戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52087492.html


ギンコ「この文は……差出人は真白か」カサ|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

ギンコ「この文は……差出人は真白か」カサ

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:25:11 ID:JZDjhxuw

小紅「……」トントントン

小紅(なんだか最近腕が……何処かにぶつけただろうか?)グッグッ

真白「小紅? どうしたんですか?」

小紅「いや、何だか腕が動かし辛いような気がしたんだ。多分何処かにぶつけたんだと思う」

白夜「小紅、大丈夫か?」

小紅「ああ、大した事無いから気にしないでくれ」

真白「こんな事、紅緒に聞かれでもしたら大騒ぎしますよ?」

小紅「あはは、そうだな。気をつけるよ」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:27:49 ID:JZDjhxuw

真白「小紅?」

小紅「なんだ?」

真白「肘の所、痣ですか?」

小紅「え? 本当か? うーん、私には見えないなぁ。後で鏡で見てくるよ」

真白白夜「え?」

小紅「ど、どうしたんだ二人して。私、何か変な事を言ったか?」

真白「いえ……ですがこれは」

白夜「……」コクリ



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:30:39 ID:JZDjhxuw

小紅「え? え? 本当にどうしたんだ?!」

真白「いえ、小紅は気にしないで下さい。腕の事も平気ですので」

小紅「何か重大な病気とかか?!」

白夜「大丈夫……大した事無い」

小紅「さっき二人で目配せしていたよな! 本当に大した事無いのか?!」

真白「勿論です。大船に乗ったつもりでいて下さい!」フンス



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:33:40 ID:JZDjhxuw

一ヵ月後
小紅(うーん、二人は大した事無いって言っていたけど……最近余計に腕が動かない時がある)

小紅(病院行くべきかなぁ……姉様に知られたら大事になるし……)ピンポーン

小紅「あ、はーい」ガチャ

ギンコ「どうも」

小紅「? どちら様ですか?」

ギンコ「旅の蟲師をしているギンコってもんだ。三峰真白に呼ばれたんだが在宅しているだろうか?」

小紅(真白の客人か)

小紅「今呼んできますね」

ギンコ「ああ、すまんね」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:40:00 ID:JZDjhxuw

小紅「真白、お客さんが来てるぞ」

真白「え? 私にですか?」

紅緒「珍しいわね……はっ! まさか真白たんの可愛さにあてられた変質者!!」

真白「なに馬鹿な事を言っているんですか。玄関まで聞こえますよ」

小紅「ギンコ、って言う人だぞ」

白夜「え……」

真白「はああああ!? ギンコですってえぇぇ?!」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:45:18 ID:JZDjhxuw

真白「なんでいるんですかぁ!! ギンコぉ!!」

ギンコ「よう、久しぶりだな」

真白「来る前に連絡して下さいって書いたじゃないですかぁ!」

ギンコ「文は送ったんだがな。俺のが先に着ちまったか」

真白「おまけにもう一ヶ月も経っているじゃないですかぁ!」

ギンコ「なんだ? 急ぎの用じゃないって書いたのはお前だろ」

白夜「ご無沙汰してます」

ギンコ「よう、白夜も元気そうだな」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:50:48 ID:JZDjhxuw

紅緒「どういう知り合いなのかしら?」

真白「蟲を生業にしている人です。私自身もお世話になった事がありますよ」

白夜「村もお世話になっている」

小紅「虫、え? なんだって?」

紅緒「昆虫に関する学者とかじゃないのかしら?」

ギンコ「俺達の範疇の蟲ってのは昆虫じゃあない。そして、俺達とは異なる命の在り方をしているものだ」

ギンコ「見える者と見えない者がいるからな。お前さん達には見えていないのだろうな」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 21:56:23 ID:JZDjhxuw

ギンコ「で、どんな蟲患いだ?」

真白「紅緒がいますが……まあこれで解決するしいいですか」

紅緒「なになに? 真白たんがあたしの心配をしてくれるの?」

白夜「小紅の腕を見て下さい」

小紅「え? 私?!」

真白「この間の腕の事、蟲が原因ですよ。まあ私もそれが膝になった事がありますし」

ギンコ「腕にか。少し見せてもらってもいいか?」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 22:00:18 ID:JZDjhxuw

小紅「あの、どうでしょうか?」

ギンコ「確かに蟲が原因だな。とは言え大したもんじゃないしすぐ治る」

ギンコ「薬を用意するから待っていてくれ」ガサゴソ

真白「ほら、大丈夫でしょう?」

小紅「いやまだ治った訳じゃないし」

紅緒「小紅、腕の調子が悪かったの?」

小紅「あ、はい。でも全然大した事無いですよ?」

紅緒「小紅~そんな大事な事を黙っていたの~?」モモモ

小紅「ギ、ギンコさん! その虫の話って聞かせてくれませんか?!」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 22:03:46 ID:JZDjhxuw

