戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52064201.html


由比ヶ浜「ゆきのんとヒッキーについていけない」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

由比ヶ浜「ゆきのんとヒッキーについていけない」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 15:59:04.93 ID:TjCK1S3A0

由比ヶ浜(クッキーの件で助けてもらった私は、奉仕部に入部することにした)

由比ヶ浜(けど今まで帰宅部で好き放題していた分のつけかな)

由比ヶ浜(優美子を筆頭とした女友達への説明や仲良くしていた男子への報告)

由比ヶ浜(埋め合わせとかなんとかで引っ張り回され、時には突然男子から告白されたりしている内に、

入部を決意してから実行するまで、実に一ヶ月が経過していたーーーー)



八幡「オイ雪ノ下」

雪ノ下「まだ読み終わってないわ」

八幡「ふざけんな三日の延滞だ。レンタルで換算してみろ」

雪ノ下「ざっと五百円ぐらいかしら。ほら」

八幡「ハイハイ……って違う!支払うのはテメェだ」

雪ノ下「でもこれ面白いわね、前に私が貸したのより読みやすいわ」

八幡「あーあれはなー」

雪ノ下「ヒロイン?」

八幡「ああ」

雪ノ下「……」

八幡「いやお前は違うだろ。俺が言うんだから間違いない」

雪ノ下「……ふふっ」

八幡「ハイハイ馬鹿ですいませんね」



由比ヶ浜(一ヶ月放置した結果がこれだよ!)



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:11:35.30 ID:TjCK1S3A0

八幡「まあ雪ノ下が割とラノベに寛容で良かったわ。絵だけで無理っていうヤツもたくさんいるしな」

雪ノ下「イラストなんてどうでもいいわ」

八幡「……期間限定パンさんパッケージアイス」

雪ノ下「ホッチキスで口を閉じて差し上げるわよ?」

八幡「早速影響されてんじゃねーよ」

雪ノ下「何を隠そう、私は流され体質の達人よ」

八幡「あーそれも貸したなー」

雪ノ下「通信空手を始めようかと思ったわ」

八幡「俺は」

雪ノ下「挫折?」

八幡「はい」

雪ノ下「私はもう合気道を習得済みだもの。ふふん」

八幡「ドヤ顔やめろ」

雪ノ下「ふふん」

八幡「ドヤ顔やめろ!可愛いじゃねえか!」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:16:25.04 ID:TjCK1S3A0

由比ヶ浜(さて困った。部室の空気と一体化してしまってるなう)

雪ノ下「男の子って大きいほうがいいの?」

由比ヶ浜(いきなり際どい質問ぶつけてきた!?)

八幡「正直俺はどっちでもいいかな」

由比ヶ浜(あ、そうなんだ。……なんか複雑)

雪ノ下「小さいののどこがいいのかしら。大きいほうがいいでしょう」

由比ヶ浜(えっなにこのキレキレな自虐ネタは)



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:21:21.95 ID:TjCK1S3A0

八幡「まあコア部分の小さい槍もカッコいいけど、やっぱ大槍のほうがなあ」

雪ノ下「プラスになってより洗練されたデザインになったけれど、私は旧型の方が好きよ」

由比ヶ浜(知ってた。こういう時は勘違いした私の独り相撲だって、知ってた)

八幡「握手」

雪ノ下「触らないでくれるかしら」

八幡「そんな口を聞いていいのか?先貸していただいたこいつがどうなってもいいんだな?」

雪ノ下「なっ、それは海外から取り寄せた、パンさんの映画の英語版台本(声優サイン入り)……!なんて卑劣な男!」

由比ヶ浜(おおっと謎の寸劇が始まってしまったァーッ)



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:29:41.72 ID:TjCK1S3A0

八幡「いい台本だな。すばらしい価値だ。だが無意味だ」

雪ノ下「無意味なんかじゃないわ。パンさんに命をかけた人々の全てが、そこには詰まっているのよ」

八幡「しかしこれは所詮ただの紙切れだ」

雪ノ下「文字は人を動かすわ。映像は人を泣かせることだってできる。あなただって人の子なら、本や映画を見て泣いたことがあるのではなくて?」

八幡「うるせェッ。ごたごた抜かすなッ」

雪ノ下「無意味なのはあなたのこんな行動よ……それをこっちに渡しなさい」


由比ヶ浜(設定とか状況とかはまったく分からないけど、この二人……演技うまい!)



