戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52072340.html


P「野生の美希を手に入れた」/P「野生の美希と付き合った」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

P「野生の美希を手に入れた」/P「野生の美希と付き合った」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 03:55:51.81 ID:CiBlCMiSP

P「文明は衰退し、魔法が復活してから1000年」

P「アイドルなる不思議な生物が夢を与え奇跡を起こす、俺はそのプロデューサーに憧れた」

P「そこで20になったしデビューしようとしたものの……とんでもないものが釣れてしまった」

美希「そこの人!今すぐ離すの!それかおにぎりよこすの!」ガチャガチャ

P(人語を話せる天才型、それもホシイ族とか絶滅危惧種・・・密漁で逮捕は免れない、最悪殺せば死刑だ)

P(唯一無罪になる方法はこいつの口から自分からプロデュースされに行ったと言わせることだが…)

P(くそっ、こうなったら>>3して対話を図ろう)


美希の親愛度Lv0 0/25



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 03:56:31.26 ID:zL1Oo+iei

ディープなキス



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:00:53.93 ID:CiBlCMiSP

P「ヂュル、ヂュルル!」

美希「!?」

P「ぷはぁっ、まずは挨拶だ、お前の名前が聞きたい」

美希「こんな挨拶聞いたこと無いの、酷いの……初めてはハニーにあげたかったのに……」シクシク

P「恋人がいるのか?……それより名前を」

美希「まだいないの!それとそこの人にミキの名前は教えないの!」

P「うぐ……(ミキなんだな)」

美希の親愛度Lv0 -5/25
>>8



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:01:58.72 ID:zL1Oo+iei

すまない
一目惚れだったんだ
許してなんて言うつもりはない 俺のハニーになってくれミキ!



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:08:11.71 ID:CiBlCMiSP

P「すまない、一目惚れをしてしまって、ついキスしまってしまったんだ」

美希「は?」フキフキ

P「許してなんて言うつもりはない、俺のハニーになってくれミキ!」

美希「……今までミキに恋して来た人は数え切れないくらいいるけどこんなランボーな人は初めてなの」

美希「呆れちゃったの、好きにするの……でもそこの人はプロデューサーなんだよね?」

P「ああ、もちろん免許もある」スッ

美希「ミキはおにぎりが好きで生のお魚が苦手なの、ハニーになって欲しかったら少しは努力するの、そこの人」

P(呆れ気味というか若干引いてる……)

親愛度Lv0 -3/25
>>11



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:09:43.39 ID:OVamqfz30

まぐろおにぎりをあげて弱点克服



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:17:04.42 ID:CiBlCMiSP

P「美希、アイドルたるもの苦手なものがあっちゃダメじゃないか」

美希「そこの人が苦手になりそうなの」

P「いやあ、そのだな。おにぎりがここにあるんだけど……」

美希「ホント!?いただきますなの!」モグモグ

美希「う、これは――マグロなの……でもあんまり生臭くないの」モグモグ

P「一応火は通してある、これくらいなら食えるだろ?……そのうち生でも食えるようにしてやるさ」

美希「その必要はないの、でも意外と美味しかったの、もう一個頂戴!」ペロリ

P「てめえ、俺の好物のまぐろおにぎりをなんだと思ってる!」

美希「はにぃーおにぎりがほしいのー」

P「ぐぬぬ」

美希の親愛度Lv0 1/25
>>16



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:21:08.13 ID:zL1Oo+iei

バネPばりのイケメン大人でーと(ミキに合わせた対応)で親密度あっぷなの



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:21:50.70 ID:zL1Oo+iei





17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:29:14.20 ID:CiBlCMiSP

P「……仕方ないな、もう一個だけだぞ」ヒョイッ

美希「やったやったやったぁっ!」

P「(どんだけおにぎり好きなんだ)これでもう米も無いか、美希、俺はちょっと町の方に買い物に行ってくるけど――」

美希「おにぎりくれるなら着いて行ってもいいよ?」

P「え?」

P(うーん、美希を他のアイドルみたいに鎖で繋いだら即逮捕だし、繋がなければ逃げ出す心配がある……よし)

P「その材料を買い出しに行くんだ、手伝ってくれたらおにぎりたらふく用意してやるよ」

美希「その話、本当?」

P「ああ本当だとも、その鎖も放してやる」ガチャン

P「さあ、行くぞ」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:36:23.48 ID:CiBlCMiSP

繁華街

美希「ねえねえおじさん、このおっきいお米の袋欲しいな、金貨1枚で!」

米屋「これか?銀貨もう2枚持ってきてくれ!じゃないと売れな」

美希「ねーえ、だーめ?」ムチッ

米屋「ゴクリ……姉ちゃんの顔に免じて負けてやるよ」

美希「……ブイ」

P「すごい……あの頑固な親父が一瞬で」

美希「ミキをそこらのアイドルと一緒にしてもらっちゃ困るの、ソンケーしたらおにぎり奢るの」フフン

P「ようし、浮いたお金でおにぎりでもなんでも奢ってやるぞ」

美希「ホント?逃げ出さなくて良かったの!」

P「おいおい・・・こっちのスイーツ店で食べて行こうか、おにぎり以上のものがあるかもしれないぞ」

美希「はいなの!」

美希の親愛度Lv0 11/25



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:41:53.14 ID:CiBlCMiSP

美希「このイチゴババロアっての、すっごく美味しいの!」キラキラ

P(目が星になってる、ホシイ族の星井美希か・・・)

P「美希、俺のもあげるよ」

美希「え?ほとんど食べてないよ?」

P「今日は手伝ってもらったからご褒美だよ」

美希「ふーん・・・ま、今日出会ったばっかりなんだから、あまり馴れ馴れしくしないでね」キラキラ

P(言動と行動が一致してない、すげえ嬉しがってる)

美希「ごちそうさまなの、そこの人、買い物に戻るの!」

P「おう、おにぎりの具を買わないとな」



美希の親愛度 Lv0 16/25



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 04:46:19.07 ID:CiBlCMiSP

美希「ぱぱっとすませてただいまなの!」

P(寄り道したのに使った金の枚数が少ない・・・まあ米の消費も早いんだろうが大きめの袋が買えたからよしとしよう)

P「ありがとうな、お前の才能は素晴らしいものがある、買い物を瞬間的にマスターするなんて」

美希「やりたいなーってものはなんでも覚えち 20/50
響  Lv1 0/50
貴音 Lv1 0/50

P(こいつらと仲良くするには何をするべきか……)

>>49



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:49:54.55 ID:Nko2IlYb0

みんなでお昼寝



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:58:17.21 ID:CiBlCMiSP

P「なんだか眠くなってきたな、みんなで親睦ついでにお昼寝しようか……ふぁ~」

美希「それサンセーなの、ミキも眠くなってきちゃったの・・・あふぅ」

響「正気?新しいアイドルの前で寝るなんて自殺行為だぞ?」

貴音「まだ鎖すらつけてないというのに」

P「鎖?もうつけねえよ、罪悪感すげえもん……お前たちも隣で寝てくれ、殺したきゃあ好きにしろ……zzz」

美希「プロデューサーさん、変な人なの……zzz」

響「・・・」

貴音「なんと……」

響「やっぱり一緒に寝よっか」

貴音「そうですね……」

美希Lv1 35/50
響 Lv1 15/50
貴音Lv1 15/50



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:05:18.95 ID:CiBlCMiSP

美希「プロデューサーさん、おはようなの・・・」ゴシゴシ

P「寝るの長いな、お疲れ気味か?」

美希「ミキは元からこんなもんなの、それにランボーな人に網で捕獲されたし……」

P「すまない、まさかレア物が釣れるなんで思ってなかったんだ」

美希「一応言っておくとプロデューサーさんって認めただけで信頼はしてないの、許すつもりもないの」

P「許してもらうつもりはないさ、さあ、お金稼ぎをしてもらうぞ」

美希「……えっちいことするの?」

P「したいか?俺がやるのはお前達の奇跡を起こす力を路上で披露してお金を集めるようなことよ、まだ新人だからな」

美希「ふーん」

P「ふーんって・・・美希、まずは>>60してくれないか」



から密漁しちゃダメだって教わらなかったのかなぁ?本人が望んで来たわけじゃないでしょう?新人のくせに」

P「ギクギク……」

美希「・・・」
>>34
1.庇うの 2.見捨てるの



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:16:59.23 ID:uwa7q2oN0

1なの



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:22:35.92 ID:CiBlCMiSP

美希「待つの!プロデューサーさんはミキが選んだの!」

オーナー「なんだって?」

P「美希……」

美希「ミキとプロデューサーさんはアイドルのケーヤクを交わすために来たの、そうだよね?」

P「う、うん」

オーナー「こんな若造を選ぶのか?けっ」

美希「そこの人よりはプロデューサーさんの方がまだマシなの!」

オーナー「」

P「美希、お前……」

美希「今日の事はホントは嫌だけど……無かったことにしてあげるの、よろしくね」

P「あ、ああ……」

美希「ところでオーナーさん、ミキはお友達が欲しいの、ミキみたいに言葉が話せるアイドルっていないの?」

オーナー「だから人権団体がうるさいからいないって……」

美希「いるんでしょ」

オーナー「」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:31:40.12 ID:CiBlCMiSP

美希の親愛度 Lv1 0/50
美希はプロデューサーと認めてくれたようだ
プロデューサーのレベルが1になった

オーナー「ここにいるが……多分お前たちを認めはしないだろうさ」ガチャン

P「こいつらは……アイドルなのか?」

?「・・・プロデューサーが来たよ、貴音」

??「・・・そうですか」

美希「さっきのと違ってすっごく警戒してるけど、アイドルだよ?ミキにはわかるの」

P「そうか……」

響「自分は響だぞ……自分を買うの?他のアイドルみたいにうまくいかないと思うよ?」

貴音「……四条、貴音と申します」

P(なんか濃そうなメンツだなあ)

飼っちゃう?
>>41
1.響だけ 2.貴音だけ 3.2人とも 4.俺は美希一筋



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:32:55.36 ID:pF1NGcGe0

3



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:33:38.07 ID:yCgXPY4p0

3.



