戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52064439.html


少女「あなた、サンタさん?」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

少女「あなた、サンタさん?」

1 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:03:51.70 ID:plqfGK6d0


 全く持って違う

「おじさんはサンタさんでしょ?」

 この俺のどこがサンタだというのか

「おじさんはサンタさんねっ!」

 もはや確信か。違うと言っている
 何処の世界に銃を突きつけるサンタがいるというのか

「今日はクリスマス・イブだもの」

 イブの来訪者が皆、サンタだとでも?

「赤色の服を着ているわ」

 お前ん家の警備員ぶっ殺した時に浴びた返り血だ

「袋も持っているもの」

 依頼達成の証に『首』を持って帰れと言われたからな

「なんだ違うのか。じゃあ、誰?どうしてここにいるの?」

 お前の父親を殺しに来た。だからここにいる

「なんだ、やっぱりおじさん、サンタさんじゃない」

 ……何だって?

「クネヒトループレヒトなんでしょ、おじさん。それともジェド・マロース?知ってるわ、お父様が悪い人だってこと、だから懲らしめに来た。そう、おじさんは『黒色のサンタさん』なのね?」

 クネヒト…?ジェド・マ…?





※このSSは! クリスマスと童話や昔話を交えて、少女とおっさんがだらだら話すSSです

 言うまでもなく実在の人物、出来事、あらゆる事象とは関係ありませんフィクションです

 苦手な人はそっ閉じでお願いいたします

 ちなみに理想郷で似たような話があったら多分私です




2 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:06:05.39 ID:plqfGK6d0

「お父様なら隣の部屋よ。『慌てんぼう』なのね、サンタのおじさん?」

 頭がおかしいのかお前。いや、待て

 そもそも俺はお前の父親を殺しに来た殺人鬼だぞ。怖くないのか?

「子供がサンタさんを怖がるはずないじゃない。むしろ待ちわびていたわ」

 殺人鬼だと言っておろうに……
 んん?待ちわびていた?
 自分の父親の死を?

「ええ」

 即答か

「そうね」

 不気味なヤツだ。子供らしくない

「よく言われるわ」

 『殺されるー』とか思ったりして人を呼んだりしないのか?

「おじさんにとって『良い子』なのは子供らしい子供?怯えて叫んだほうが良かった?」

 騒げばお前も殺す

「そうね、だから大声は出さないわ……ね?私って『良い子』でしょ?」

 子供らしくない子供の事は『糞ガキ』と呼ぶようにしている
 もういい、時間の無駄だ

「あ、待って、今行ったらダメよ、お父様の部屋には部下の人たちが大勢いるから」

 ……何?

「今行っても蜂の巣にされるだけよ?壁に耳を当ててみて、ホントかどうかわかるわ」

 ……どうやら本当のようだな



3 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:07:06.25 ID:plqfGK6d0

「ね?もう少し待って、そうしたら一人になる時間だから」

 調子の狂う餓鬼だ。だがそうさせてもらおう。ただし少しでもおかしな真似をしたら……

「しないわよ。ねえ、それより、退屈だわ」

 俺はヒヤヒヤしているよ、少なくとも退屈じゃない

「そうなの?自分の家と思ってくれていいのよ?」

 お前と違ってそこまで図太い神経は持ち合わせてはいない

「むー……ああ、それならお話をしてよ」

 いきなり何を言い出す?

「お話をして?私この部屋から出たことがほとんどないの。色んな国の色んな人の話が聴きたい。おじさんはサンタさんだから、色んな国の、色んな人に会ってきたのでしょう?」

 まあ、それは否定せんが、対面したヤツはほとんど殺したからな

「何でもいいわ。お話して?そうすればおじさんは落ち着けるし、私は退屈しない。ね?お互い得するわ」

 ダメだ。隣の様子を伺うのが先決だ

「……大丈夫よ。お父様が一人になる時は……私に声が掛かるから」

 それはどういう……ああ、そういうことか

「そうよ……『悪い子』で失望した?」

 いいや。今日も一切の躊躇い無く仕事が出来そうだ。『良い子』だよ、お前は

「そう、なら良かった。なら『お話』してくれる?」

 ……そうだな、まあいいだろう



4 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:09:26.68 ID:plqfGK6d0


・・・・・・・・・ ・  ・   ・




「……というわけだ。しかしなんだな?奴隷制が廃止されて随分になるのに、下層の労働者は奴隷と変わらない。食えない、止めれない。皮肉なもんだ」

 俺には関係ない。ともかく今回の標的はその財閥のボスだな?

