戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52064077.html


「とある少女の聖誕捧呈 (クリスマス・プレゼント)」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

「とある少女の聖誕捧呈 (クリスマス・プレゼント)」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:15:46.09 ID:HqZl913B0

禁書SSです
黒子の一人称は通常『わたくし』ですが、ひらがな表記だと読み難いので
漢字表記で『私(わたくし)』としています。ご了承ください



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:16:44.74 ID:HqZl913Bo

「はぁ…… 不幸…… ですの」

風紀委員である事を示す腕章を腕に誂え、少女は街行く人を横目にそう小さく零した

今日はとある聖人の誕生日、時刻は夕刻、ともすると、一年で最も活気付き
そして最も浮わっ付いた時間帯、なのかもしれない
そんな時刻に少女は一人街を歩く、否、歩かねばならないわけが在った

「仕事とはいえ…… この日この時に警邏なんて…… 最悪ですの……」

そう、街行く人間が増えれば自ずと事件・事故の発生率も増え、警備委員・風紀委員の仕事は増加する
そして少女は風紀委員、しかもその中でも指折りの実力者、となれば当然今日もお仕事である

それは勿論少女とて理解しているが、そこはやはり遊びたい盛りのお年頃
幸せ一杯のバカップルを横目に全くの平静を保てる程、枯れてもなければ大人でもない

どうしたって愚痴の一つも言いたくなるだろう



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:17:19.74 ID:HqZl913Bo

ただ、少女がフラストレーションを感じる理由はそれだけではない
少女の敬愛するお姉様は、とあるツンツン頭の類人猿と遭遇すべく、朝から街を出歩いている
つまり、まかり間違えば、愛しのお姉様と憎き類人猿は今頃デートと洒落込んでいる可能性すら在るということだ

それは少女にとって最悪の事態で在り、絶対に阻止せねば為らない事態にも関わらず
自身は職務の為、何の対策も取る事が出来ない
そんな事情もまた、少女のフラストレーション増大に拍車を掛ける一因と成っていた



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/22(日) 19:18:09.10 ID:HqZl913B0

と、そこに

『白井さーん』

少女の耳におっとりとした声が届く

「なんですの?」

若干ズレかけていたインカムを調整しつつ少女は答えた

『お疲れのところを悪いんですがー、二丁目の青葉交差点付近で人だかりが起きたみたいなんです』

『念の為行ってもらえますか?』

「はぁ……」

どうせどこぞバカ共が、喧嘩でもおっ始めたに決まってますの
クリスマスに喧嘩の仲裁…… 不幸…… ですの……

と、共に頑張る同僚に愚痴れるハズもなく

『あの~…… 白井さん……?』

「あー!! もう! 了解ですの! 今すぐ急行致しますわ!!!」

そんな気合いと少しの怒気を込めた雄叫びと共に、少女の姿は音も無く掻き消えた



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/22(日) 19:18:38.27 ID:HqZl913B0

「ジャッジメントですの!!」

突如虚空から顕れた少女は、身分の証明と威嚇の為、開口一番そう声を張り上げた

本来なら突如顕れた風紀委員にスキルアウト共は動揺の声を洩らすものだが
何故か今回は何のレスポンスも無いどころか、人垣すらそこには無かった

「あら……?」

その事に少女も気付き、また、突如現れた風紀委員に訝しむ通行人は何人はいるが、人だかり等は無い

いや、通行人以外がいないワケでは無かった
20メートル程先の道端には人間が倒れており、その側に一組の男女が居た

少女はその三人が当事者だろうと当たりを付け、一旦側までテレポート、そして男性に声を掛けようとした瞬間

「げぇっ! 類人猿!」

そんな少女の風貌に似つかわしくない言葉を吐く



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:19:13.15 ID:HqZl913Bo

一方、突然現れた少女にそんな台詞を吐かれた少年は

「……上条さんと会うだけでそんなにピンチですかそうですか」

そう、何だかお疲れ気味に、少女へ言葉を返す
そんな少年の反応とは対照的に

「うーん、単なるお約束みたいな物ですの、深く考えないで頂けますかしら?」

頬に手を当て、先程とは打って変わって軽やかな声で応える
そして、その表情には薄らと笑みが浮かんでいた

不倶戴天の敵

常日頃、少女は少年にはそんな意識を抱いているが、果たしてそんな想いだけなのか
その声、その笑みから察するに、きっとそれだけではないのかもしれない

ただ、少女自身は自分が軽やかな声を上げた事にも、笑みを浮かべている事にも気付いていない
それだけは確かだろう



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:19:53.48 ID:HqZl913Bo

「で?」

「……で? っと言われてもなぁ」

「だから一体何が起こったか聴いてるんですの。ついに脳までお猿さんに退化してしまわれたんですの?」

「……何故このお嬢様は上条さんにここまで辛く当たるのでせうか」

「そんな黄昏てないでさっさと事情説明をして下さいまし」

「ハイハイ……」

「ハイは一回だけで結構ですの」

「……ハイ」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:20:40.11 ID:HqZl913Bo

