戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52094809.html


モバP「霊感少女が望む事」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

モバP「霊感少女が望む事」

1 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:42:44.84 ID:wUy7xbsQ0


--------------------

某日 事務所


P(……ホラー映画『聖靴学園の七不思議』は、上映されてから大反響を呼び、今年度上半期の映画興行収入トップという大成功に終わった)

P(おかげで事務所の売り上げも上昇。元々人気はあったので、今やウチのアイドルをテレビ・雑誌で見ない日は無い)

P(そして、多くのアイドルが映画で共演したおかげか、事務所内の空気は更に明るく、和やかな雰囲気にもなった)

P(どうやら普段話さない事務所仲間とも話す機会が出来たため、上から下まで隔たりが無くなったようだ)

P(そう……今回の映画撮影は大成功だった。ここにいる数多くのプロデューサーの1人として、本当に嬉しい)

P(……本当に嬉しいのだ。何から何まで嬉しいことずくめ、悪いことは1つもないんだが……その……)



P「……」チラッ

小梅「……♪」ギュ

P(今映画の主役であった担当アイドルの小梅が……あの撮影以来、俺から離れなくなりました)





※備考

白坂小梅・主演:『聖靴学園の七不思議』
org5219796




2 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:44:17.95 ID:wUy7xbsQ0


小梅「♪ ……♪」ギュギュ

P「あー……小梅?」

小梅「? Pさん、な、なに……?」ギュー

P「うーんと、傍に居ることは全く問題ないんだけどな。こう、ずっと腕に抱きつかれてるとPCのキーが……作業が出来なくて……」

小梅「あっ、ご、ごめんなさい……」パッ

P「ああいや、こっちこそごめんな。折角小梅が傍に居てくれるのに……しかも、立ったままで疲れたろ?」





3 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:45:17.68 ID:wUy7xbsQ0


小梅「う、ううん、だいじょぶ。それに……お仕事だから、悪いのは私…………あっ」ポフ

P「?」

小梅「ふふ……いいこと、思いついたの。……よい、しょ」カラカラ

P(小梅が隣のデスクから座椅子持ってきて……)

小梅「んしょ……こう、して。……こう」ポフン

P(……俺の隣に座椅子を付けて、座った)

小梅「これなら、立ったままじゃないし……そ、それに」

サワサワ

P「んおっ?」

小梅「邪魔にならないよう……Pさんに触れられる、ね? へへ……」パァァ

P(小梅が俺の腿を嬉しそうになでなでしてる…………くっそ可愛い)





4 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:47:47.71 ID:wUy7xbsQ0


P「お、おう、そうだな。……でも、俺の腿なんて触って楽しいのか?」

小梅「うん、楽しくて……Pさんの、傍にいる感じがするの」

P「……なるほど」

小梅「それが、すごく……嬉しい、です。えへへ……」テレレ

P(言って恥ずかしくなったのかテレテレしてる小梅くっそ可愛い。もう1回言うわ、小梅くっそ可愛い)





6 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:52:22.86 ID:wUy7xbsQ0


小梅「ぴ、Pさんは、そのままお仕事……して、いいよ?」

P「ん……そうだな。小梅はその為にこうしてくれたんだもんな。……ありがと、小梅」ナデナデ

小梅「あっ……褒めて貰うと……ぽかぽか、するね。不思議、不思議……」サワサワ

P「……仕事始めると俺、あまり話せなくなるけど平気か?」

小梅「うん、へ、平気。こうしてるだけで、私……十分だから」

P「……そっか。俺、集中しちゃうと声聞こえなくなるかもしれないから、何かあったらぺちぺちしてくれ」

小梅「うん、ぺちぺち……する。こう、かな……?」ヘヨッヘヨッ

P(ぺちぺちするためにダボダボの袖で素振りしてる小梅……可愛い)

P「ああ、それだけスナップ利いてれば大丈夫だ。じゃ、パパッと仕事片付けるから待っててな?」カタンッ

小梅「が、頑張ってね……?」サワサワ

P「おう、任せろ任せろー」カチッカチッ


カタカタ カタカタカタカタタ…


小梅「ふふ、Pさん、Pさん……♪」サワサワ




ちひろ(端から見ると小梅ちゃんがプロデューサーさんの太ももを触っているだけの光景に見えるんですが、何なんですかねアレ……?)



--------------------

----------





7 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:53:58.27 ID:wUy7xbsQ0


--------------------

次の日 事務所



小梅「……り、理由?」

P「そう、理由思いっきり聞きそびれてたからな。小梅、ここ最近はずっと俺の傍に居てくれるけど……何で?」

小梅「……知り、たい?」コテッ

P(お人形さんみたいに首傾げる小梅可愛い……)