「その通りだ。一代であの財閥を築きあげた経営手腕は見事なものだが、力を付けすぎた上に付け上がりすぎた。政治にまで手を伸ばしてくるとは呆れた上昇志向だ。貴族様方に目を付けられて当然だろうに」

 その貴族連中も、こいつから随分と金を借りてるそうじゃないか。大方本当の目的は『借金の踏み倒し』だろ?

「それもあるだろうね?だが考えてもみろ。コイツはあらゆる産業を独占している。対抗の企業が立ち上がろうとも根こそぎ叩き潰す。だから新しいものは生まれない。産業も停滞する。コイツが生きていても害は多いし、死んで得する人間は山といる。理由なんて数えだしたらキリがない」

 それこそ知らん。路頭に迷う者も山といるだろうがそれも知らん

「びっくりすることにな……コイツに雇われた労働者の中には働きながら死ぬ奴等もいるらしい、なんだったかな……そう『カローシ』という病気だったかな?」

 だから知らんと言っている

「まあ、お前も働きすぎて『カローシ』しないようにな?」

 だったら報酬と休みを増やせよ

「俺がしてやれるのは安酒奢るくらいかな?ま、健闘を祈るよ」



5 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:11:11.62 ID:plqfGK6d0



・・・・・・・・・ ・  ・   ・


「え?あの財閥の会長を殺したのおじさんだったの?」

 そうだ。まあ時間は掛かったが、危ない橋を渡ることもない、楽な仕事だった

「フフ、お父様が聞いたら顔を真っ赤にして怒りそう」

 ああ、やっぱりお前の父親とつながっていたのか

「そうよ。まあ私は大嫌いだった。いっつも私の事、いやらしい目で見てたもの」

 ぶっ殺しておいて正解だったようだな

「筋違いかも知れないけれど言っておくわ。ありがとう」

 自分の仕事に対して礼を言われたのは初めてだ

「それで?続きは?」

 お前が口を挟んだんだろうに

 ……俺はヤツの調査を開始したんだが、街の連中の様子がおかしいことにすぐに気付いた。どいつもこいつも……目が死んでいた
 何の目的も無く『労働すること』こそが『正義』だと妄信し、そうでないと自分を保てない。『楽をしているヤツは悪だ』と。だが自分は一向に楽にならず、疲れた体を引きずっていた 
 仲介役はあれを『奴隷』と言っていたが。なまじ思考する分、俺には奴隷以下に見えた

 だがそんな中、安酒場から陽気な音楽が聞こえてきたんだ



6 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/08(日) 23:13:10.19 ID:plqfGK6d0



・・・・・・・・・ ・  ・   ・



「お客さん、ご注文は?」

 店主のお勧めでいいよ。適当に頼む
 街の雰囲気とは違ってここは随分と賑やかだな?

「ええ。あの演奏家……って言っていいんですかね?やっこさんのお陰で随分なもんでさ」

 あれはこの街の者じゃないんだろう?

「ですね。この街にいる者には、あんな風にその日暮しな生活をする勇気は無いですよ」

 結構悪し様に言う馴染「ねえ、キスの練習しようよ」男「!?」
  • 生徒会長「生徒の意見に生徒会長をもっとエロくしろとありました」
  • 狐娘「ううう。油揚げおいひいです……」
  • 狐娘「は、はなせっ!尻尾はだめなのだぁっ~」ビクビク
  • 女借金取り「ま、また来るからな!!」
  • るが」



    163 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/25(水) 03:36:11.82 ID:aHxUVDzso


