戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52085843.html


楽「ハニートラップ対策?」鶫「そうだ」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

楽「ハニートラップ対策?」鶫「そうだ」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:13:49.96 ID:V3J5QHzMo

楽「いやハニートラップってお前、誰が俺にするんだよ。意味ねえだろ」

鶫「そうか? 日本有数の広域暴力団集英組組長の一人息子、一条楽」

楽「うっ」

鶫「どうした? 国際的ギャングビーハイブ首領の一人娘の恋人、一条楽」

楽「わかったよ! それで俺にどうしろってんだ?」

鶫「……」カアァァ

楽「おい、鶫?」

鶫「…………」カアァァ

楽「おーい。鶫さーん?」

鶫「わ、」

楽「わ?」

鶫「私が、貴様に耐性をつけてやる!」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:15:46.24 ID:V3J5QHzMo

楽「…………は? え、いやちょ、お前何言ってんの!?」

鶫「聞いてのとおりだ。私が貴様にそういう耐性をつけてやる」

楽「耐性をつけてやるって何するつもりなんだよ」

鶫「その前に、貴様は、その、お嬢と何をした?」

楽「え? 何って?」

鶫「だ、だからその……お嬢とどこまでしたかと聞いているんだ」

楽「どこまでってだからなんだよ?」

鶫「ぐっ……お、お嬢とキスとか、そ、それ以上のことをしたのかと聞いているんだ!」カアァァ

楽「なっ、す、するわけねえだろ!」カアァァ

鶫「そ、そうか」

楽「ああ。で、それがなんなんだ?」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:16:12.53 ID:V3J5QHzMo

鶫「つまり貴様は女性への耐性が少なく、ハニートラップにかかりやすいわけだ」

楽「まあそうだろうけどよ」

鶫「だから私が耐性をつけてやるんだ!」

楽「だからそこがおかしいって! なんでお前がそんなことするんだよ!」

鶫「貴様がハニートラップにかかって集英組だけが被害を受けるならどうでもいいが、貴様はお嬢の恋人だ」

鶫「貴様がハニートラップにかかった場合、ビーハイブにも被害が及ぶ可能性がある。それは見過ごせないというわけだ」

楽「……いや、それにしたってお前がやる必要はねえだろ?」

鶫「この対策は当然ながらお嬢には秘密で進められる。貴様のそばに突然見知らぬ女性が現れたら不自然だろう」

楽「そりゃそうかもしれねえけど……まあいいか」ハァ

楽「それで結局何するんだよ。デートでもするのか?」

鶫「いや、そういうのではない」

楽「違うのか。じゃあ何するんだ?」

鶫「…を…め」ボソッ

楽「え? もう少し大きい声で言ってくれ」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:16:41.04 ID:V3J5QHzMo

鶫「だ、だからその……」

楽「うん」

鶫「わ、私の胸を揉め!」カアァァ

楽「あーお前の胸を……ってええ!? な、何言ってんだよ!」

鶫「き、聞いてのとおりだ。わ、私の胸を触れば耐性もつくだろう」

楽「だからってお前なんでそんな命令受けてんだよ! 断れないってんなら千棘に言って……!」

鶫「そ、それはやめろ!」

楽「ふざけんな! こんなお前の気持ちも考えないような命令見過ごせるか!」

鶫「ち、違う! 別に強要されているわけじゃない!」

楽「え? それってどういう……」

鶫「か、勘違いするな。だからといって好き好んでいるというわけではない」

楽「どっちなんだよ」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:17:20.27 ID:V3J5QHzMo

鶫「私以外に適任がいないというのもあるが、その……私の胸は平均より大きいだろう?」ギュッ

楽「お、おう」フイッ

鶫「正直なところこの胸は動くのに邪魔で小さくなればいいと思っている」

鶫「そして、胸は好きな人に揉まれれば大きくなるという話を聞いた」

楽「よく話がつながらねえんだけど……」

鶫「好きな人に揉まれれば胸が大きくなるというなら、嫌いな奴に揉まれれば小さくなるはずだ」

楽「う、うん?」

鶫「そして私は貴様が嫌いだ……つまり」

楽「つ、つまり?」ゴクリ

鶫「貴様が私の胸を揉むことで私の胸は小さくなるのだ! お、お互いにメリットがあるのだから気にすることはない」

楽「……んなわけあるかー!」

鶫「ないと言い切れるのか!?」

楽「言い切れるのかって……いやそりゃ言い切れるのかって言われたら難しいけどさ」

鶫「なら決まりだ。どのみちハニートラップ対策はやらなければならないんだ」

楽「いやでもやっぱりこういうのはよくねえって」

鶫「……そこまで嫌か?」

楽「い、嫌ってわけじゃねえけど」

鶫「ならいいだろう。お嬢に言うようなことはしないから安心しろ」

鶫「断った場合、おそらく私以外の者が来る。どちらがいいか決めるといい」

楽「……わかったよ。嫌ならすぐ言えよ?」

鶫「ああ。それじゃあ行くぞ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:17:48.20 ID:V3J5QHzMo

――体育倉庫――

楽「こ、ここでやるのかよ」

鶫「定番だと聞いたのだが……」

楽「なんの定番だよ!」

楽「……まあいいか。それじゃその……」

鶫「う、うむ。す、好きにしていいぞ」グッ

楽「お、おう」

鶫「……」ドキドキ

楽「……」ソーッ

鶫「……っ」ドキドキ

楽「……」モミ

鶫「ひゃぅ」ピクン

楽「うお……」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:18:22.52 ID:V3J5QHzMo