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:33:46.99 ID:tUHQfnHZ0





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:34:42.76 ID:Nko2IlYb0

3



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 05:40:28.59 ID:CiBlCMiSP

P「オーナー、こいつらいくらで契約してくれる?」

オーナー「引き60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:10:49.64 ID:yCgXPY4p0

ダンス



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:18:24.09 ID:CiBlCMiSP

美希「ダンス?」

P「そうだ、街角で踊ってくれるだけでいい、リズムもポーズも適当でいいからな」

美希「そう言われると難しいの」

P「じゃあこの笛を吹いてあげるから美希はそれに合わせて踊るんだ・・・それと、なの以外は言っちゃダメだぞ」

美希「わかったの!」

P「よし、初仕事だ!」ピッピッピッピッ

美希「プロデューサーさん、早いの!」

美希 Lv1 36/50



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:25:38.26 ID:CiBlCMiSP

美希「・・・」ペコリ

美希(いち、にい、さん、しっ!)ピッピッピッピッ

美希「♪」タンタタンタンタタン

美希「♪」タタンタンタンタタン

美希「♪」タタタンタタタンタンタタン

美希「ナノ!」タタン

P(無言で踊ってるだけでこの優雅さ・・・本当にアイドルなのか?)

美希(これでいいのかな?これのどこが奇跡なの?)

チャリン チャリン

美希「!」

P「お金が・・・」

どれくらい?>>64
1.少しだけ 2.そこそこ 3.びっくりするほどユートピア



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:27:18.75 ID:Ic0rsvw3P

もやし



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:32:46.85 ID:CiBlCMiSP

美希(もやし入りの袋・・・)ガクッ

P「初めては銅貨1枚も貰えないからマシではあるが・・・なんでもやし?」

???「差し入れです、がんばってくださいねー!」

美希「!」

???「」タッタッタッタッ

P「あのチョーカー、アイドルだ・・・」

美希(底に金貨が1枚・・・大食いの貴音が居ても2,3日は生きてけるの)

美希(あの子、何者なの?)

P「美希・・・気を取り直してもう1回だ!」

美希「なのー!」

美希 Lv1 40/50 ♪1
響 Lv1 17/50
貴音Lv1 17/50



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:42:19.03 ID:CiBlCMiSP

その夜

P(すげえ量のもやしだ、適当に塩胡椒しといたけど……)モシャモシャ

貴音「・・・」モシャモシャ

響「それ、やよいだぞ」シャキシャキ

美希「やよい?」モグモグ

響「自分があそこで売られていた時、同じ部屋に居たんだ、元気が自慢のアイドルだぞ」

貴音「高槻やよいですね、その話を聞くに今はかなり裕福な暮らしをしているようですね・・・本当によかった」

響「プロデューサー、明日からは自分たちも連れて行って欲しいぞ!強くなってやよいと戦いたいんだ!」

P「ああ、任せとけ」

美希 Lv1 40/50 ♪1
響 Lv1 22/50
貴音Lv1 22/50

美希「ねえ、プロデューサーさん……ちょっといいかな」

P「うん?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:46:59.97 ID:CiBlCMiSP

美希「来てくれてありがとなの」

P「一体どうしたんだ?」

美希「>>73」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 07:50:21.97 ID:aRJyG3hS0

やよいには気をつけた方がいい



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:03:11.22 ID:CiBlCMiSP

美希「やよいには気を付けた方がいいの」

P「えっ?」

美希「あの子は優しいけど……危険なの」

P「何が言いたいんだ?」

美希「表向きに言えばやよいの実力はとてつもないの、今のミキ達じゃ太刀打ちできないの」

P「後ろ向きもあるのか?」

美希「……やよいから、お薬の匂いがしたの」

P「えっ?!」

美希「15歳になってお家を出る時にアイドルのカラダのカタチを変えるお薬があるから気をつけろって聞いてるの……」

美希「やよいは>>80」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:06:22.56 ID:yCgXPY4p0

凄いの



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:13:29.90 ID:CiBlCMiSP

美希「やよいは――とにかく凄いの!」

美希「昨日はミキ達に差し入れをくれたけど、いざ戦うとなると手加減は一切してくれないよ?ってことを言っておくの!」

P「ああ、元からそのつもりだ……ところで美希……」

美希「うん?」

P「なんでわざわざ外になんて出たんだ?」

美希「それは……こういうことなの!みんな!ミキを応援するのー!」

キラキラキラキラ

P「流れ星が次々と……奇跡だ……」

美希「プロデューサーがもっとミキに優しくしてくれますように……」

P「え?」

美希「なんでもないの!それじゃあおやすみなの!」

P「いま、プロデューサーって……」

美希 Lv1 45/50 ♪1



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:16:33.69 ID:CiBlCMiSP

3日目

P「ようし、じゃあ今日は……」

美希 Lv1 45/50 ♪1
響 Lv1 23/50
貴音Lv1 23/50

お金

>>86
1.みんなでなんかして遊ぶ
2.みんなで働く
3.お話



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:18:51.31 ID:tUHQfnHZ0

1



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:23:59.85 ID:CiBlCMiSP

P「よし、俺達はまだ出会ったばかりだ、仕事の前に簡単に交流したいと思う」

響「やよいは」

P「今のお前では勝てん、だからこその交流だ」

美希「でも何するか決めてないんでしょ?」

P「ああ、そうだ……うーん、>>89かな」

エッチいことはダメなの!



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:24:32.71 ID:yCgXPY4p0

お料理



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:31:24.14 ID:CiBlCMiSP

貴音「料理、ですか」

P「ああ、なんでも人前で料理を振る舞い人気を集めるアイドルがいるらしい」

P「っていうのは建前でまあ、あれだ……あれからもやし以外に大量に食材が放りこまれててな、折角だし一緒に料理をしようと思う」

美希「・・・ミキ、料理は得意じゃないの」

P「大丈夫だ、お前は頭がいいからなんとかなる、貴音たちがついてるからなんとかなる」

美希「プロデューサーさんが死んでもしらないからね」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:35:16.49 ID:CiBlCMiSP

響「料理ならまかせるさー!自分完璧だからこれくらいなんともないよ!」

貴音「……ジュルリ」

美希「貴音!先に食べちゃだめなの!えっと、これくらいいれたらいいのかな?」ドバドバ

響「」

貴音「」

美希「むー……どうしたの?」

――――――
――――
――

美希「完成したのー!」

響(大丈夫かな?)

貴音(響、あなたのフォローを信じるのです)

P「おおこれはうまそうなスープだな!それじゃあ……いただきます!」パク

響「じゅる・・・」

貴音「ん・・・」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:37:16.59 ID:CiBlCMiSP

響「おいしい!」

貴音「なんと美味なのでしょう!」

美希「すっごく美味しいの!プロデューサーさんも食べて見て!」

P「う、う、うまい、ぞ……」

P「」バタン

響「えっ!?」

貴音「美希・・・毒を入れるとはやりますね」

美希「そ、そんなことしてないの!なんでプロデューサーさんのだけ・・・まずっ!?」ジュル

美希「うわーん!今すぐ手当するのー!」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:41:44.33 ID:CiBlCMiSP

P「う……」

美希「ごめんなさいなの……」

P「はは、やっぱり無理矢理キスしたのはダメだったのかな……美希、ざまあみろって言っていいんだぞ……」

美希「そんなことないしてないの、ミキは殺したかったわけじゃないの!」

美希「プロデューサー、死なないで!」

P「……え?」

美希「プロデューサーが死んだら話にならないの!」

P「わーった!ホントに食いもんなら死なないからそこまてま慌てるなって……」

美希の親愛Lvが2になりました
美希はもしかしたら、と思っているようです



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:45:20.56 ID:CiBlCMiSP

美希 Lv2 0/100 ♪1
響 Lv1 25/50
貴音Lv1 25/50

美希「だから料理はやめようっていったの!」

響「美希が失敗しないなら大丈夫だったよね」

貴音「はい」

美希「」

美希「し、知らないの!ミキは楽して楽しめればそれでいいの、プロデューサー、食器片付けるの!」

>>102
1.美希とイチャイチャ
2.4人で何かする
3.お仕事お仕事!

