化粧品メーカーとして有名な資生堂が、「毛髪再生」医療事業参入することが

わかりました。


https://plus.google.com/+PelosincirugiaGIC/videos

国内の化粧品市場が伸び悩む中、資生堂は近年注目される「毛髪再生」治療事業に参入。

今年の11月ごろから事業化し、カナダのベンチャー企業レプリセルライフサイエンス社と協力しながら、

将来的に毛髪再生治療商品を国内でリリースしたいとしています。

資生堂による具体的な治療方法としては、患者の毛髪がある部分から直径5ミリほどの「底部毛根鞘

細胞」(ていぶもうこんしょうさいぼう)を切り取り、数ヶ月かけて培養させた後に脱毛している部分に

注射・移植して、毛髪の再生を促すというもの。

画像:【底部毛根鞘細胞の培養】
底部毛根鞘細胞の培養
http://www.shiseidogroup.jp/rd/development/medicalcare.html

資生堂新領域研究センターの岸本治郎再生医療プロジェクト室長は

「当初は脱毛外来を持つ大学病院などの基幹病院で、有効性を確認しながら提供し、2018年には広く使えるようにしたい」

と話しています。

資生堂の参入の背景には、万能細胞と呼ばれる「iPS細胞」の発見とそれを利用した毛髪再生研究が

進んできていることもあります。

「iPS細胞」の毛髪再生利用には、例えば慶応大学病院皮膚科につとめる大山学准教授は「iPS細胞」

とマウスの細胞を用いて、毛髪の根本にある毛包を再現し、まだ大きさは本来の毛包の1/20の小ささ

でまだ産毛程度と不完全ながら、毛の再生にも成功。

研究がさらに進めば、人間の頭皮から髪の毛がなくなり、毛髪を作る機能がなくなってもふたたび再生

させることが可能となり、大山准教授は

「iPS細胞による毛髪再生ができれば、育毛剤や養毛剤の開発が一気に進むはず」

と期待を口にしています。

ただし、「iPS細胞」から作った毛はまだ高く、現在1本100万円程度。

自分の別の部分から毛を移植して発毛させる「自毛植毛」では1000本の移植で数十万~200万程

度とコストではまだまだ見合いません。

しかしながら、前述の岸本室長も

「自毛植毛と勝負できる価格設定にする」

と意気込んでいます。

今回の件に【ネットの声】は・・

  • 朗報だな
  • 自毛植毛で十分じゃないのか?
  • 俺はハゲてきたから剃ってる
  • >1本100万円 高すぎる
  • 貧乏人はハゲても我慢しろというのか・・
  • もし他人の毛髪からも移植できたらノーベル賞もんだな
  • ハゲの遺伝子を減らす方法も開発してくれ
  • 海外だとハゲでもモテる奴いるよな
  • 日本だとハゲてるだけで敬遠され易いから遺伝子が途絶える
  • STAP細胞はどうなった

などがあるようです。

もう少し年数がかかりそうですが、毛髪治療が広まれば、ハゲや薄毛に悩む人もグッと減りそうですね。

期待したいと思います。