戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52087486.html


藤原肇「夜空に輝く、六等星」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

藤原肇「夜空に輝く、六等星」

1 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:06:30.26 ID:XRzRiQgw0

モバマスSSです。地の文あり。



2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:07:47.22 ID:XRzRiQgw0


体重をかけて、ぐいと土を押し込みます。


そうして伸びた土を持ち直し、折り重ねるようにしてまた、押して引き伸ばして。


何度か繰り返して、力を込めながら少しずつ形を丸くしていきます。


「おお……慣れた手つきですね」


おじい……いえ。


祖父にずっと教えてもらっていましたから。


「陶芸はいつから始められたんですか?」


そうですね、と私は手を止めずに考えてみます。


けれども、どこまで記憶を遡っても答えは答えは見つかりませんでした。


「……ずっと小さな頃からですね。もしかしたら、物心ついた時からかもしれません」


少しだけ困ったように言うと、そうですか、とスタッフさんは笑い返してくれました。




3 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:09:01.14 ID:XRzRiQgw0


「どおりでお上手な訳で……」


カメラマンさんが、私の隣で土を捏ねる彼へとカメラを向けました。


「……どうして私まで、陶芸を……っ!」


「こうやって、伸ばしたら手前に返すんです。そのままだと土が均一になりませんからね」


私がお手本を見せると、彼も力を込めて土に体重をかけます。


「そう、そのまま……お上手ですよ、――さん」


少しずつ土が押し伸ばされて、左右へと伸びてゆきます。


「そうしたら今度は縦に持って、中心を奥に押しこむように……」


段々と手慣れてゆく、彼の手付き。


負けていられないなと感じて、いっそう力を込めました。




4 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:10:29.88 ID:XRzRiQgw0


「そろそろ頃合いですね。――さんはいかがでしょうか」


土を受け取って軽く捏ねてみます。


「……どうですか、肇先生」


「ええ、大丈夫そうです。よくできました」


冗談めかして笑うと、スタッフのみなさんも笑って。


「流石は肇ちゃんのプロデューサーさんですね」


「土を捏ねるなんて……幼稚園か、小学校の頃以来ですよ」


昔の私より、ずっとお上手ですよ。


「昔って……いつの昔なんだ」


「幼稚園の頃の私よりは、お上手です」


あんまり褒められてる気がしないな、と苦笑いをされてしまいました。




5 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:11:44.85 ID:XRzRiQgw0


――――――――――――――――――――


5月も半ば過ぎ、少しずつ気温が上がってゆくのを感じる頃。


彼から連絡を貰い、授業を終えて校門の前で迎えを待っていました。


先に帰路へつく友人達に手を振りながら、しばらくして。


見慣れた、そして乗り慣れた事務所の公用車が敷地の近くに止まりました。



「……すまないな。待たせたか」


私も今来たところですよ、とシートベルトを締めました。


何かあったんですか、と聞くと、彼は悩んだような素振りを見せて、


「そうだな……悪い話では、ない。……いい話だ」


一体どんなお話なのかな。


楽しみに待っていましたが、彼は事務所に着いたらな、としか教えてくれませんでした。




6 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:13:21.22 ID:XRzRiQgw0


「岡山での仕事が来ている……陶芸や自然体験のリポートだ」



驚きのあまりに、私は口をぱくぱくとさせていました。


それを見て彼もつられて驚いたけれど、さらに話を進めます。


ですが、彼の話はちっとも頭には入ってきませんでした。


「……肇、聞いてるか?」


「え……っと、はい。聞いてます」


咄嗟の嘘は彼には筒抜けだったようで、もう一度教えてくれました。




7 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:15:32.87 ID:XRzRiQgw0


「日程は6月の第二金曜日から日曜まで……13日から15日までだな。場所は岡山の……」


そこは、昔両親に連れて行ってもらったこともあるアウトドアレジャー施設でした。


大きなキャンプ場に釣りの出来る渓流に、ずっと大はしゃぎだったなぁ。


「ちなみに新しく出来た陶芸体験が……ロケのメインらしい」


リポーターとして私が適任だと思われたらしく、お話が来たのだとか。


「あまり向こうでゆっくりする時間はないかもしれないが……どうする?」


もちろん答えは、とびきりの笑顔で返します。


「私で良ければ……是非、やってみたいです!」


わかった、と告げる彼の顔にも、少し笑みがこぼれていたのがわかりました。




8 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:17:13.29 ID:XRzRiQgw0


そうして、当日。


午前中まで授業を受けてから、新幹線に乗って岡山へ。


夕方前には岡山に着くそうです。


「今日はスタッフへの挨拶だけだ……終わったら、どうする?」


おじいちゃんに会いに行きますか、と聞いてみます。


彼がぎょっとしたのを見て、すぐに冗談ですと笑いました。


「……肇。心臓に悪いぞ」


でも、おじいちゃんは貴方のことがきっと好きですよ。


「いや……有り難いんだがな。どうも緊張するんだ」


確かに、おじいちゃんは厳しい人ですからね。


そういう訳じゃないんだがな、と彼は曖昧に答えました。




9 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:18:43.64 ID:XRzRiQgw0