内容付きでもいいの



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 08:50:17.19 ID:tmEgub650

1



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:04:35.76 ID:CiBlCMiSP

P「美希、一緒にやるぞ……二人は物置代わりにしてた部屋が空いてるはずだからそこを使ってくれ」

響「わかったよ」

貴音「それでは……ふふ」

響(あれさ、絶対美希も一目惚れしてるよね)

貴音(それを言ってはいけませんよ)



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:05:59.47 ID:CiBlCMiSP

美希「それじゃあお皿渡すから洗うの!」

P「はいはい」

P(いい体してるよなぁ、美希って)ガチャガチャ

美希「はいなの!」

P(いつのまにかさん付けしなくなったし……懐いてきている?)チャプチャプ

美希「はいなの!」

P(はぁ……何百と告白されたってくらいだし多少のアプローチは響かないよなぁ)ゴシゴシ

P(もっと美希の事が知りたい……まさかアイドル相手に恋をしてしまうなんて……)

美希 Lv2 5/100 ♪1
>>109
1.告白する(コンマ01-05でLv3になるけど失敗すると-10)
2.お話する
3.イチャついてみる(内容指定おkなの)



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:08:10.88 ID:cQm5cL200

2



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:33:40.14 ID:CiBlCMiSP

美希「お料理ってうまくいかないんだね……」

P「どうした?」

美希「さっきはね、調味料をこれくらいかなーって適当に入れたらプロデューサーのだけ変な味になっちゃったの」

美希「ダンスとか歌とかは一回聞いたらこういうものなんだってだいたいできるんだけど……難しいの」

P「そういうもんだ、料理が上手い人だってすぐにできてるわけじゃない、何百と練習して作ってるんだ」

美希「そういうものなの?」

P「加減が難しいんだよ、加減がな」ギュッ

美希(これはちょっと調味料多すぎなの!)

>>116
1.あったかいの……+5
2.でも、悪くないかも+3
3.もういいの、離れるの!+1



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:34:57.13 ID:bAMHfTOa0

1



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 09:39:35.43 ID:CiBlCMiSP

美希(でも、あったかいの。ミキ的にはこれくらいノーコーでもいいって思うな、変な人間さん)ギュッステージだ」

美希「ミキにできるの?!」

P「できるかどうかじゃない、やってみるんだ、奇跡を起こすんだ」

美希「プロデューサー……」


美希 Lv2 17/100 ♪7
>>200
1.一世一代の勝負に挑む(目標コンマ500、ボーナス20×1.5)
2.美希一人で戦いに挑む(目標コンマ250、ボーナス10×1.5)
3.そんなものには挑まない、夜は別のことをする



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:40:42.24 ID:SQKUuJy70

2だな



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:46:46.35 ID:CiBlCMiSP

美希「プロデューサーが大舞台を用意してくれたのは嬉しいの……でも」

美希「今、どんなに大きいイベント会場があったとしてもミキはこの屈辱を受けた小さい会場を選ぶの!」

美希「ミキ一人でリベンジマッチなの!この街のオーディションで!」ドン

P「美希!?」

美希「負けちゃった昨日の分の枠の他にもう一個枠があったはずなの!」

P「ある!確かにあるが……メンタルは大丈夫なのか?」

美希「二倍きついところよりは2倍楽なの!」


2 × 7 × >>203のコンマなの!

目標値は250!今度こそ勝つの!



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:47:32.77 ID:+Xjk/oqk0

なるほど



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:52:32.14 ID:CiBlCMiSP

SCORE1,078 > 250

美希「どんなもんなの!リベンジできたの!」

P「おいおい美希、やっぱり2倍きついところでもよかったんじゃないか?」

美希「言ったでしょ、ここをミキのスタートラインにしたかったの!失敗しなくてよかったのー!」

その夜、流れ星が何時もより多く落ちたと言う

美希 Lv2 17+15/100 ♪7+3

美希「ちょろいもんなの♪」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:56:35.22 ID:CiBlCMiSP

6日目 深夜

美希「やったやったやったぁっ!嬉しいの!眠れそうにないの!」

P「そんじゃあ夜更かしするか?それとも、一緒に寝ようか?」

美希「なんでもいいよ!」

美希 Lv2 32/100 ♪10
>>212
1.寝ないで空を見上げる(成功率32%、まだオススメはしないの)
2.一緒に寝る
3.ライブの練習する



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:57:53.73 ID:2eFAu+hl0

2



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:04:36.98 ID:CiBlCMiSP

P「おやすみ、美希……」

美希「……おやすみなの――プロデューサー……」ギュッ

P「・・・」

美希「zzz」

P(アイドルは人間と違うというが、人間と変わらないじゃないか……)

P「…………zzz」


7日目は早速お祭り騒ぎだった
街でひよっこと知られていた新米プロデューサーのアイドルが演技を披露したからだ
二人とも、鼻高々であった

美希 Lv2 35/100 ♪10
響 Lv1 38/50 ♪6
貴音Lv1 25/50 ♪6



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:07:34.38 ID:CiBlCMiSP

8日目、朝

美希「zzzzzzzzzzzz」

響「いつまで寝るんだー!ご飯だぞー!」

P「まあまあ寝かせてあげようぜ、昨日は散々歌い疲れただろうよ」

貴音「ふふ、リーダーたるもの……こうではなくては……はて」

P「どうしたんだ?」

貴音「手紙ですね・・・マスターはタカギ・・・アイドルは・・・高槻やよい」

P「やよいだって!?」



216:日付や得点は読者観点に修正されています:2014/02/16(日) 14:17:30.54 ID:CiBlCMiSP

P「どれどれ・・・」

やよい『うっうー!美希さん、オーディション合格おめでとうございまーっす!』

やよい『この手紙は報告を聞いて書いてます、きっと観客の中に紛れて美希さん見てます!』

やよい『9日の夜、もやしパーティを開こうと思います、もしよければ来て美希さん達の踊りを見せてください!』

やよい『P.S.私の仲間も見るから スコア2000 はあるとうれしいかなーって』

P「に、に、にせん!?昨日で1000だってのに・・・」

貴音「プロデューサー、参加するのですか?」

P(やよいはなんか嫌な予感がするって美希も言ってたよな・・・やよいには悪いが無視するのもありか)

P「>>219」



br>

いち



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 13:32:04.98 ID:CiBlCMiSP

P「美希、昨日はすまなかった」

美希「ううん……プロデューサー、ミキわかったの」

美希「ミキ、なんでも
219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:20:20.39 ID:aECjdMmJ0

むし



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:29:47.04 ID:CiBlCMiSP

P「響、『まだ俺たちは完成してないから辞退させてもらう』って返事をだしてくれ」

響「え、やめちゃうの!?」

P「マスタータカギ、そいつが認めたアイドルはほぼ確実に高みに到達するという生きた伝説・・・」

P「おそらくやよいに今のお前たちじゃあ勝てないだろうよ……まだ早すぎる」

P「それよりも俺にはまだやることがある……美希を労ってやらなきゃな」

貴音「そうですね・・・わたくしたちは練習をしていますのでプロデューサーは美希を」

P「ああ」

美希「むにゃ・・・何かあったの?」

P「何にもないよ、さあ行こう」



221:ちょっとといれ:2014/02/16(日) 14:34:16.99 ID:CiBlCMiSP

P(やべえ、話題がない)
>>225
1. (告白は夜専用コマンドです)
2.お話する(どんな話題にするか)
3.イチャついてみる(内容指定おkなの)



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:37:51.04 ID:EggmPsrO0

3



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:56:08.96 ID:CiBlCMiSP

P「美希、初仕事お疲れ様」

美希「ああやって町のみんなの前で踊るの・・・恥ずかしかったけど楽しかったの」

P「それはうれしいよ――でも、今は2人だな」

美希「うん……」ギュッ

P「――」ギュッ

美希「……」

P「・・・」

美希「…………あはっ☆」ギュッ

P「>>230」

美希 Lv2 40/100



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 14:57:45.70 ID:aECjdMmJ0

頭なでていい?



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:04:01.15 ID:CiBlCMiSP

P「頭、撫でてもいいか?」

美希「・・‥…いいよ」

P「……」サワサワ

美希「ん……」

P「・・・」ナデナデ

美希(プロデューサーの手、大っきいの)

P(柔らかいな・・・それにいい匂いだ)クンクン

P(間違いない、俺は……もう美希の魔術に落ちている……)ギュッ

美希 Lv2 44/100

P(だめだ、冷静を保て……おれは……)



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:08:09.81 ID:CiBlCMiSP

P「み……き……もういいぞ……堪能した」

美希「あっ……」

P「美希――今夜、空いてるか?」

美希「プロデューサー?」

P「大事な話がある」

P(勇気がなければ今からでもやよいのパーティに見るだけでも参加しないか、とだけ言えばいい)

美希「プロデューサー?」

P「大事な話がある……晩御飯を食べたらさ、近くの原っぱに来てくれないか……いやなら、こなくていい……」

美希「どういうことなの?プロデューサー!」

P(なんでだろうな、俺は……)



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:13:21.62 ID:CiBlCMiSP

美希 Lv2 45/100

P「満面の星空だ――決めるなら今しかない」

P(俺は何をやっているんだ?だが……理性より先に心が動いていた……)

美希「プロデューサー、呼んだ?」

P「美希」

美希「晩御飯にもこないから心配したの!」

P「すまないな、まだ昨日の興奮が抜けてなくて――」

美希「まだ気にしてるの?……次はもっと大きいところでキラキラしてみせるから期待するの!」

P「そうか」ドクン ドクン ドクン ドクン

P(ただ、星空綺麗だなって言うだけでいい……詩人めいたことを言ってもし美希の意思が違ったらどうする!?)