「つまり、そのお嬢さんの鞄がそこでグースカ寝ている男性に引ったくりに遇い、それを偶々通り掛かった類人え…… 」

「……上条さんが取り返し、ついでに無力化もさせた…… という事ですのね?」

「正確には、そこの横路から出て来た上条さんと、逃走して来たそいつが衝突して、そいつだけ気絶した、なんですけどね 」

「……不幸だ」

少年が小さな声でそう補足する

「どっちでも同じ事ですの」

「それで……」

そう言って少女は被害にあった女性に向き直り

「先の状況説明に何か間違いや訂正は?」

確認を取った

「……いえ、間違いありません」

『こちらでも監視カメラの録画映像を確認したところ、お二人の証言に間違いは無さそうですよ』

情報集積に当たっていた同僚からも声が届き

「なるほど…… 確定……ですわね、これは……」

少女はそう一人ごちた



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 19:21:16.25 ID:HqZl913Bo

「では調書を作成する為、最寄りの警備員支部までご同行頂きたいのですが」

「構いませんが…… 時間の方は……?」

「ご心配には及びませんわ、簡単な書類に記入して頂ければ終わりですの」

「そういう事なら」

そう言って女性は頷いた

「では…… 余り時間を掛けるワケにはいかないご様子ですので、テレポートでも宜しいですの?」

「はい」

「では……」

そう言って少女は女性の手と伸びている男性の足を掴みテレポートの準備に入る

と、そこに慌てた声で少年が割って入る

「ちょっ! 俺はっ?!」

「貴方が居るとテレポーテーションが出来ませんの。ですから、お帰り頂いて……」

構いません、そう言い掛けた瞬間、少女はとある目下最大の懸案事項を思い出し

「……」

「……? どした? 白井?」

「って全然構わなくありませんのっ?!」

突如として声を上げた



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日げ
人生初のクリスマスを、幸せの絶頂のままに終えるのだった


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 20:50:21.48 ID:HqZl913Bo

──なお


「なーなー兄貴ー、上条当麻がこわれ──」

「言うな、舞夏。カミやんだって、好きで独りクリスマスライフを送ってるわけじゃないんだぜい」

「……それもそうだなー」

「ああ、可哀想だが……」

「強く生きろよ…… カミやん……」
「強く生きるんだぞー、上条当麻ー」


隣室の住人からは可哀想な人扱いをされたもよう


おわり



128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 20:50:51.31 ID:HqZl913Bo

以上。個人的には前者の方が好きです。くさいのも好きです。でも黒子の方がもっと好きです。

じゃあの。



130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 22:06:43.30 ID:OcwhPEN60

乙!!すばらしい!



131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 23:53:53.66 ID:NQDThJDTo

よかった乙



転載元
とある少女の聖誕捧呈 (クリスマス・プレゼント)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387707345/
が良いでしょうね、やはり」

「……って、おいおいおい、軽く言うけど御坂の漏電ってヤバイだろ」

「ええ、ですから、こちらも早々に片を付けねばなりませんわね」

と言いつつ、少女は持参した鞄からマフラーを取り出し

「私なりに、精一杯編んだ物ですの」

少年に差し出した

「……え?」

これは予想外だったのだろう
少年は、そんな間の抜けた声を漏らす事しか出来ず、固まってしまう


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 20:47:56.73 ID:HqZl913Bo

少年としては驚いて固まっているだけなのだが
少女からしたら、拒絶の意思にも思えてしまい

つい

「……出来たら、受け取って頂きたいですの」

そんな言葉を口にしてしまう
その声は、普段の少女のそれとは違い、不安と恥じらいが入り混じる、そんな声に

少年の手は無意識の内に動き出し

「すっ! すまんっ、ちょっと予想外だったもんで!」

そんな台詞を口走りつつ、マフラーを素早く受け取り、大事そうに胸に抱え

「ありがとな、すっげぇ嬉しい……!」

その言葉と共に、満面の笑みを浮かべた

少年のその笑みに、少女も人心地が付いたのだろう

「ええ、そう言って頂けると、プレゼントした甲斐が有るという物ですわ」

何時もの調子で言葉を返す



124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 20:48:26.82 ID:HqZl913Bo

「さて、そろそろ」

「おっと、そういや、御坂を追いかけないといけないんだっけ」

「ええ、ですが、その前にもう一つプレゼントをお渡ししようかと」

「……?」

「ですので、殿方、少し、屈んで下さいません?」

「……??」

「取り敢えず、屈めばいいのか?」

疑問符を貼り付けた顔のまま、少年は言われた通り、腰と膝を少し折り、姿勢を低くする



125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 20:49:04.11 ID:HqZl913Bo

当然、そうなると、真正面には少女の顔が有って、何時もとは違う距離と角度から見る少女の顔に
少年はドギマギしつつも、目が離せなくなり、しか
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. はじめちゃん
      • 2013年12月23日 13:21
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 13:45
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 13:49
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 13:53
      • 参!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 14:11
      • おい、コメントしろよ

        とりあえず良かった
        同時に悲しくなる
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 14:36
      • 最高じゃないの
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 15:58
      • ああ、上条さんと黒子の話は良いな
        どっちのエンドもそれらしくて良い
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 16:03
      • (´・ω・`)
        壁に穴が開いたわー
        この季節寒いんだからあやまって?
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 19:17
      • ・・・・この携帯のところのくだり、別のSSでも同じのを見たような・・・同作者?
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 19:19
      • 一人称を気にしてる余裕があったらもっと気にすべきとこあるだろww
        ディティールに拘りすぎて全体が疎かになったことがよく分かる例
      • 11. MCC
      • 2013年12月23日 20:47
      • 5
        GJ!クリスマス前にえ~もん見れた!
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 22:07
      • おい。俺の部屋っていつの間に吹きさらしになったんだよ、どうしてくれる
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 22:39
      • 5 良かったわ
        ちょっと黒子がデレすぎの気もするけど
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年12月23日 23:46
      • わたくしと私に注釈する余裕があるなら他にも注意しろよ
        黒子が上条呼ぶ時は「殿方」じゃなくてちゃんと「上条さん」って呼ぶわ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務