――――――――――――――――――――


少しずつ丸くなるように捏ねながら、次の工程へ。


「左手を上に添えて……そう、それから右手の親指を左手の親指にくっつけるように置いて……」


「……こうか」


横からずっと見ていたインストラクターのおじさんが、ほうと頷きます。


「流石は肇ちゃんだね。藤原さんそっくりだ」


「いえ、おじさんや祖父にはまだ及びませんよ」


おじさんはおじいちゃんの昔のお弟子さんで、私が小さい頃は家によく遊びに来ていました。


今は自分の工房を持ちながら、こうして施設のボランティアとして陶芸を教えているのだとか。


「――さん、こうやって回すように押しこむんです」


「……こうか」


ぎこちなく土を回す彼を見て、おじさんがスタッフさんに話しかけます。


「ははは、分かったでしょう。肇ちゃんの凄さが」


……カメラが止まったあとで、彼が納得行かないとぼやいていたのは内緒です。




10 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:20:09.69 ID:XRzRiQgw0


――――――――――――――――――――


おじさんのアドバイソの顔を、照らしたのでした。







34 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 21:10:34.75 ID:XRzRiQgw0

以上で終わりです。
肇ちゃん誕生日おめでとう!



転載元
藤原肇「夜空に輝く、六等星」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402830390/
屋へと入ります。




28 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 20:59:32.41 ID:XRzRiQgw0


お互いに、窓際のチェアに座って。


明かりの消えた部屋からは、綺麗な夜空が色とりどりの光を放っています。


「……ねぇ、――さん」


私はあんな風に、輝けているのでしょうか。


星の光は、誰かに届いているのでしょうか。


分かりきった答えを、彼に求めます。


私の思いを、確信に変えるために。



「……今日、肇のファンの子に出会ったろ。ええと……そう。悠貴ちゃんだ」


彼女があんな風に笑っていた、それだけで十分だろう。


「誰かを笑顔に出来るんだ……十分、肇は輝いているよ」


「そう……ですね」




29 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 21:00:44.55 ID:XRzRiQgw0


もっと、自信を持ってもいいんだよ。


彼の言葉がまた少しずつ、私をただの女の子から、アイドルへと変えてゆく。


「……私には、大きな太陽がいてくれますからね」


私を輝かせる、他の誰でもない光。


あなたがいるから、私は。



「……そんな、大層なものじゃないさ」


彼はなんだか寂しそうに、笑いました。


でも、と飛び出しかけた言葉を、飲み込みます。


「太陽がそんなに近くにいたら……いくら照らしても、周りの星は見えないからな」


太陽みたいに自分から輝くのは、肇なんだよ。


自分から光を放って、誰かをまた照らすんだ。


彼の言葉が、一筋の流れ星のように。


私の頭の中を突き抜けてゆくような気がしました。




30 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 21:03:15.35 ID:XRzRiQgw0


「だから……俺は、六等星くらいで十分だよ」


「……六等星、ですか」


人の目で、ぎりぎり見えるか見えないかの光。


それでも、その光に何度照らされて、勇気付けられてきたことでしょうか。


「……そうですね。――さんは六等星です」


夜空に輝く、六等星。


それはきっと、地球から見た明るさなのかもしれません。


「でも……知っていますか?夜空を彩る星のほとんどは、自分から輝いている星なんですよ」


私から見たあなたは誰よりも輝いていて。


私を、私の道を、照らしてくれているのですから。



あなただって……誰かを、私を照らす光なんですよ。





31 : ◆.FkqD6/oh. 2014/06/15(日) 21:06:12.24 ID:XRzRiQgw0


「……肇」


分かっていますよ、と呟きます。


なんだか恥ずかしいので、目は合わせずに、星空を見つめて。


「私は、アイドルですから」



……でも、今だけは。


私も、ただの女の子に戻っても、いいのかな。


「……そうだな」


彼がそっと、こちらに向かうのが分かりました。


真っ暗な部屋に、星明かりだけが差し込んで。


「今だけは……肇は、ただの藤原肇でいい」


ぽんと、彼が頭に手を乗せたのでした。

<
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:44
      • タイトルで※欄確認余裕でした
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:45
      • 確認したけどまだわからない
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:50
      • 5 天に輝く五つ星!

        イズルじゃないぞ。安心しろ
        ちょっぴりヘタれかもしれんが
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:54
      • 3 普通に良かった(KONAMI巻)
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:56
      • 六等星はやめろ
        椎茸先生を思い出すから
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:56
      • 1 もうモバマスはいいよ……
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:57
      • 肇が出てまたイズルPかって思ったら違った

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務