>>240
1.美希、運命ってあるのかな(>>240のコンマが45以下で・・・)
2.空を見ながらおにぎりでも食べないか?



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:14:21.26 ID:QCW9E2Ey0

1



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:23:18.03 ID:CiBlCMiSP

P「美希……はっ!」

P(流れ星――)

美希「・・・」

P「――なあ、美希、運命ってあるのかな」

美希「えっ?」

P「こういうの、変かもしれないけどさ」

P「初めて網に引っかかってるお前の顔を観た時に俺は、運命を感じたんだ」

P「それで、あんなキスしちゃってさ・・・お前が好きな人の為に取っといてたファーストキス、奪っちゃってごめんな」

美希「・・・プロデューサー」



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:24:24.16 ID:CiBlCMiSP

P「お前は他のアイドルと違って言葉を話せる、知能もある、言われなきゃ人間とほとんど同じだ」

P「そして今は鎖も、アイドルの証のチョーカーも外している。」

P「もうどこへ逃げても追うことはできない、お前のふるさとへでも、未来のハニーでも、好きなところにいくといいさ」

美希「プロデューサー、ちょっといい?」

P「……ん?」

美希「目閉じて、今すぐ」

P「ええ!?う、うん……」

P(ビンタかな……当然だ、俺は嫌われて当然の男だ……あばよ、美k)

美希「……ちゅ」

P「!?」



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:27:15.97 ID:CiBlCMiSP

美希「……ちゅる……ちゅる……」

P(美希の舌が俺の口の中に……)

美希「……れろ――ふぅ」

美希「プロデューサー、これがミキのファーストキスなの、バイバイ――」

P(え、バイバイ?)

P「――――――美希?!」

P「どこにもいない……そんな……」

P「しくし>>282のコンマ

やよい?=40×>>283のコンマ







260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:33:16.76 ID:CiBlCMiSP

美希「ハニー!」ガシッ

P「うぎゃぁっ!?」

美希「なんだかミキもそんな気がしてたの!プロデューサーがミキのハニーかもしれないって!」

P「み、美希!?」

美希「アイドルとプロデューサーだろうが関係ないの、ミキはハニーにちゃんとファーストキスを捧げたの!あのキスの事は許してないけどね!」

P「つまり……OKってことで……」

美希「うん、でもその代わりよそ見禁止だからね!」ガバッ

P「わちょっ!?ここで押し倒すな!愛してる!愛してるから!」

美希「ハニー、だーいすきっ!あはっ☆」キラーン

P(あ……流星群……)

美希の好感度がLv3になりました、おまけにレッスン値も3増えました
まだまだ続くよ!



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:38:15.33 ID:CiBlCMiSP

9日目 朝

美希 Lv3 0/200 ♪10+3
響 Lv1 41/50 ♪8
貴音Lv1 28/50 ♪8

貴音「プロデューサー!」

響「美希が朝になったらいなくなってたぞ!……あれ?」

美希「響、貴音!おはようなの!今日も頑張っちゃうの!」

響「美希から出てるオーラが違うさー・・・まるで生まれ変わったかのように光り輝いてる、自分が5人いても敵う気がしないぞ……」

貴音「これは……まさか!」

P「あはははは……」デレデレ

響「美希――ついにやったんだね」

美希「うん♪」

貴音(さてさて、これからですね?あなた様)

P(そういうお前も顔がニヤついてるぞ)



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:43:30.84 ID:CiBlCMiSP

美希「それよりもね?ハニー、ゴミ箱から出てきたんだけどね……やよいのお誘い、やっぱり飛び入り参加しようよ?」

P「な、何!?」

美希「今のミキならなんでもできそうな気がするの!スコア2000なんてミキ一人でも十分いけるの!」

P(マジでやりそうだから困る)

美希「ハニー、今日こそ参加するかしないかささっと決めちゃうの!」

P「え、ええ!?」

もやし祭りに参加しますか?(目標2000 期待値 2750+250)

1.参加するためにレッスンレッスン
2.参加しないで4人でなんかやる



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:44:29.16 ID:CiBlCMiSP

>>269



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:45:01.58 ID:yCgXPY4p0

1



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 15:48:48.73 ID:CiBlCMiSP

美希「大好きは~にぃ♪」

P「それ違う曲!」

響「ちょっとデレデレしすぎじゃないかなっ……」フンッ フンッ

貴音「今のっ、彼はっ、星井美希のっ、太陽ですからっ!」フンッフンッ

P「電報サービスですかー?至急電報を頼みたいのですが……はい……」

美希「いっち!にっ!さんっ!しっ!」ピョンピョン

P「夜の分の体力残しとけよ」

美希「大丈夫なの!」

美希 Lv3 3/200 ♪14
響 Lv1 44/50 ♪9
貴音Lv1 31/50 ♪9



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:06:13.99 ID:CiBlCMiSP

そして夜なの!

美希「ここが765プロ!」

貴音「もやしぱぁてぃなるものが行われるそうです」

響「一体どんなパーティなんだ!?」

P「みんな、心してかかってくれ!さあ、開けるぞ」ギィー

ジュージュー

P「こ、この音は!まさか人肉の焼ける音!?それとも・・・」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:07:32.23 ID:CiBlCMiSP

やよい「はうわっ!?」

美希「もやしなの」

貴音「もやしですね」

響「もやしだぞ」

P「想像以上にもやしだった」

やよい「美希さん!?響さん、貴音さん!」

貴音「お久しぶりです・・・高槻やよい」

響「ここにいるのはやよいの・・・」

やよい「はい!私の弟達です!長介、かすみ・・・みんなを奥に、ちゃんとお姉ちゃんが分けておくからね」

長介「うん!」

美希「急に来るって言ってごめんね」

やよい「大丈夫です!もしものために多めに買っておきましたから!」

美希「ありがとなの」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:13:24.48 ID:CiBlCMiSP

P「もやしがこんなにうまいなんて知らなかった、正直苦手だった(20代・男性)」

貴音「ごちそうさまです、高槻やよい」

やよい「うっうー!あり
282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:18:52.68 ID:g5uoYDH/0

うっうー!



283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:19:16.08 ID:BFT2xX6t0

やよいの勝ちかなーって



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:23:41.84 ID:CiBlCMiSP

4080 VS 320

やよい「はうあっ!?」ガシャンッ

美希「2倍出しちゃったの、ごめんね☆」

やよい「ぅ……ぅぅ……」

響(やよいには悪いけど、プロデューサーとアイドルやるのも、ちょっと楽しいかも)

Exp.10、Lp.2を入手

美希 Lv3 13/200 ♪14+2
響 Lv2 4/100 ♪9+2
貴音Lv1 41/50 ♪9+2



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:29:39.27 ID:CiBlCMiSP

??「そこのあんた、あったま来たわ!やよいの全力を越えてぶつけるなんて!」

やよい「駄目だよ、美希さんは全力で私に――」

??「うるさぁいっ!」ジャキン!

響「うわっ!?」

貴音「さ、柵がステージに!」

P「美希だけ柵の中に閉じ込められたぞ!いや、柵を飛び越えて誰か入ってくる!」

??「美希って言ったわね!私の友達をコテンパンにやっつけたのは!」ピョーン

??「覚悟しなさい!この――」

美希「デコ大きいの」

デコ大きいアイドル「ふごっ!」メリッ

P「あ、着地失敗してステージの床にめり込んだ」



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:36:43.36 ID:CiBlCMiSP

美希「デコちゃん、要するにミキとタイマンでやりたいってこと?」

デコ「デコちゃんいうなー!私はどこの中ボスだー!この私には!水瀬伊織っていう名前があるのよ!」

デコ「アイドルの身でありながらアイドルになるのを嫌い人間界の経済まで支配しかねない経済家になった名家の令嬢よ!」

デコ「もっとも私は自分自身の力で何かしたいと思って家には頼るつもりはないわ、ここテストに出るから覚えなさい、美希」

美希「わかったの、デコちゃん!」

デコ「何よこいつー!やよいをやったけた天才と思って聞いたら飛んだ天災よー!」

美希「……本題に戻るの」

伊織「ええそうよ美希!この私とタイマン勝負してアイドルバトルに打ち勝ちなさい!」

伊織「ちなみに私のアイドル力は53よ、あんたに勝てるのかし――」

美希 アイドル力 3×16

伊織「なぁっ!?」



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:39:18.78 ID:CiBlCMiSP

美希「いい勝負ができそうなの!」

伊織(高っ!?なんで親愛度がLv3なのよ!こいつに負けを突きつけるために来たんだから告白できないようにしておきなさいよ!)

