあさ、今度は五代さんのお話聞かせて!

五代「俺の?」

撫子「うん!五代さん冒険家なんだよね!?撫子、面白いお話が聞きたいなったら聞きたいなー!」

五代「そうだなぁ・・・」

五代「実は・・・昔さ、俺、君によく似た奴に会った事があるんだ」

撫子「えー!?撫子の他にも神様になった女の子がいたのー!?」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:41:00.93 ID:+Iy2/4Xl0

五代「いや、女の子でもないし、神様でもないよ」

五代「でも撫子ちゃんみたいに真っ白で、・・・よく笑ってたな」

撫子「へー・・・。どうして?どうしてその子は笑ってたの?」

五代「・・・彼は暴力が好きだったんじゃないかな」

撫子「暴力が・・・好き?」

五代「撫子ちゃんはさ、暦お兄ちゃんが好きなんだよね?だから殺そうとする」

撫子「うん!そうだよ!」

五代「彼はその『殺す』行為そのものが好きで、それが誰だろうと関係ないんだ」

五代「撫子ちゃんみたいに何かをしたいから殺すんじゃなくて」

五代「殺したいから殺す。暴力が楽しくてしょうがない。だから笑う。そこに善悪の感情は無いんだ」

撫子「へぇ・・・。中々クレイジーな奴だね!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:41:38.01 ID:+Iy2/4Xl0

五代「僕は彼と喧嘩した事があるんだ。1回目は負けちゃったんだけど・・・」

撫子「負けちゃったの!?」

五代「うん。その時に彼が言ったんだ」


『どうしたの?』

『もっと強くなって』

『もっと僕を笑顔にしてよ』


五代「って」

撫子「・・・・・・ブルッ(何だろ、今の言葉すごくゾっとした・・・。私神様になったゅっちゅメール……略して『DCメール』?」
本当じゃ。大方お主の両親はお主を気遣ってあえてその話題に触れぬよう振舞っておったのじゃろう。愛されとるなぁ、お主」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:59:32.65 ID:+Iy2/4Xl0

暦「しかし、3万人か。その長はとんでもない化け物ってことだな」

忍「そうじゃ。奴の名前はしっかり覚えておるぞ。ン・ダグバ・ゼバと名乗っておった」

暦「お前は会ったことあるのか!?そいつに!」

忍「あのまま人類を滅ぼされては、さすがのワシも怪異として存在が保てなくなるからの」

暦「戦ったのか・・・?」

忍「あぁ。当然ワシが負けるなぞ有り得ん!、と思っておった。舐めプでもしようと思っておった。じゃがワシは奴に近づく事すらできなかった」

暦「忍が・・・!?どうして!?」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:00:36.69 ID:+Iy2/4Xl0

忍「・・・燃えるんじゃ。ワシの体が。勝手に。奴が手をかざすだけでな」

忍「もちろんただの炎ならどうってことはないが・・・、体の内側から燃えるんじゃよ」

忍「火を点けられた、というより体の一部が火そのものに変化するような感覚じゃった」

忍「死にはしなかったが、これが結構キツくての・・・。また、そいつがニヤニヤ笑うんじゃよ。あー!思い出しただけでキモい!その気持ち悪さと気色悪さでその場は撤退したんじゃ!」

暦「怪異でもないのに忍でも勝てない奴なのか・・・考えただけでも恐ろしいな」

暦「あれ?でもちょっと待てよ。そんだけ化け物スペックの奴を、あのクウガって奴はどうやって倒したんだ?」

忍「どうやっても何も、普通に殴り合いじゃ」

暦「えっ、忍でも近づけない奴にどうしてクウガは近づけたんだ?」

忍「難しい事ではないぞ?ただ単に今日会ったあの姿のクウガはダグバと同じ能力を持っておるという事じゃ」

忍「お互いの力が干渉し、相殺してしまうため、最後はただの肉弾戦になってしまったんじゃ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:01:09.46 ID:+Iy2/4Xl0