    「破格ね」

    「そうだろうか?」

    「そうよ」

    「そうか」



     本当に破格の条件だ。それでもまだ足りない。



    「そこでは誰かに会えるのかしら?」

    「元々逼塞の為の土地だからな、そんなに人通りはない、いや、ほとんど、か?だが、最近は増えてきた。それに管理しているそいつも顔は見せにくる」

    「優しい人なのね」

    「優しければ殺人鬼などしていないと思うが」



     隠す気があるのだろうか、ないのだろうか。いや、単に人に優しくすることに慣れていないのであろう。



    「……どうしてかしら?」

    「……俺が人を殺すのは、さっきのように、たまには『楽しい』事があるからだ」

    「……ええ、肯定するわ」



     この世に『死んで欲しい』と思われてしまう人間はいる、それは事実だ。



    「だからその逆も間違っていないと思った」

    「人に手を差し伸ばしたい時は、そうしてみるのも『楽しい』から?」



     そう、それもまた事実。



    「『楽しい』というか、なんだろうか、『満たされる』というか……何故笑う?」




    164 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/25(水) 03:42:03.42 ID:aHxUVDzso




    「やっぱり、あなた、サンタさん?」


    「……全く持って違う」


    「おじさんはサンタさんでしょ?」


    「……この俺のどこがサンタだというのか」


    「だって今日は『クリスマス』だもの」


    「サンタが来るのはイブの夜ではないか?」


    「赤色の服を着ているわ」


    「お前の父親ぶっ殺したときに浴びた返り血だ」


    「袋も持っているもの」


    「お前の父親の首が入っているな」


    「それでも、私にプレゼントくれるのでしょう?」


    「だが、それでも俺は、お前の父親を殺したんだぞ?」


    「でなければ私が殺されていたわね」


    「しかし……」


    「いいの……」


    「そうか」


    「そうよ」


    「……おい、何故近付く?」


    「良いじゃない、私はまだおじさんに『プレゼントをあげてないわ』」


    「…………」


    「ねえ、おじさん?」







    165 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/25(水) 03:43:23.18 ID:aHxUVDzso







    「私は貴方が大好きよ?」




    「糞ガキめ……」








    166 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/25(水) 03:44:25.28 ID:aHxUVDzso






                    少女「あなた、サンタさん?」   Fin



    167 : ◆nlCx7YJs2Q 2013/12/25(水) 03:46:27.94 ID:aHxUVDzso

     くぅ~疲れましたw

     今日はもう寝ます。クリスマスにぶっ続けでSSあげていたということは、つまりそういうこと。
     お休みなさい。


     そして皆様、メリークリスマス。

     良い御年をお迎えいただけますよう。



    168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 03:56:22.41 ID:m4cr+slC0

    メリークリスマス

    面白かった



    169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 04:50:06.63 ID:Wz4Q2OFc0

    メリークリスマス
    次回作を楽しみに待ってます



    170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 05:38:13.56 ID:+fDvSAKFo

    メリークリスマス
    楽しい時間をありがとう



    171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 05:55:37.38 ID:bg5k/AGC0

    メリークリスマス
    楽しかったよ



    172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 07:12:15.08 ID:mG4037N+o

    メリークリスマス
    良いプレゼントを貰った



    174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 08:14:28.06 ID:iSkWOvtQ0

    メリー・クリスマス
    ありがとう、満たされた



    175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 08:18:11.39 ID:tl8OrT1t0

    メリークリスマス
    なるほど確かにこれは幸せだ



    転載元
    少女「あなた、サンタさん?」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Clip to Evernote
      • 月間ランキング
      • はてぶ新着
      • アクセスランキング

      SSをツイートする

      SSをはてブする

      コメント一覧

        • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月25日 20:46
        • はい
        • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月25日 20:57
        • 完成度高いな
          タグが神話なせいでまたシュールなアレかと思ったけど
        • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月25日 22:34
        • いいサンタだった
        • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月25日 23:25
        • 5 いいわ、すごく良いです。
          くぅ~、引き込まれた!
        • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
        • 2013年12月26日 00:02
        • 嫌いじゃない、むしろ大好きだ
          なかなか、否、至極気に入った
          有意義な時間が過ごせた

      はじめに

      コメント、はてブなどなど
      ありがとうございます(`・ω・´)

      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      記事検索
      スポンサードリンク
      最新記事
      新着コメント
      QRコード
      QRコード
      解析タグ
      ブログパーツ
      ツヴァイ料金
      スポンサードリンク

      • ライブドアブログ

      ページトップへ

      © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
      多重債務