2 名前:774RR[sage] 投稿日:2013/12/22(日) 10:28:42.12 ID:E8VoN8GX
昔昔、鶴を助けたおじいさんがいました。これはそんなおじいさんのお話。

鶴を助けた日の晩、美しい娘さんが「道に迷ったので泊めて欲しい」
と尋ねてきました。おじいさんとおばあさんは、喜んで家に招きいれました。
次の日、娘さんが言いました。
「私はこれから機を織ります。機を織っているところは覗かないで下さいね。」
そんなことを言われては覗きたくなってしまうもの。
2人がこっそりとふすまを開けて中を覗こうとした瞬間―
「あ、あれ?」ふすまを開けたはずなのに、ふすまは閉まっています。
これは決して催眠術だとか超スピードとかそんなチャチなものではありません。
おじいさん達はもっと恐ろしいものの片鱗を味わいました。