暦「同じ能力・・・。ってことはあのクウガも敵を内部から燃やせるのか・・・」

忍「そうじゃ。あの娘の札を燃やしたのもその力の応用じゃな」

暦「あのクウガって男。本当はかなり危険な存在じゃないのか?」

忍「本来はそうじゃ。究極の闇であるダグバと同等の存在になったあのクウガも、本来ならダグバと同じく究極の闇をもたらす狂戦士になるはすじゃが・・・」

忍「黒い筈の目が赤いままだったからの。あの男が優しさを失わずに変身したんじゃろうな。いやはや、全く大した男じゃ」

忍「だからこそ、あの娘を救えたんじゃろうな。」

暦「そうか・・・。あの人には感謝してもしきれないな。ところで忍」

忍「なんじゃ、主様よ」

暦「お前、超古代の話をなんでそこまで詳しく知ってるんだ。お前、500歳だって言ってたけど、もしかして本当はもっとサバ読んでんじゃないのか?」

忍「・・・さ、さぁ。ワシには何のことかさっぱり・・・」

end



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:01:43.15 ID:+Iy2/4Xl0

これでオマケも終了です。
ありがとうございました。



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:20:07.25 ID:7eULZs8n0

いきなりアルティメットになるのはどうかと思ったけど乙



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:26:06.40 ID:+Iy2/4Xl0

>>44
確かにwww
勝手な設定なんですが、五代はもう常時アルティメットでいれるくらい強くなっている、という解釈になってます
サイヤ人のver1みたいな

あと個人的に雪景色と白い撫子が、ダグバ戦の状況に似てるからってのもあります



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:21:15.31 ID:Wa2pwMdU0

俺も化物語詳しくなかったけど面白かった



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 19:14:05.84 ID:ngzzXZPC0

化物語よく知らないけどクウガSS読めてよかった乙



転載元
五代「大丈夫!俺クウガだもん!」撫子「・・・?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387013772/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 22:56
      • 三万人も殺されてたら、嫌でも後の時代には残る出来事だよなあ…
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 22:58
      • 常時アルティメットとか刺っぽいニュルニュルとかは読んだことないけど小説版クウガの設定使ったのかと思ったが
        そういうわけでもないのか?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 22:58
      • 学校の授業でも取り扱いそうだよな

        なんにしても五代かっこよかった
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:03
      • 阿良々木(の中の人)大歓喜じゃねーか
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:06
      • やはり五代雄介は最高のヒーローだな
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:06
      • 5 やっぱり五代雄介って最高にいい漢だよなあ。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:12
      • もっかいクウガ見直そう
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:14
      • 5 クウガの設定の凝りようは、スタッフの頭おかしいんじゃねぇのってレベルの精度だったな・・・・・・。
        今考えると、役者に独自の言語を話させるのも凄いことだよな。

        まぁ、とにかくクウガよかった乙
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:14
      • 五代かっこいい…
        しかしスレ伸びなさすぎて>>1かわいそう…
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:19
      • クウガの最終回以降を描いた小説が発売されてるからみんなも買っとけよ買っとけよ~
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:30
      • ※8
        アギトの裏設定なんかすごいぞ
        歴代でもあれだけ詰めこんだの無いんじゃないか?

        ※10
        あれは一条さんがホモホモしすぎるのがなぁ…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:31
      • クウガもっかい見るか
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:34
      • ちなみにクウガとダグバが自然発火で決着つかないのは霊石の超再生能力が発火を上回るからなはず
        だから最終的にベルトの霊石を破壊するまで殴りあう事になった
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:34
      • いいかお前ら!
        ここではリントの言葉で話せよ!
        決してグロンギ語で話すなよ!
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:44
      • 5 久々の俺得クウガSS

        クウガいいね。見直してこよ。
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:45
      • アルティメットってコピー能力も持ってる超スペックじゃなかったっけ
        ダグバの発火能力もそうだけどこのSSの棘棘ニュルニュルも撫子の技をコピーしたんじゃない?
        小説版読もうかな…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:46
      • 頭ごなしに説教しないのが五代の良い所だよなあ
        同じ目線に立ってどうしたら良いのかを話してくれる
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:49
      • 良かったぜ b
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:53
      • 5 アルティメットのトゲトゲは伸縮自在で封印エネルギーで相手を切断とかできる。ニュルニュルはそこから取ったんじゃないかな
        面白かった!
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:58
      • アルティメットが持っているのはコピー能力じゃなくて再現能力な
        相手の能力をクウガが最も使用しやすい形で現れるって奴、超全集のどっかに乗ってる筈
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月14日 23:58
      • みんなも重い荷物は枕にしちまえ!な?
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月15日 00:01
      • クウガ~~~~~!!!
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月15日 00:01
      • ※13
        あれはお互いが相手の能力を封印してたからじゃないのか?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務