伊織「え、ええーい!こうなったらやけよー!」←>>302×53

美希「そんなに怒ってたらデコやけちゃうよ?」←>>301×48



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:40:06.29 ID:dCKop4gB0

大勝利なの



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:40:09.81 ID:SQKUuJy70

へへん



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:43:34.70 ID:i/H6VfAb0

あちゃー



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 16:45:10.62 ID:CiBlCMiSP

美希「たった5の差ぐらい楽勝なの!」

1,392

美希(手応えはあったの!でも……なんでこんなカスって――)

4,293

伊織「――バーストアピール」

美希「嘘――」バタリ

――――――
――――
――

ジャキン!

P「美希!」

美希「は・・・に・・・」

伊織「はぁ、はぁ・・・中々手こずらせてくれたじゃない・・・バーストアピールまで使わせるなんて」

伊織「これに懲りたらこの私に勝とう打なんで二度と思わないことね!」



312:伊織「ムキー!」:2014/02/16(日) 17:00:44.50 ID:CiBlCMiSP

10日目 朝

P「ま、まあ、負けイベントみたいなものだから……」

美希「あれ、勝っててもバーストナントカで無理やり負けたカンジになるやつなの!」プンプン

P「は、ははは・・・とはいえナンバーワンを目指す以上伊織は避けられない相手だ」

美希「わかってるの……妥当デコちゃんなの!」


美希 Lv3 8/200 ♪17
響 Lv2 5/100 ♪11
貴音Lv1 42/50 ♪11

>>315
1.美希とイチャイチャ
2.作戦会議
3.オーディション的な



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 17:01:46.25 ID:cQm5cL200

2



P「野生の美希と付き合った」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 20:01:47.58 ID:CiBlCMiSP

10日目の午前から


前回のハイライト
美希があっさり落ちた
スコア2000とはなんだったのか
スレ開いたのは間に合ったのに落ちた



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 20:07:33.03 ID:CiBlCMiSP

名前 親愛LvとEx 基礎アイドル力
美希 Lv3 8/200 ♪17
響 Lv2 5/100 ♪11
貴音Lv1 42/50 ♪11

P「で、どこからだっけ?もやしパーティの反省会でもするか?」

美希「する必要はないと思うよ?ただあれは経験不足だったと思うの」

響(最後に美希が伊織のデコフラッシュ(バーストアピール)で転んだせいだと思うけどね)

P「まあ、ともかく……みんな疲れただろう?」

>>6
1.だがらパーっと遊ぼうぜ!
2.だけども練習だ!



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/16(日) 20:11:10.25 ID:XqPVBE5rP

1





268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:39:31.61 ID:BaRFYCo6P

P「ふぅ……」

P「全く世間一般のプロデューサーはあり得ない、ほとんど人間と同じ見た目のやつをアイドルという種族に分類しあまつさえ鎖に繋ぐなんて」

P「アイドルと人間は共存できるはずだよなぁ、美希?」

美希「ハニーが急に難しい事言い始めたの……ミキがいない間になにやってたの?」

P「あんなに彼女にくっつかれて寝たら生理現象がだな・・・コホン!美希には早い、出直してきなさい」

美希(変な事してるのはわかったの)

P「んーじゃー美希、何しよっか」

美希「>>270」



ないけど……」ナデナデ

美希「すぅ……すぅ……」ピクン

P(ツンツンが動いてる……)

美希「ハニー……もっと近くに来ていいよ……」

P「ん、起きてるのか?」

美希「zzz」

P「寝言か……」ナデナデ

P(オーラが変わってきた、たったの2週間でプロ並に成長してきている)

P(一体何が美希を進化させているのか全くわからない……)

美希 Lv3 84/200 Vi31
響 Lv2 62/100 Da21
貴音Lv2 60/100 Vo24



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 12:21:25.73 ID:BaRFYCo6P

18日目 昼

パカラッ パカラッ

美希「あはっ☆馬車で帰れるなんて思わなかったの!」

響「プロデューサー、自分達が寝てる間にこんなの用意してくれてるなんて……」

貴音「旅費は大丈夫なのですか?」

P「安心しろ、お前達が稼いだ額の2,3%しか使ってねえよ!」

美希「えっ!?」貴音「なっ!」響「んがっ!?」

P「勝手に使って悪かったなぁ!川魚生活からもおさらばだぞ!お前達!」

美希「一体いくらだったの!?ねぇ!」

P「内緒だ!さあ、凱旋だぞ!」



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 12:24:25.05 ID:BaRFYCo6P

18日目夜
美希「ただいまなのー!」

響「またボロ屋に戻ってきたね……」

貴音「ですが、あのほてるよりは居心地がいいですね」

P「よし……」

>>246
1.美希とすごす
2.響とすごす
3.貴音とすごす
4.全員と
5.レッスンさせる



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 12:27:15.32 ID:8DgP9q6ki

4



247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 12:31:18.34 ID:BaRFYCo6P

P「……んっと、こんくらいが生活維持費で、お小遣いは……美希はこんくらいな」ジャラジャラ

美希「そ、そんなにいいの!?」

P「いいぞいいぞ、太らない程度に遊べ――響達の分な」ジャラジャラジャラ

響「こんなに沢山の金貨渡されてもどうすればいいのか――」

貴音「5杯、10杯、50杯、100杯……」

P「」

美希「」

響「」

4人でなにするの?>>249



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 12:32:54.22 ID:PE3/pPaH0

鍋パ



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:04:57.13 ID:BaRFYCo6P

グツグツ・・・

貴音「これが――鍋!」

美希「初めて見るの、みんなで食べるんだよね……それにしても大きすぎな気がするんだけど」

響「すごい具沢山さー!」

P「奮発して野菜もたくさん買ってきたんだ、水槽にいた残りの川魚も全部ぶち込んでるし余っちゃうかもな!」

ハム蔵「ヂュ!」

貴音「ほう……余ると?」

P「いくらお前でも余るね、絶対!」

貴音「では金貨1枚かけましょう」

P「乗った!」

美希(ハニー、死んだの)

響(お金を持ちすぎるとああなるんだね、いい教訓だぞ)



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:14:08.97 ID:BaRFYCo6P

美希「あむ……んっ」

響「うまいぞ!うまいぞー!」ムシャムシャ

P「何年前のネタだよそれ」

貴音「ああ・・・幸せです」モキュモキュ

響「なんだかこうやってみんなで食べてると家族みたいだよね!」

P「」ピトッ

貴音「」モキュモキュ

美希「///」

響「はっ!?・・・うぎゃあああ!違うって!なんだその目はー!」

貴音「・・・ごちそうさまです」カチャン

P「はっ!?あんなにあったはずなのに!」

貴音「・・・」ニヤリ

P(もうやだこのアイドル)



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:20:05.53 ID:BaRFYCo6P

P「トホホ・・・貴重なお小遣いが」ショボーン

貴音「・・・次屋台が来る時が楽しみですね」ニヤニヤ

270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:43:54.23 ID:FDcTj/7kP

ちゅー



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:50:35.80 ID:BaRFYCo6P

美希「チュー、しよ」

P「おはようのキスか、本当に美希はキス魔だな」

美希「キス魔なのはどっちなの?」

P「・・・どっちもってのはどうだろ?」

美希「それいいかも」チュッ

P「チュルル・・・チュッ・・・」

美希「ジュル…チュッ」

P「ふふ…」

美希「あはっ…チュッ・・」

美希(ハニーの唇の感触があったかいの・・・初めて無理やりされたときと全然違うカンジなの)チュプ



>>275
1.もう一度キスを誘ってみる(コンマ43以下でだな・・・)
2.はい、おしまい!を言う勇気



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:52:52.19 ID:GiUuNOuU0

2



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 14:59:50.64 ID:BaRFYCo6P

美希(このまま続けるとイケない何かにやられちゃうの――残念だけど)

美希「チュパッ・・・はい、おしまい!」

P「ふふ、そうだな・・・」

P(美希、怖いか……俺も怖いよ)

P(美希の台詞次第では平手打ちをしているところだった、感謝する)

美希 Lv3 86+10/200 Vi31

美希「ハニー、みんなのところに行こ」

P「ああ」

――――――
――――
――

P「ん?置き手紙……『らぁめん屋が来たので食べています、四条貴音、我那覇響』」

美希「?」



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 15:09:28.01 ID:BaRFYCo6P

貴音「・・・なんと、見ていたのですか?」ズルズル

大将「あっしも見てたんだけどねぇ……突然お前さんが出てきた時には驚いたよ、しかもあの千早が負けそうになったというじゃないか」

貴音「……いいえ、たとえわたくし達が如月千早の点数を超えていたとしても彼女はそれを越えて行くでしょう、それだけの意気込みがありました」ズルズル

大将「そうかい、ところであのへっぽこの兄ちゃんは?」

響「ちゅっちゅしてた」

大将「oh...」

P「勘違いされるようなことをいうなー!」

美希「そうなの!ミキとハニーはそんなことしないの!」

響「でもキスの勢いで行きかけたでしょ」

P「そ、そ、そそ、そんなことないだろ、なぁ?」

美希「みみみ、ミキまだ15だよ?は、早すぎるって思うななな!」

貴音「・・・ふふ」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 15:43:59.43 ID:BaRFYCo6P

