12 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2014/01/10(金) 11:11:40.20 ID:5Yap0/5+
昔、興味本位で足を運んだことのあるSM系クラブにて

プロ含め同好の士が集まり、マンションの一室で和気藹々とするような空間だったんだが
その中で異常にテンションの高い中年男性が。大声で叫んだかと思えばママや他の女性に
幼児のように絡みだす。ただの酔っ払いというにしても自制が全く効いてない。

正直、傍目にもかなり鬱陶しいレベルだったんだが、女性陣の扱いが妙に優しい。
頭撫でて「はいはい、大人しくしてましょうね〜」みたいにいなしたり。
いわゆる常連のよしみなのかと思っていたところ、後日ママから詳しい話が。
その男性、かなりハードなスカ○ロ系の趣味があるらしく、その関係で以前から
この場に参加していたんだが、お相手してくれていた女性に送っていた
携帯のメールを高校生の娘に見つかったんだそうだ。

ただでさえ多感で父親と距離を持ちたがる娘が、よりにもよって
「○○ちゃんのウ○チ食べたいな〜」なんてメール(本当にこんな文面だったらしい)を
見つけた日には…当然あっという間に離婚成立。家財道具の大半も失い、現在は
ローンの残る一軒家に愛犬と暮らしているらしい。

「がらーんとしちゃったの、おうちがね、がらーんと。ひゃひゃひゃ…」

正真正銘の自業自得とはいえ、身を滅ぼした人間をはじめて生で目撃したことと
妻と娘の受けたショックを思うと、嗜好をこじらせることの業の深さと恐ろしさを
まざまざと思い知らされ、二度とそこには行かなくなりました。