568 名前:本当にあった怖い名無し:2012/10/27(土) 06:37:43.63 ID:jtPoLEQJ0

夜明けにごそごそと蒲団に入り込んで来て、「ゴロゴロ」と
お愛想に喉鳴らす音で目が覚めた。
もう三年も前に彼岸に旅立って行かれたのに、命日でもないのに
急に戻ってこられたのは何故なんだよ?

思わず名前呼んでしまったじゃあないか。
家族に話すとまた馬鹿にされるけど、蒲団に顔埋めて
中年おじさんは涙ぐんでしまったよ。
こちらにおられる時も、いつもふいを突いて人を驚かすのが好きだったね。

またいつもの悪戯ですかー?
寂しいから顔見せに来いやーの要求ですかー?
まだ彼岸に渡る時期じゃないからお墓参りで勘弁してくだされ。
何ならそっちから来ていただいて構いませんよー

百器徒然袋 五徳猫 薔薇十字探偵の慨然 (カドカワデジタルコミックス)