大将「」ボー

美希「……おじさん!ラーメン2つなの!」

大将「お、おう」

P「ったく、からかうのもほどほどにしないと休暇を終わりにするぞ、その気になればオーディションとライブまみれにだって出来るんだぞ?」

響「うわぁ、それは勘弁だぞ……」

貴音「あれほどのらいぶに出てしまってからでは他のオーディションが楽に思えてきますね」

美希「そういえばおじさんから初めて例のライブのこと聞いたの、こんなこところまで来ないと思ってたの」

大将「何言ってんだい、ここは田舎ながらプロデューサー業の盛んな街、今ごろ町中の人達の話題を占領してるぞ!」

P「でも、へっぽこなんだろ?」

美希「それは事実でしょ」

P「くっ……さあ、午後からアイドル業再開だ!>>285あるのみよ!」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 15:45:43.63 ID:1VZC2Vaf0

ボイトレ



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 16:30:15.48 ID:BaRFYCo6P

――――――

P「千早の武器は歌だ!こっちも負けないようにボイストレーニングで歌唱力をつけるのみ!」ビシッ

美希「ら・ら・ら・ら・ら・ら・ら・ら・ら~♪」

貴音(人間の横文字なるものは話しにくいですね……)

響「あー♪……あーあー……うん、あー♪」

美希「ねえハニー、らだけじゃあきるの!」

P「そんなこと言ってもちょっちズレてる気がするんだよなぁ・・・らじゃなくてもいいからなんか歌ってみろ」

美希「わかったの・・・は・は・は・は・・・」

P「どうした?これ以上高い音色は無理か?」

美希「は↑ぁ~↑・・・クチュンッ!」ドバァッ

P「」

貴音「そういえば美希もはにぃなどと言っていますね・・・普段から練習すればいいのでしょうか?」

響「それはだめ!」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 16:58:07.46 ID:BaRFYCo6P

19日目夜

美希 Lv3 88+1/200 Vi31
響 Lv2 65/100 Da21
貴音Lv2 63/100 Vo28

美希「・・・チュッ」

P「……ん……zzz」

美希「…………ハニーも乱暴にしたんだし、このくらい許してくれるよね」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 17:01:39.44 ID:BaRFYCo6P

20日目、朝

美希「・・・あふぅ、夜更かしなんてするもんじゃないの・・・」

P「何やったんだ?」

美希「ナイショなの」

P「?」


>>298

P「そろそろ気合いいれまっすかー!」

1.美希と休憩
2.響と休憩
3.貴音と休憩
4.みんなでおやすみ
5.レッスン
6.お客さんがいるみたいなの



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 17:03:39.50 ID:GiUuNOuU0

5



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:05:10.07 ID:BaRFYCo6P

P「町内マラソンで体力作りだ!そのたるんだ身体を叩き直してやる!」

美希「はいなの!」タッタッ

響「このくらい余裕さー!自分ダンス得意だからね!」タッタッ

貴音「ふぅっ・・・はて?」タッタッ

モブ「頑張れよ!へっぽこ兄ちゃん!」

モブ「次のフェスでは負けんなよー!」

P「聞いたか美希、段々とうちの噂が広まって行って……うわっ!?」タッタッ コケッ

ドンガラガッシャーン

美希「言わんこっちゃないの、へっぽこのままだったの」

ドワッハハハハハ

P「」



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:08:01.01 ID:BaRFYCo6P

P(いてぇ……はっ!?)

響「はいはーい、サインしてあげるからちゃんと列ならぶさー!」

美希「・・・明日からハニー置いて逃げるの・・・」

貴音「面妖な・・・わたくし達のファンが一晩でこんなにも・・・」

P(なんじゃあこりゃあ!?)

美希 Lv3 89+1/200 Vi31+1
響 Lv2 65+2/100 Da21+2
貴音Lv2 63+2/100 Vo28+1



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:11:31.15 ID:BaRFYCo6P

20日目の午後

P「はぁ、はぁ・・・ここら辺まで走ればいいだろ・・・」

美希(サインなんてテキトーに書けばいいのに……)

響「止まったらサイン会・・・プロデューサーがここまで考えてたなんて恐ろしいさー」

貴音「これは地獄のマラソンですね……」

P「は、ははは!そうだろそうだろ!ははは・・・」

妖精「・・・」

P「はは、は、は、は」

>>310
1.逃げる
2.美希
3.貴音
4.響



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:13:25.04 ID:S/a6PO3F0

3



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:29:27.70 ID:BaRFYCo6P

P「に、ににに・・・」

P「逃げるんだよぉ~!」

美希「逃げたの!追うの!」

響「任せて!」

貴音「プロデューサー、覚悟!」

――――――
――――

P「ふぅ・・・ここまで来たら流石に・・・」

貴音「流石に、なんですか?」

P「うげぇっ!貴音……」

貴音「ふふふ、腐ってもあなた様のアイドル、逃がしはしませんよ」



313:ちょっとお疲れ気味:2014/02/17(月) 18:32:22.31 ID:BaRFYCo6P

貴音「ふふ、あなた様・・・二人きりになったのは何日ぶりでしょうか?」

P「何日ぶりでもいいから逃がしてくれないかな」

貴音「そうは行きませんね、あなた様・・・」

貴音「美希と響は言いました、『捕まえた人に全てを任せる』と」

P「あわわ・・・」

貴音「そうですね、罰に>>316というのはどうでしょう?」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:33:28.65 ID:S/a6PO3F0

抱き枕



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:42:53.70 ID:BaRFYCo6P

貴音「あなた様に抱き枕の罰を与えましょう」

P「抱き枕の罰?!」

貴音「・・・ふふ」ギュッ

P「なっ、貴音!?」

貴音「……これは美希も味わいたいと思うわけです」ムチッ

P(すごい胸圧……ってそうじゃない!)

貴音「・・・」ギュー

P「おい、貴音!美希に勘違いされたらどうするつもりだ!」

貴音「>>320」

1.構いませんよ、あなた様(コンマ65以下で・・・)
2.そうですね、からかうのはこれくらいにしましょう



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:43:47.03 ID:GiUuNOuU0

1



322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:54:49.89 ID:BaRFYCo6P

貴音「構いませんよ、あなた様――」チュッ

P「!!」

貴音「……悪魔の誘惑です、あなた様に耐え切れるでしょうか?」

P「貴音、美希を悲しい目に合わせたらいけない・・・って・・・自分で言ったのを忘れたのか?」

貴音「恋とは恐ろしいもの……と、いうことでしょうか、もう無理に従う必要はありませんよ、あなた様」

P「何!?」

貴音「美希を悲しませてでも、欲しいものを見つけてしまったのです……わたくしは下衆以下の存在ですね」

貴音「ですが、逆に言えば下衆と化してもよい覚悟なのです、このことをどうかお忘れなく……」

貴音「わたくしは、あなた様を手に入れるために努力は押しませぬ……御覚悟を――」スッ


P「・・・・・・」

美希「ハニー!どこに逃げたのー!捕まえておにぎり作らせてやるのー!」

P「美希――」

美希「ハニー、なんでそんな真っ青な顔してるの?」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 18:57:22.44 ID:BaRFYCo6P

貴音の心に悪魔を住まわせてしまった
貴音の親愛度がLv3になった、おまけに能力も3上がった


その夜、美希はより多くの接吻をプロデューサーにねだった
少し不安が伝わってしまったようだ

美希 Lv3 92/200 Vi32
響 Lv2 68/100 Da23
貴音Lv3 0/200 Vo32

20日目が終わった



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:02:29.66 ID:BaRFYCo6P

21日目

P「・・・おはよう」ガラッ

貴音「おはようございます、プロデューサー」ペコリ

P「早起きだな、貴音」

貴音「はい」

P「・・・・・・」

P(アイドルが何故プロデューサーに鎖で繋がれてでも飼われようとするかがわかった……こいつらは相手を信頼すれば信頼するほど爆発的に伸びる――!)

P(貴音から覇気のような何かを感じる、その笑みに得体の知れない執念と恐怖を感じる……例のライブが貴音の心に何かを与えてしまったようだ)

P「・・・今日は、オーディションがあるんだ」

>>327
1.美希と過ごす
2.貴音に捕まる
3.響に逃げる
4.4人で仲良くしよう、そうすれば貴音も・・・
5.オーディションに出る
6.来客がいるようだ



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:03:49.85 ID:S/a6PO3F0

3
からの2



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:13:47.79 ID:BaRFYCo6P

貴音「・・・・・・」

P「その、だな、貴音……昨日の事は無かったことにしないか?」

貴音「何のことでしょうか?」ニコ

P(ひぃ……夢幻にしておけという目だ……)ゾク
P「そ、そうかぁ!響は寝てるのかな?ちょっと起こしに行ってくるよー!」ダッ

P(けっ、動かないで威圧するだけなら無視するまでよ!)