鶫「な、なんで貴様が声を出すんだ」

楽「わ、悪い。その、こんな柔らかいとは思わなかったんだよ」

鶫「なっ!」カアァァ

鶫「き、貴様はなんでそんな馬鹿なことを言うんだ!」

楽「しょ、しょうがねえだろ。大体触れって言ったのは鶫じゃねえか」

鶫「感想を言えとは言ってない!」

楽「そりゃ言ってねえけどさ」

鶫「これからは黙ってやれ!」

楽「わかったよ」

楽「……」モミモミ

鶫「……んっ」ピクッ

楽「……」モミモミ

鶫「ふ……んぅ」

楽「……」モミモミ

鶫「……黙って触るな!」

楽「お前無茶苦茶言ってるぞ!?」

……





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:18:49.53 ID:V3J5QHzMo

鶫「お、おい。そろそろ……」

楽「お、おう。わかった」パッ

鶫「30分くらいか。よく飽きもせずにしていたな」フン

楽「理不尽にも程がねえかそれ」
然部屋に寄ってくかなんて言ったんだよ?」アセアセ

鶫「その、おっお嬢が言っていたことを試してみようと思ってだな」

楽「千棘が言ってたって……名前で呼んだらどうかってやつか?」

鶫「あ、ああ。その、あまり人に見られたくないからな」

楽「いきなり変えるとこ見られるのはちょっとやだよな」

鶫「うむ。……で、では行くぞ」

楽「おう」

鶫「……ら、楽。お茶の味はどうだった?」

楽「……!」ドキッ



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:29:49.95 ID:n9Fpb99Wo

鶫「なっなんだ。まずかったのか?」オロオロ

楽「い、いや。んなことねえよ。ただ名前で呼ばれたのが思ったよりドキッとした」

鶫「そうか。よかった……」ホッ

楽「ああ。お茶はうまかったよ。誠士郎」

鶫「……」

楽「あ、あれ? なんか不満?」

鶫「その誠士郎と呼ぶのはやめてくれ」

楽「え? じゃあなんて呼べばいいんだよ」

鶫「前に貴様が言ったやつがあっただろう? 誠でいい」

楽「わかった。でも誠士郎って名前嫌なのか?」

鶫「嫌なわけがないだろう! たとえ男と思っていたとしても、クロード様がつけてくださった大切な名前だ」

楽「ああ、だよな。でもじゃあなんでだ?」

鶫「……き」

楽「き?」



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:30:23.04 ID:n9Fpb99Wo

鶫「きっ貴様には、その……お、女の子らしい名前で呼んでもらいたいのだ」カアァァ

鶫「……それに誠というのも、クロード様と同じく大切な、お前がつけてくれた呼び名だからな」

楽「お、おう……わ、わかった」カアァァ

楽「んじゃ改めて……誠。お茶うまかったよ。ありがとう」

鶫「!」ズキューン

鶫(こっこれはダメだ! ダメになる! ああもう、ひどい顔をしているのが見なくてもわかる! 部屋でやっていてよかった……)ブンブン

楽「喜んでもらえてるみたいでよかったよ」ズズ…

鶫「し、しばらくの間、誠と呼ぶのは2人きりのときだけにしてくれ」カアァァ

楽「了解」



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:31:57.12 ID:n9Fpb99Wo

楽「もう遅いしそろそろ帰るよ」

鶫「あ……もうそんな時間か」

楽「さすがに女の子の家にいつまでもいるわけにはいかねえしな。それにポーラが帰ってきたら殺されそうだ」

鶫「いや、あいつの場合は面白がって入らずに見ているな」

楽「ああ、それもありそうだな」アハハ

鶫「ふふ……」ジー

楽「ん? なんかついてる?」ゴシゴシ

鶫「いや、幸せだと思ってな……」

鶫(橘万里花はもちろん、お嬢も、もしかしたら小野寺様もこいつのことを思っていて、それでもこいつは私を選んでくれた)

鶫(きっと、こういう場合はなんでと思うより、素直に嬉しいと思ったほうといいのだろう。馬鹿な私だがようやくわかった)

鶫(お嬢や小野寺様が何も言わなかったのもおそらくそういうことなんだろう。橘万里花はまあ別だろうが)クスッ



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:32:38.41 ID:n9Fpb99Wo

楽「おっ」

鶫「なんだ変な声を出して」

楽「いや、最近のお前ってときどき考え込むことあるけど、そういうときって最後まで大体難しい顔してるんだよ」

鶫「そうなのか?」

楽「そうなんだよ。でも今は考え込んだ後笑ってたから、良かったなって思って」

鶫「そうか」

楽「俺も今すげー幸せだよ。お前のおかげだ。ありがとう、誠」

鶫「私もきさ……お前といられてすごく幸せだ。ありがとう、楽」

楽「……別に貴様でも言いやすければいいぞ?」

鶫「いや直す! いつまでも恋人に貴様というのはおかしいだろう?」

楽「そっか。まあ時間はこれから先いくらでもあるから、直すにしても焦らなくていいからな」

鶫「……そうだな。これから先もお前といられるんだな」

楽「ああ、お前が俺を振らなきゃだけど」

鶫「そんなことはありえん。私の方こそお前に捨てられないか心配だ」

楽「俺にはもったいないくらいの相手なのになんで俺が振るんだよ」

鶫「……ふふっ」

楽「……ははっ」

鶫「楽。これからもずっと一緒
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月02日 23:00
      • >鶫「……」カアァァ

        はいはいカラスカラス
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月02日 23:54
      • 5 原作も鶫ENDはよ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務