ギンコ「蟲の話っつてもなあ」ゴリゴリ

真白「そもそも小紅達は蟲について知らないですからね」

真白「その辺りの説明でもいいんじゃないですか?」

小紅「見えない人もいるって言ってましたけど、幽霊みたいなものなんですか?」

ギンコ「俺達のように存在しているとも、幻とも言えない」ゴリ

ギンコ「だが影響を及ぼしてくる。今の小紅のようにな」カササ

ギンコ「まあなんだ、世を構成しているものの一部だ。それ以上でもそれ以下でもない」サラサラ



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 22:07:53 ID:JZDjhxuw

ギンコ「そら、できたぞ」

小紅「粉薬ですか?」

ギンコ「いや、灸のようなものだ。そのままの体勢でいてくれ」

小紅「お、お灸ですか……」

紅緒「お灸?! 火傷したりしないのよね!?」クワッ

真白「私もやりましたけど、そんなに熱くないですよ?」

小紅「そういえば真白も昔これになったんだっけ?」

ギンコ「ああ、1,2年くらい前かね」

ギンコ「それ以前の蟲患いで訪れて以来、白夜達の村には時折寄らせてもらっている」

ギンコ「あそこの山は光脈筋で、質の良い薬草が採れるから分けてもらっているんだ」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/15(火) 22:11:26 ID:JZDjhxuw

小紅「こうみゃく、すじ?」

紅緒「なんだか次から次へと色んな話が出てくるわねぇ……」

ギンコ「まあお前さん達の与り知らない世界だ。気or="#ff0000">ID:Ps8OqKTU
ギンコ「何にせよ、そうした事は体調を整えてからじっくり考えればいいだろう」

紅緒「ほら、小紅」

小紅「……はい。あの、本当にありがとうございました」

白雪「気にしなくていいのよー」

ギンコ「ああ、そうだ。もしかしたらこれを機に、蟲が見える事があるやもしれん」

ギンコ「お前さんには物珍しいだろうが、影響を受け易い以上安易に近づいたりはせんようにな」

小紅「分かりました、気をつけます」



60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/15(日) 21:37:56 ID:Ps8OqKTU

……
真白「今日はカレーライスですかぁ!」ランラン

小紅「うんと甘くしてあるからな」

蟲「」フヨ

小紅「!」ピクッ

白夜「……」ハタハタ

蟲「」フヨー

紅緒「小紅? どうかしたの?」

蟲「」スゥ

「」

白夜「小紅」

小紅「うん、大丈夫。すぐに晩御飯の支度をしますね」


   ギンコ「この文は……差出人は真白か」カサ   終



転載元
ギンコ「この文は……差出人は真白か」カサ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397564711/
「言うに及ばず、小紅の事だ」

ギンコ「小紅、昨日の事は覚えているな」

小紅「……はい」

ギンコ「その時に見たことのない何かは見えなかったか?」

小紅「小さく光る微生物のようなものとか……色んなものが見えました」

ギンコ「それが蟲だ。お前さんはそれらに当てられ、一時的に周りから見えにくい存在になっていた」



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/15(日) 21:18:27 ID:Ps8OqKTU

ギンコ「問題はこの短時間に蟲の気を帯び、またここまで回復したかだ」

白夜「何か分かったんですか?」

ギンコ「確かな事は何も言えんがね。恐らく、三峰の力が関わっている可能性が高い」

ギンコ「三峰の者の多く、白雪や白夜達がそうであるように蟲が見える者が多い」

ギンコ「三峰の力そのものなのか、蟲が見える要素である妖質を多く持つ血筋か……」

ギンコ「そこまでは分からんが蟲に関わっていることには変わらん」

ギンコ「そして小紅には白夜の力が流れているわけだ」

小紅「……はい」



55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/15(日) 21:21:09 ID:Ps8OqKTU

ギンコ「半端にある所為か蟲の影響を受けやすいのかもしれん。三峰の者達が影響を受け易い訳ではないからな」

ギンコ「それ故に回復も早いのだろう、と考えられる」

紅緒「それって治す事はできないのよね」

ギンコ「残念ながらこうした話自体聞かんからな。ただ今までの生活で特別な蟲患いが無いのであれば」

ギンコ「そう問題は無いだろう。ただ念の為にこちらの薬を数日飲んでおいてくれ」

小紅「ありがとうございます」



56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/15(日) 21:24:40 ID:Ps8OqKTU

紅緒「この調子なら明日からの生活も大丈夫そうね」

真白「一時はどうなるかと思いましたよー」

小紅「ご、ごめん……」

ギンコ「何かあったらまた文を出してくれ」

真白「それですぐ来てくれるんでしたらいんですけどねー」

ギンコ「最悪、知人に様子を見てもらうように掛け合うさ」



57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/15(日) 21:27:17 ID:Ps8OqKTU

紅緒「では私達はこれで」

白雪「また何時でも遊びに来て頂戴ね」

真白「ギンコはどうするんですか?」

ギンコ「俺はもうしばらくここらで薬草を集めてから
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:18
      • ま さ か の ク ロ ス ! !
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:20
      • 俺得クロス
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:28
      • 未確認と蟲師とか…

        俺得
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:30
      • 何とのクロスか分からん私に誰か教えてエロい人
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:36
      • ※4
        分からんのに何故読んだ!?
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:51
      • ※4
        未確認で進行形と蟲師だよ
        読んでて話分かんなかったんじゃねぇか?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:57
      • モヤモヤする終わり方だ。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 22:58
      • 時代が違うが、いんだよ細けぇ事ァ。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月15日 23:08
      • 5 どちらの作品も大好きな俺にはクロスしただけでも十分すぎるほどにウハウハですわ!

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務