美希「あふぅ……あれ?貴音……椅子に座ってどうしたの?座ってるだけじゃご飯は出ないよ?」

貴音「ふふ……意味はありませんよ、ただ考え毎をしていただけです」

美希「?」



333:回避方法:100にすると普通にLv3になる:2014/02/17(月) 19:19:54.92 ID:BaRFYCo6P

P「響!いるか?」

響「うぎゃっ!な、なんでプロデューサーが起こしに来るんだ!?」

P「いや……特に意味はないさ、まだ3週間だぞ?今更新しいことをしたっておかしくないだろ」

響「あ、まあそうだけど――」モジモジ

P「ん?どうしたんだ?」

貴音「響はまだ朝の着替えを済ませていないのですよ、プロデューサー」ボソッ

P「!!?」ガクガク

響「プロデューサー?どうしたの?……もしかして寒い?そういわれれば隙間風が入ってるような――」

P「響!着替え中だなんてすまなかった!そ!それじゃあ!」ヒョイ

響「へ?――自分もう着替え終わってるけど?」



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:23:34.67 ID:BaRFYCo6P

P「……どうしたんだ?貴音……」

貴音「……」チュッ

P「うぐ!」

貴音「ふふ……美希が受けた苦しみが理解できましたか?」

P「あ、ああ……理解できたよ……だから離してくれ、な?」

貴音「>>338」
1.(押し倒すには親愛20が必要なの)
2.べろちゅ
3.(昨日の話を)すっとぼける
4.その他



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:25:08.92 ID:S/a6PO3F0

>>338
4
そっと尻を揉んで意表を突いたところを逃げる



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/17(月) 19:29:23.95 ID:BaRFYCo6P

貴音「・・・・・・」

P「……はぁ……はぁ……」

貴音「・・・」

P「……」ムニュッ

貴音「んなぁっ!?」ビク

P「す、すまん貴音!思わず尻を揉んでしまった…… 美希「もう一回、オトナのキス」

伊織(誰か激苦の飴持ってきなさい!)



589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:22:31.00 ID:uJMLMiLMP

P「お前、本当に15かよ……」

美希「ハニーと過ごした3週間でミキは何歳分もオトナになったの……一目惚れだから仕方ないよね」

P「一目惚れなら仕方ないな……」チュッ

P(魔性の女だ……こんな甘々な事、本当は嫌なはずなのに美希相手だと止まらない……)

美希「ほっぺ、舐めないで……」

P「キスだけだとそれだけで夜になっちゃうぞ……>>592しようか」



8(火) 00:34:42.69 ID:uJMLMiLMP

P「やよいについてだが……」

伊織「なによ、パワー2000()って言いたいのかしら?馬鹿にするならいくらあんたでも……」

P「いや、そこではない!……あのやよいってアイドル、とても妹思いでやさしいアイドルだ」

P「アイドルになりたての美希に差し入れとして金貨を差し入れてくれた……だが」

P「だけれども、美希曰く……匂いがしたらしい」

P「アイドルのカタチを変える薬……説明から察するに、禁断の薬の匂いが」

伊織「へぇ……そう……ちょっとまった」

伊織「今あんた禁断の薬の匂いって言ったわよね!?」

P「ああ」

伊織「あぁ……そりゃあんたも765プロを敵視するようになるわよね……」



548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 00:43:00.51 ID:uJMLMiLMP

伊織(説明するわ!)

伊織「禁断の薬ってのはアイドル界、人間界共に使用を禁止されている薬!アイドルにとってはドーピングみたいなもの!」

伊織「アイドルが起こすキセキの力の方向性を捻じ曲げ瞬時に自分の体型を変えてしまうと言われている外道の薬よ」

伊織「種類によってはスリーサイズどころか性別、性格すらも変えてしまうと聞くわ!」

P「だがあの類いの薬を飲んだものは特有の匂いを発するという、美希は多分その匂いを」

伊織「でも、ちょっと待ちなさい」

P「なんだ」

伊織「……やよいの胸は異様に大きいってわけでもないし、生まれついての女性のはずよ?」

伊織「一体どこで使うって言うのよ!」

P「そうだな、極端に爆乳だったりしたらわかりやすかったんだが……うーん……」

伊織「まあ、一応警戒しておくに越したことはないわね……教えてくれてありがとう、プロデューサー」



549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 00:46:02.57 ID:uJMLMiLMP

やよいは……>>553
1.日々765プロの実験台にされている、助けなければ!
2.大丈夫、運動の後で汗をかいていたから美希が勘違いしてたんだろう



553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 00:49:30.56 ID:PhIa0ZNk0

1



583:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 07:46:13.71 ID:uJMLMiLMP

伊織「美希の勘違いと思いたい……けど……」

伊織(もし本当ならやよいを拉致してでも連れ帰らなければ……にしてもあいつ、本当馬鹿ね)

伊織(この私がスパイだという考えはないのね……なんというか……いやスパイじゃないわよ?めんどくさいもの、そういうの)

伊織「わかったわ、探りを入れてみる……数日後にわかると思うわ」

P「そうか、ありがとう」

美希 Lv3 100/200 Vi35
響 Lv2 67/100 Da23
貴音Lv2 67/100 Vo29
伊織Lv1 15/50 Vo35



584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 07:59:02.06 ID:uJMLMiLMP

23日目午後

伊織「なんか調子が出ないわね、なんでかしら……」

美希「デコちゃんには真心が足りないの、ハニーとキスしてみる?」

伊織「デコちゃん言うな!なんであいつとキスする必要があるのよ!あんたたち恥ずかしくないの?!」

美希「恥ずかしいに決まってるの、だからキスは二人きりの時しかしないの」

伊織「」

美希「ハニー、午後は何やるの?」

>>586
1.イチャイチャ
2.休憩
3.特訓



586:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:03:00.22 ID:Oxnzq+qVO

無難に1



587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:10:48.80 ID:uJMLMiLMP

P「美希、お前午前中は何やった?」

美希「ひたすら自主練なの!」

P「ほう、精が出るじゃないか、ご褒美だ、ついてこい」

美希「はーいなの♪」

伊織「ええっ!?」

P「何か勘違いされたら困るから言うがただのレッスンだぞ?伊織も響達にみっちり教えてもらえよー」

伊織「あ、ちょっと・・・!あれ絶対レッスンに行く雰囲気じゃないわよ!」

貴音「ふふ……伊織殿もそう思いますか」

伊織「――やっ
592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:25:07.58 ID:fabmfM4NO

お姫様だっこ



593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:34:48.85 ID:uJMLMiLMP

P「よい、しょっと……」

美希「もう、ハニーったら……だっこがしたいなんて……」

伊織(おおおおおおおお姫さまだっこぉぉぉぉぉ!?)

P「やっぱりこれはちょっとばかり辛いな……」

美希「落としちゃだめだよ?」

P「安心しろ、美希なら1日中抱えてたって落とさないさ」

美希「やめてよ、なんでも甘い言葉に聞こえちゃうの……もういいの」

P「いいや、まだやめないね……」チュッ

美希「んっ……」

伊織(実際甘いわよ!なんでキスするのよ!キス魔かおのれらは!)

伊織(はぁ……帰ろう……)

P「疲れたな、おろしていいか?」

美希「むー!せっかく甘々だったのに台無しなの!」

P「やっぱり俺に甘いのは似合わねーわ……」ナデナデ



595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:42:26.57 ID:uJMLMiLMP

24日目 朝
美希 Lv3 110/200 Vi35
響 Lv2 68/100 Da24
貴音Lv2 69/100 Vo29
伊織Lv1 20/50 Vo36

伊織(結局寝れなかったわ……あいつらのこと考えてたわけじゃないし、この倉庫の安っぽい布団のせいでもない)

伊織(やよいよ、あの子は肉体改造しない方がいいタイプのアイドルよ?なんでわざわざやよいでやろうとするのかさっぱりわからない)

伊織(胸騒ぎがするのよ、何か全部仕組まれているような――)ガラッ

P「zzz」

美希「あふぅ……」

伊織(夜はしっかり寝るのね、こんなやつに私のプライドをへし折られたなんて……きーっ!)

伊織「今は自主練よ!自主練よ!」

>>597
1.というわけでレッスン
2.プロデューサーとお話し
3.響とry
4.貴音とry
5.あいつらのイチャイチャを覗いてやる



597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:44:11.51 ID:1ZK5Oz270

1



598:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:49:24.37 ID:uJMLMiLMP

伊織「ふぎ、ふぎぎっ!」

響「伊織はカラダが硬いなー、自分が押してあげるさー」

伊織「やめ、押さないで――いぎゃああ!」

美希「フリにしか見えないの」

貴音「伊織、焦らずにゆっくり息を吐くのです」

伊織「すぅ・・・はぁ・・・届いた!」

伊織「よし、反対側も・・・やっぱり届かない!」

美希「伊織、ミキが押してあげるの!」

伊織「だから押すなー!こういう時だけ名前呼ぶなー!プロデューサー、助けてー!」

24日目 午前終了時
美希 Lv3 110/200 Vi36
響 Lv2 68/100 Da26
貴音Lv2 69/100 Vo30
伊織Lv1 23/50 Vo37



601:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 08:56:10.03 ID:uJMLMiLMP

伊織「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10・・・」ピョンピョン

P「縄跳びか、いい心がけだ」

伊織「ふん、アイドルを目指すもの、これくらい基礎よ!美希、あんたもやって見なさい」

美希「わかったの!・・・きゃぁっ!」ピョンピョン ガシッ

ドンガラガッシャーン

P「みきー!」

伊織「よくあることだから動じない!・・・さてと、私は昼飯でも釣ってこようかしら・・・♪」

P(あっちはあっちでよく訓練されてる)