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:35:09.72 ID:TjCK1S3A0

雪ノ下「ずぎゅーん……ぐふっ」

由比ヶ浜(えっ)

八幡「な、雪ノ下!?おいしっかりしろ、なんで!?」

由比ヶ浜(いや違う違う違う!君が抱きかかえてるの等身大パンさん人形だから!)

雪ノ下「エイト……何をしているのかしら」

八幡「ボス!?何故ここに」

由比ヶ浜(一人二役なの!?自分で自分を撃って平然としちゃってるよ!)

雪ノ下「かちっ……しゅぼー。フッ、金づるの一匹に情が移るなんて、あなたも府抜けたものね」

由比ヶ浜(擬音ヘタだなぁ……ていうか演技はうまいけど全然演じ分けられてない!多分素でやってるだけだコレ)



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:38:19.95 ID:TjCK1S3A0

雪ノ下「戻るわよエイト。まだ仕事が……」

八幡「ボス……」

雪ノ下「何かしら」

ドギュゥゥン!!

由比ヶ浜(!?何今の銃声!?ひょっとして口で出したの!?擬音うますぎるでしょ彼!)

雪ノ下「……ごふっ、なん、で」

八幡「すいません……俺やっぱ向いてなかったみたいです」

雪ノ下「かくっ」

由比ヶ浜(口に出さなくていいよそれは)



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:43:37.08 ID:TjCK1S3A0

彼は上司が動かなくなったのを見届けると、冷たくなってしまった少女の躰(等身大パンさん人形)を抱きかかえた。

どこで間違ってしまったのだろうか。

その問いに答えるものは誰も居ない。

代わりに雨が降ってきた、季節外れのスコール。懐に入れたコルト・バイソンまで濡らしていく。

傘はささなかった。今は雨を浴びていたかった。

自分と少女の躰から汚れを洗い流してくれるような気がした。

青ざめた少女の額にキスを降らす。

そして彼は少女を抱き上げたまま、路地裏の闇へと吸い込まれていった。



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:45:40.19 ID:TjCK1S3A0

雪ノ下「ーー文化祭は」

八幡「ーーこれで完璧だな!」


由比ヶ浜(無理だよ!!)



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/19(木) 16:51:54.97 ID:TjCK1S3A0

八幡「つーか重い。パンさん重い」

雪ノ下「……」

八幡「や、あの時のお前はそんなに重く感じなかったんだって。ホントダヨ?」

雪ノ下「ならいいのだけれど」

八幡「やれやれ。紅茶いるか?」

雪ノ下「いただくわ」

八幡「カップを温めておく。注ぐのは沸かしたてのお湯……よし忘れねえ」

雪ノ下「習得に何日かかったのかしらねえ」

八幡「うるせーな後でハイチュウやらねえぞ」

雪ノ下「それは困るわ。それで」

八幡「グリーンアップルだろ?」

雪ノ下「グレープは譲るわ」

八幡「なぜ上から目線……」

由比ヶ浜(ちなみに私はイチ2logelephant-22/ref=nosim/" target="_blank">やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)
  • ラブライブ! μ’s シングル(超豪華盤)(Blu-ray Disc付)
  • いんだよぉ)

    クラスメイト「でも手を繋いで帰ってるの描くとか小町ちゃんかわいいー!」

    クラスメイト「あたしならキスシーン描くと思う」

    小町(さすがに教室でR-18は描けないでしょ)

