698450

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 08:16:46.67 ID:b8QHYCA30

このナルシソ・アナスイは生前、殺人鬼のレッテルを貼られていた。
21歳の時に恋人と、その浮気野郎を『分解』したことがそのキッカケだ。

怒りは、まぁその内消えた。
しかし人間を分解したいという衝動は収まらなかった。
ウェザーがいなければ、G.D.st刑務所内でも多くの人間を分解していただろう。

もともと子供の頃から分解癖はあった。
オモチャからポルシェまで、あらゆる物を分解した。
だからオレが死ぬまでこの衝動は続いていくと思っていた。

確かに衝動は消えなかったが、しかしその形を変えた。
オレが25歳の時に出会った、空条徐倫。
彼女への『愛情』に。


彼女の力になりたかった、彼女を守りたかった。
戦いが終えた後は、彼女と結婚をしたかった。
幸せな日々を送りたかった。
しかしオレはプッチに殺された。
そしておそらく徐倫も奴に……


死後、何かの気まぐれで行われたゲームの大会がある。そこで得た二つの賞品。
『何でも一つ願いを叶えられる』と、『自分と任意の一人を「1日」生き返らせることができる』

最高の賞品だ。
当然、オレの意志は決まっている。



アナスイ「オレと徐倫を生き返らせてくれ」





※前作「ジョジョの奇妙なサバイバルドッジボール」

の後日談です。


拙い文章ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。





2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 08:25:33.16 ID:b8QHYCA30

第一話 『アナスイ、徐倫と再会する』


アナスイは何もない空間にいた。
機械的な声が頭の中に言葉が流れてくる。神、なのだろうか?

願いのやり取りは思考の中で行われていた。

「空条徐倫ダナ、了解シタ。ソシテ、ヒトツノ願イモ今決メテモラオウ」

アナスイ「(今だってッ!?随分急だな。…おい、生き返る『1日』という制限を外すことはできるのか?)」

「一人ダケナラバ可能ダ」

アナスイ「(一人だけか。徐倫だけとなると果たして彼女は喜ぶだろうか?)」

「一人ダケダ」

アナスイ「(しつこいぞッ!わかっている。それならオレの『願い』は……)」



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 08:34:23.14 ID:b8QHYCA30

<現在時刻 0:00>

アナスイ「ここは……どこだ?」

真夜中。ライトアップされた駅舎が少し眩しい。
辺りを見回すアナスイの横を、サラリーマンらしき人々が横切っていく。

徐倫「アナスイッ!」

徐倫の声が聞こえる。
声の方を見ると、すぐに彼女を見つけることができた。

アナスイ「(おおッ!徐倫久しぶりだッ!
この暗さにこの距離、しかし『わかる』。やはりカワイイ…)」

ダッ!
徐倫はアナスイに駆け寄り、そして抱き付いた。

徐倫「アナスイッ!本当に久しぶりね。…ありがとう。
あなたのおかげで1日生き返ることができるのね」

アナスイ「いや。礼には及ばない(なんてことだ徐倫、近くで見ると一層カワイイ…)」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 08:45:57.03 ID:b8QHYCA30

徐倫「折角だし、一緒に1日を過ごしましょうか」

アナスイ「あぁ。そうだな。
……ところで徐倫、ここがどこかわかるか?
ケープ・カナベラルでないってことはわかるんだが」

徐倫「アナスイは初めて?ここは日本の東京よ。
(あれ?そのはず…よね?あたしも一度は東京に来た気がするけど、いつだっけ?)」

アナスイ「!?東京なのかッ!てっきりケープ・カナベラルで生き返るのかと思っていたが」

徐倫「そういえばそうね。まぁそれはそれとして。
いくつか確認したいことがあるの、公衆電話を探しましょう」

二人は公衆電話を探す。

徐倫「あったわ。アナスイ、少し待ってて」
徐倫はどこかに電話をかけ始めた。

アナスイは考える。
しまった――。そもそも『金』がない。
それに、東京のことは全く知らない。
これで徐倫と楽しく1日を過ごせるのか?プロポーズをすることができるのか?
チャンスは今日だけだってのに…

あれこれ悩むが、金については『盗む』以外の選択肢が浮かばない。
しかしアナスイの心配は杞憂に終わる。

徐倫「良かった、スピードワゴン財団と連絡がとれたわ」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 08:57:52.83 ID:b8QHYCA30

<現在時刻 0:32>

徐倫「よし、これでお金には困らない」

徐倫はスピードワゴン財団の職員から、何かを受け取っている。

徐倫「これはアナスイの分。良かったら使って」

お金を受け取るアナスイ。
『1万円』と書かれた紙幣を20枚手にする。これだけあれば、
食事や多少の買い物をする分には事足りるだろうとのことだった。

アナスイ「これからどうしようか?オレは東京を知らない、徐倫はどこに行きたいんだ?」

徐倫「そうね。夜景を見に行きたいわ。職員に聞いたら首都高がオススメらしいから、
この後はタクシーをつかまえましょう。あと…ねぇアナスイ、一つ決まり事を作ってもいい?」

アナスイ「決まり事だって?」

徐倫の表情が、曇り始める。

徐倫「ええ。今日1日、お互い『スタンド』を一切使わないと決めたいの…」

≪to be continued≫



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 09:10:10.58 ID:b
そして一部の本だけは、『噛みしめた後に消化する』んだ」

不良「…ああ!?何言ってんだこのガキがッ!その本は火あぶりの刑に決定だな!」

(良かった…『来てくれた』)