P「ああ、知りたいな。前々からこうして一緒だったけど、こうも傍に居る事ってあんまり無かったし」

小梅「そっか……じゃあ、教えてあげる。私が……Pさんの傍に居る、理由……」





8 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 18:56:07.44 ID:wUy7xbsQ0


小梅「えと……わ、私……この前の撮影で、見つけたの。アイドル……ずっとやっていく、コツ」

P「あ、撮影って聖靴学園の時の事か? そういえば本番前、ロケ地の学校を探索してたときに小梅言ってたな……?」

小梅「うん、マキノさん、メアリーちゃん、奥山さん、響子さん……みんなで探検して、た、楽しかったね?」

P「俺としては、撮影よりも力入っちゃったなぁ。小梅と一緒にホラーっぽい場所たくさん探索して……怖かったけど、凄く楽しかった」

小梅「よ、良かった……あ、でも、初めからあの場所……わるい子、居なかったの」

P「七不思議と言っても、結局は《噂》だったんだよな。最後の噂以外は、アイドルやペットとかの仕業だったし……」





9 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 19:03:09.94 ID:wUy7xbsQ0


小梅「あ、そうじゃなくて……幽霊のこと、だよ?」

P「……はい?」

小梅「……え? あ……ごめんね、そうだったね……ううん、Pさん、なんでもない」フルフル

P「!? ま、待って小梅、今どこ見て話してたの? ちょっと小梅!?」

小梅「あ……話、逸れちゃったね。えっと、えーと……」

P「お、おう、その話は無かった事にするのな。な、無かったことでいいんだな? ……えーと、アイドルを続けるコツが、ど、どうしたんだ?」





10 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 19:05:36.67 ID:wUy7xbsQ0


小梅「あっ、う、うん。アイドル、ずっとやっていくコツ……。それはね……Pさんと、いっしょに居ること……なの」

P「……俺と?」

小梅「あ、アイドルって、生き残るの……難しいよね? だから、私を守ってくれるPさんと、いっしょに居れば……ずっとアイドル、出来ると思う」

P「守る、か。うーむ……すまん、小梅を守ってるつもりってなかったんだけども……」

小梅「ううん、Pさんと居ると……いつもが、もっと、楽しいことになるよ? だ、だから……」トテトテ

P「小梅?」

小梅「それが、とっても、守って貰えてる感じがして……う、嬉しいの」ピトッ

P(寄り添うように近づいて俺の腕つまんでる小梅め>




54 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 22:49:19.81 ID:wUy7xbsQ0


小梅「あ……Pさんの手、やっぱりあったかい…………ず、ずっとこうしてたい、かも……」ニギ

P「はは、流石にずっと手を繋ぐのは物理的に無理だなぁ。まぁ、小梅と居るときはなるべく繋ぐようにするよ」

小梅「えへへ、約束……だよ? あっ……あの子も、Pさんの事、大好きだから……いっしょに、繋いであげてね……?」

P「……もしかして、既に今、俺の逆の手にいらっしゃってます?」

小梅「い、いつもの私と同じくらい……ぎゅーって、抱きついてて……とっても、嬉しそう……!」

P「そ、そうか。ちょっと怖いけど……嬉しく思ってくれてるなら、俺も嬉しいかな」

小梅「ふふ……Pさん、やっぱり優しいね……。そ、それじゃあ……行こ?」クイ

P「ん、そうだな。ふふ、小梅とならどこまでも行くからな」ニギ

小梅「わぁ……! うんっ、私も、Pさんが側に居てくれると……アイドルも、映画の主演だって、できるの。だ、だから……」ギュー



小梅「だから……これからも、ずっと、ずっといっしょにいようね、Pさん……!」

P「おう、任せとけ任せとけ。じゃ、早速いっしょにお昼食べるぞー」

小梅「えへへ……うん、いっしょに、お昼食べる……♪」

テコテコ スタスタ…





ちひろ「……」カタカタカタ…

ちひろ「……うん。あのお2人が、一緒に末永く爆発しますように……っと」カタカタ

ちひろ「……ただのバカップルじゃないですか、もーっ!」カタカタカタ ッターンッ!





お わ り





55 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 22:51:30.64 ID:wUy7xbsQ0


小梅ちゃんが相変わらず可愛かったので、つい
聖靴学園の七不思議では、小梅ちゃんの成長っぷりが窺えてとても良かったですね。小梅ちゃんと百物語してみたい

小梅ちゃんの台詞の一部は、今までのレアリティの台詞と、アイドルプロデュース『聖靴学園の七不思議』の台詞を使わせて頂いております
それと、小梅ちゃんの嫌いな食べ物などについては、公式で言及されていないため勝手な妄想となっております。ご了承下さい


ここまで読んで頂き、ありがとうございました
予定は未定ですが、またの機会がありましたらよろしくお願いします



前作:モバP「クールな花屋の忠犬と」





転載元
モバP「霊感少女が望む事」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406626954/


小梅「Pさんと、お昼いっしょに食べて……そしたら、いっしょに……お出かけ。えへへ、す、凄く幸せ……まるで…………あっ」ピクッ





52 : ◆qKN1KEFb.k 2014/07/29(火) 22:38:30.69 ID:wUy7xbsQ0


P「……? どうした、小梅?」

小梅「あ……Pさん……私、私……凄く、リ、『リア充』みたい……!」パタパタ

P「はは、リア充か。リアルが充実していると思えるようになったのなら、それは小梅にとって良い事なんじゃないか?」

小梅「そ、そう、かな……?」

P「それに、もしも小梅が爆発しても、俺はずっと小梅と一緒に居るぞ。……それなら、いくら爆発しても大丈夫だよな?」

小梅「あ……ほ、ホント?」

P「ホントホント。今までもこれからも、俺は変わらず小梅の側にいるよ」

小梅「わぁ……し、幸せ過ぎるかも……! あっ、ど、どうしよ……嬉しいのに、嬉しいから、爆発しそう……爆発、す
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月29日 23:55
      • ムラムラした

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務