    クラスメイト「小町ちゃんここベタ塗りにムラがあると思う」

    小町「アッハイ」



    232:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:15:12.11 ID:ydQmfyXh0

    誰も傷つかないやり方というものは誰しもが求めるものだ。

    それを探すうちに人は3つに大別される。

    陽乃「見つからなくて諦めて、誰かを犠牲にして妥協する人」

    陽乃「見つからなくて諦められなくて、自分を犠牲にして妥協する人」

    陽乃「そしてすぐに見つけることのできる人」

    今回事態の処理に動いた雪ノ下陽乃はどうであるか。

    これから様々な事態を処理していくことになる比企谷八幡はどうであるか。



    233:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:16:35.32 ID:ydQmfyXh0

    由比ヶ浜結衣と比企谷小町は、ガチガチの八雪厨になることで精神的にことなきを得た。

    ぼっちチャンネルを使った2人の会話は変わらず暗号化されている。

    しかし由比ヶ浜はすでに2人の表情だけでssが書ける程度のノマカプ厨に育っていた。

    具体的に言うと一日一スレのペースでssを書けるレベルになっていた。

    彼女が携帯を弄っていたら大体九割はss速報に書き込んでいた。かなりの確率で誤爆していたが。

    しかし彼女たちは知らなかったのだ。

    ぼっちチャンネルの使い手は一人ではないことを。



    234:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:21:48.91 ID:ydQmfyXh0

    川崎「……おはよ」

    八幡「おう」

    川崎「あっ」

    八幡「数学か」

    川崎「……マッ缶一本」

    八幡「委細承知」


    予備校生(あいつら何言ってんだ……?)



    236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:25:19.31 ID:ydQmfyXh0

    本当の勝負はここからだ。

    川崎「ん」

    八幡「ほれ消しゴム」

    川崎「サンキュ。コーヒー持ってくる」

    八幡「……何時の間にか俺の家に馴染んでんな」

    川崎「別にいいでしょ」


    小町「お兄ちゃんが……お兄ちゃんがライトノベルの主人公になっていく……」



    238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:27:27.23 ID:ydQmfyXh0

    雪ノ下「……誰かしら?」

    川崎「……あんたこそ誰、あいつの部屋で何してんの?」

    雪ノ下「勉強を見てあげようと思って、なのだけれど」

    川崎「ふうん……一応今は、あたしが一緒にしてやってんだけど」

    雪ノ下「へえ……それは、お疲れ様、といったところかしら……」

    川崎「…………」

    雪ノ下「…………キス」

    川崎「ホテル」

    雪ノ下「!!???!?」

    川崎「ハッ(勝ち誇った笑み)」


    (雨の日に傘がなくてホテルに避難して三時間休憩しただけです)



    239:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:32:32.34 ID:ydQmfyXh0

    由比ヶ浜「小町ちゃんと遊びにヒッキーの家に来たらヒッキーの部屋で修羅場が起こっていた。なにこの危機的状況」

    小町「やばいよ……やばいよ……」

    由比ヶ浜「あ、ヒッキー」

    八幡「あ?お前ら人の部屋の前で何してんだ」

    小町「や、今中がすごいあれな感じに」

    八幡「あれじゃ分かんねーよ主語入れて話してくれ」

    小町「……」

    由比ヶ浜「中がちょっとあれなの」

    八幡「ああなるほど……由比ヶ浜」

    由比ヶ浜「手伝いでしょ?合点承知!」



    小町「……結衣さんの裏切り者おおおおおおっ!!」

    終わり



    242:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 01:34:27.24 ID:5um+tLpq0




    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Clip to Evernote
      • 月間ランキング
      • はてぶ新着
      • アクセスランキング

      SSをツイートする

      SSをはてブする

      コメント一覧

        • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月23日 23:23
        • 会話のテンポが悪いのか少し読みにくいな
        • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月23日 23:25
        • こうなったのも乾巧の仕業なのかよ
          ふぅ…
        • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月23日 23:27
        • なんだこの寸劇
        • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月23日 23:27
        • 二十歳になった頃からかな? イライラする♪
        • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月23日 23:55
        • こんな話なら原作三巻ずつ買ってる

      はじめに

      コメント、はてブなどなど
      ありがとうございます(`・ω・´)

      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      記事検索
      スポンサードリンク
      最新記事
      新着コメント
      QRコード
      QRコード
      解析タグ
      ブログパーツ
      ツヴァイ料金
      スポンサードリンク

      • ライブドアブログ

      ページトップへ

      © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
      多重債務