ボゴァッ!
不良「い、痛ェッ!?」

不良の背面を、一人の男が蹴り上げた。
不良が向き直るや、何度も何度もその顔面に拳を叩きこむ。

バギ!ドガ!バキ!ドガ!ドガ!!
オインゴ「貴様ーーッ!!貴様が!謝罪するまで!ぶん殴るのを止めねェッ!」



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 17:32:06.82 ID:QjeqrsaM0

土下座する不良。
不良「誠に申し訳ございませんでした」

オインゴ「よし行けッ!」

不良「はいいいぃぃぃッ!本当にすみませんでしたァーッ!」

速い。不良はもう見えなくなった。

オインゴ「…無事だったか?ボインゴ」

ボインゴ「うん…。兄ちゃんありがとう。きっと来てくれると思った」

オインゴ「あぁ。本のページが床に何枚も散らばっててよ。
けっこう片づけられてたみたいだが、絵柄を見たら『トト神』だった。
そしてトト神が道しるべのように落ちてあるってことは…お前に何かあったんだと思ってな」

ボインゴ「うん、そのつもりでトト神をばらまいたんだ。
さすが兄ちゃん…(でも結局、スタンドは使っちゃったなぁ…)」

オインゴ「よく一人で勇敢に戦ったな、ボインゴ」

オインゴがボインゴの頭を優しく撫でる。

ボインゴ「…!うん…うん……」

ボインゴは泣いていた。
怖かったから泣いているのではない。嬉しくて、泣いているのだ。

ボインゴは思う。
以前、兄は『ディオ様に褒められた』話を嬉々として話してきた。何度も、何度も。
その時はうんざり聞いていたが、今ならその時の兄の気持ちがわかる。
本当に『嬉しかった』んだ。好きな人に褒められることは、こんなに『嬉しい』ものなんだ…



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 17:51:27.53 ID:QjeqrsaM0

オインゴ「なぁボインゴ。お前のオススメの本をさ、今度貸してくれないか?」

ボインゴ「え。どうしたの急に?本は苦手って言ってたのに」

オインゴ「さっきさ、『一部の本だけは、噛みしめた後に消化する』とか話していただろ?
お前が『消化』するくらい面白い本なら、読んでみてーなァって思ってよ」

ボインゴ「…はぁ、やっぱり兄ちゃんは馬鹿だなぁ」

オインゴ「なに!?なんでだ!?」

ボインゴ「僕が読む難しい本を、兄ちゃんがいきなり読めるわけないでしょ?」

オインゴ「そ、そんなに難しいのか!」

ボインゴ「だから…」


ボインゴにとって本を読むことは『自分だけ』の世界のものだった。
しかしその世界はこれから変わる。

得た知識、情報を、今度は兄に伝えよう。
『消化』して『伝えよう』…。


ボインゴ「だから…僕が、兄ちゃんにわかりやすく話すよ」

オインゴ「おおッ!そいつはいいなッ!頼むぜ、ボインゴ先生!ハハハ!」


ボインゴは、新しい『本の楽しみ方』を一つ学んだのだ。



≪ 終わり ≫



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 18:10:15.72 ID:rKbPM+eio

おつ、短かったけど伝わるものがあったぜ!



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 20:58:13.57 ID:DeAWwD380

お疲れ様でした!
次回作も楽しみにしています!





http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367018206/


!ひいいぃぃっ!?」

強烈な蹴りがボインゴに直撃した。
ボインゴは一目散にその場から走り去る。

不良「待てコラァッ!!」



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 16:57:57.07 ID:QjeqrsaM0

ボインゴ「(な、何なんだよあいつはッ!?クレイジーだ!くそ、『トト神』を…)」

ボインゴはトト神に手をかける…が、
ボインゴ「(いや…!やはり『トト神』は使わない。使っちゃダメだ)」

ボインゴは思った。
自分や兄はジョースター達に敗北した。
スタンド能力が劣っていたからか?
いや、それは『違う』。
『トト神』も『クヌム神』も、勝てる能力だった。
敗北したのは、認めたくはないが…『精神力』の差。

ドドドドドド…

ボインゴ「(相手はスタンド使いではない一般人。
トト神は『使わない』、そして…僕はもう逃げないッ!僕は一歩、成長する!)」

不良「観念したかオラァァッ!!」
【ジョジョ】吉良はそれまで他のスタンド使いと戦闘経験あったのか?
【ジョジョ】最近ダサいジョジョグッズばっか
【ジョジョ】ジョジョ三大高性能スタンド「GER」「MIH」あと一つ
【ジョジョ】ジョルノが一番追い込まれたのってどこになるの!?
【ジョジョ】ジョジョリオンの今後の展開にありがちなこと‥
【ジョジョ】4部の登場人物って就職できんのかなぁ?
【ジョジョ】ジョジョキャラ2人挙げてからこのスレ開け


※コメントの際、第三者を傷つける様な発言は絶対にやめてください、場合によってはアクセス禁止の処置を行います。

コメント一覧

    • 1. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月30日 13:55
    • 面白いSSだった!
      ラストの番外編もグッド!
      次回作にも期待している。
    • 2. ななし
    • 2014年01月30日 15:38
    • ディ・モールト・ベネ!!
    • 3. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月30日 15:43
    • アナスイよかったね
    • 4. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月30日 16:54
    • 乙です!個人的にアナスイ好きだから良かったです。
      次回作も楽しみにしてます!
    • 5. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月30日 20:03
    • 最後の約束破っちゃったの徐倫の顔想像するとめっちゃかわいい
    • 6. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月30日 20:49
    • なんていい話なんだ・・・
      ディモールト・ベネ!!
    • 7. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年01月31日 00:02
    • 5 寝る前にいい話が読めました。

      また書いてくださいねーッ!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Scriptが読み込まれなかった場合に表示される文字


 人気記事

     二次編集対象記事