602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 09:04:30.45 ID:uJMLMiLMP

伊織「美希、川魚でも締めたての刺身は美味しいわよ?食べて見なさいよ」

美希「食べないの!お刺身なんて美味しくないの!」

伊織「あら、将来プロデューサーの伴侶ともなるべき女が刺身も食べられないの?」

美希「うぐ」

伊織「残念ねぇ、こんなにおいしいのに♪」パク

美希「うぐぐ・・・食べてやるの・・・!」パク

伊織「どうよ?」

美希「・・・・・・」ポタ ポタ

伊織「泣いた!?」

>>604
1.メインストーリーを進める
2.レッスン
3.休憩(誰と過ごすか、美希ならイチャイチャ)



604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 09:10:51.11 ID:SPCPyZUz0

3 響



608:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 09:58:45.16 ID:uJMLMiLMP

P「響、空いてるか?」

響「あ、プロデューサー!ちょっと入らないで!?」

P「ほえ!?」

ハム蔵「ヂュー!」

響「うぎゃー!取っといてた唐揚げがー!」

P「・・・」

響「しょうがないから後でまた釣ってくるさー・・・ねえプロデューサー、お願いがあるんだ」

P「ん?もうペットはないぞ?」

響「そうじゃくなくてね・・・>>612」



612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 10:04:16.91 ID:wq1Jl6od0

ムラムラするのを鎮めて欲しい



614:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 10:17:31.85 ID:uJMLMiLMP

響「自分、なんだかムラムラしてきちゃったぞ・・・沈めてほしいさー・・・」ウルウル

P「んがっ!?」

響「・・・」フリフリ

P(アイドルにも発情期ってあるのか・・・)

P「響、俺たちは恋人ですらない、わかるな?だから無理だ」

響「そうは言っても・・・来ちゃったものは来ちゃったんだし……」フリフリ

P「それって他の子にも来るのか?」

響「>>616」



616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 10:20:09.67 ID:+86Bsf6/P

当たり前



617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 10:36:15.37 ID:uJMLMiLMP

響「当たり前だぞ……アイドルは毎月に1回はこうな> 伊織「あんたたちのところも悪くないわね……美希以外はね」

P「美希とも仲良くしてくれよ……な?」

伊織「考えとくわ」

27日目 が終わった

P「響!真の武器はダンスだ!絶対に負けるなよ!」

響「うん!自分の得意なダンスで負けないんだ!」

P「よし、そのまま次のパートもやるぞ!今日は1日ついててやる!」

響「うん!」

28日目が終わった

響「あ、あのさ・・・」



771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:31:54.80 ID:uJMLMiLMP

29日目 午後

美希 Lv3 142/200 Vi38
響 Lv3 1/200 Da30+3
貴音Lv2 87/100 Vo32
伊織Lv2 0/100 Vo41

響「・・・自分、美希の事応援してるけど、プロデューサーには美希と幸せになって欲しいけど……チュッ!」

P「!」

響「うぎゃー!やっぱり美希じゃないとこの変態の相手はできないさー!おやすみ!」

伊織と響のLvが上がりました

P「……夜は美希のところに行くか」



773:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:34:11.34 ID:uJMLMiLMP

30日目 午前終了時

美希 Lv3 143/200 Vi38
響 Lv3 2/200 Da33
貴音Lv2 88/100 Vo32
伊織Lv2 1/100 Vo41

P(叩きに叩いて伸びまくったな……いけるぞ!)

P「よし!お前たち、作戦会議だが……」

>>774
1.美希のコンマに全て任せる
2.4つなり2つに分けるべき



774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:35:22.16 ID:PhIa0ZNk0

2



777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:44:16.37 ID:uJMLMiLMP

P(………今回は必ず負けられない戦いだ、美希には悪いが今回のリーダーは決めない)

P(みんな、それぞれのベストを尽くしてくれ!)





『続いて、第二位です』

美希 >>779 × 114
響 >>780 × 99
貴音 >>781×64
伊織 >>782 ×82

目標点 >>783×>>784×6



の!」

――――――
――――
――



752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 20:44:24.45 ID:uJMLMiLMP

伊織「この穴は間違いないわ……765プロアイドル、雪歩の仕業よ」

P「もはや手段は問わないか・・・伊織、お前の貯金、やっぱり使わせてもらうぞ」

伊織「ええ、構わないわよ?立派な事務所を立てなさい……でもその前に真の奴をぶちのめしてやらなきゃね!」

美希「やよい!必ず助け出すから待ってるの!」



25日目が終わった・・・
To be contined...

美希 Lv3 140/200 Vi37
響 Lv2 93/100 Da27
貴音Lv2 87/100 Vo31
伊織Lv1 36/50 Vo38



762:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:06:27.97 ID:uJMLMiLMP

26日目 午前

伊織「馬車に乗りながら私の知ってる情報を教えるわ」ペラ

伊織「これが集合写真……漫画やゲームならこんなのもってない!ってなるんでしょうけど」

P「アイドルしかいないじゃないか、プロデューサーは?」

伊織「マスタータカギの姿は見たことがないのよ……誰もね、今考えたらモロ悪の組織じゃない」

伊織「天海春香、如月千早、高槻やよい、菊地真、萩原雪歩、これは双子の姉妹で、双海真美、双海亜美……長い方が真美よ」

伊織「そして三浦あずさ、臨時プロデューサー兼アイドルの秋月律子、私、そしてこれはみんなの管理をする事務員、音無小鳥、アイドルの血は引いてるけど活動していたかはしらないわ」

P「やよいを除いて9人もいるのか……厄介だな」

美希「30日に戦うのは真くんだけ?」

伊織「まさか?あんた達は千早や春香には勝てないでしょうけど……単騎じゃあいつらでも無理よ、私の二の舞になるわね」

伊織「あの不意打ちからして雪歩と二人でくるでしょう、ユニット名は……そうね……『モノクローム』と言ったところかしら」

P「モノクローム……」



763:小鳥「真ちゃん達の想定パワーは15000よ」:2014/02/18(火) 21:15:20.87 ID:uJMLMiLMP

伊織「美希、勝敗は主にあんたが握ってるわ、決してヘマをしないようにね!」

美希「わかったの!」

P「……街が見えてきたぞ……あいつらの根城だ」

伊織「まだ4日あるわよ、焦らないでね」

美希「わかってるの!」

響(空気だね)

貴音(はい)

――――――
――――
――
26日目午後

P「ホテルを確保した……さて、今日は……軽く>>765」

1.美希とレッスン
2.響とレッスン
3.貴音とレッスン
4.伊織とレッスン



765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:15:58.73 ID:wq1Jl6od0





769:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火
783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:47:27.28 ID:Pic+ESr90

おい



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:47:58.05 ID:1ZK5Oz270

とう



779:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:46:03.00 ID:Own9ZwCm0

まかせろ!



780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:46:04.75 ID:63wCPb190

完璧だからな!



781:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:46:09.67 ID:ITaNTa6Z0

おう



782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:47:07.93 ID:63wCPb190

当然よ!



787:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 21:49:59.47 ID:uJMLMiLMP

00の時は……100!でスレ内検索なの!



796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 22:01:05.31 ID:uJMLMiLMP

美希「あはっ☆勝負あったの」114×100×2

響「これが自分達の力だ!」99×75

貴音「卑怯な手には正々堂々と立ち向かうのみ!」64×67

伊織「……身体が軽いわ……もう何も怖くない!(美希の点数どうなってるのよ……)」82×93

P(こりゃ、計算するまでもないな)

美希「それで、次は真くんの番だけど、どうするの?」



雪歩「ま、ま、ま、ま、真ちゃん……美希ちゃん達……」

真(雪歩が完全に戦意喪失してしまった……ボク一人が行ってもあの点数に勝てるわけがない……棄権かな……)



800:まさか00るとは思わなんだ:2014/02/18(火) 22:08:32.09 ID:uJMLMiLMP

SCORE42,139
ジャックポットなの!
美希 Lv3 143+50/200 Vi38+5
響 Lv3 2+10/200 Da33+3
貴音Lv2 88+10/100 Vo32+3
伊織Lv2 1+10/100 Vo41+3

オーディション控室

美希「真くん……話してもらうの、やよいのこと、全部」

真「う……言うよ!負けた時は素直に言えって言ってたし……」

雪歩「真ちゃん……」

真「僕達の知っていることを全て話そう、やよいは……生まれた時から既に……」

真「特別な存在なんだ!」



807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 22:17:50.27 ID:uJMLMiLMP

P「特別な存在?」

真「1000年前に滅んだ旧文明、そこにはボク達には想像のつかないような機械があったんだ」

真「馬より早く魔力0で走る車とか、人の頭より早く自動で計算できる機械とか……そういうものすごいものの残骸が埋まってるんだ」

真「その発掘現場からこれが出てきたんだ」ペラ

美希「なにこれ……変な容器なの」

真「この容器は腐らないプラスチックっていう透明な物質でできてるんだ、多分これを大切にとってた人間が永久に腐らないようにって入れたんだろうね」