戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://ikuzi2pa.blog.fc2.com/blog-entry-6804.html


育児板拾い読み@2ch+α 母と伯母は「あ、おかえ……うぎゃああああああ!」と跳び退って走って逃げた
育児板拾い読み@2ch+α
201406<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201408
今までにあった最大の修羅場を語るスレ01
記事元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395466957/742

742 名無しさん@おーぷん sage 2014/07/26(土)17:32:05 ID:???
5歳くらいの時、母方の田舎に遊びに行った。

母と父は、伯母とその夫、祖父母と仲良く話し込んでいたので、
私はや一つ下の従弟と外に遊びに出た。田舎だから防犯意識なんてない。
一応、「庭から出ちゃ駄目」とは言われた。

で、庭というか、祖父母宅の敷地とお隣の敷地との境が、土手みたいになってた。
最初は葉っぱや花を見てたけど、従弟が小さな穴を発見した。

「掘ろうよ見てみようよ」と言う従弟と一緒に、従弟が見つけた穴を掘り返した。
中にはネズミの赤ちゃん沢山。

今なら絶対無理だけど、幼児って怖いもんなしだよね。
従弟と両手に一匹ずつぶら下げ、合計四匹連れて祖父母宅の縁側に。

母と伯母は「あ、おかえ……うぎゃああああああ!」と跳び退って走って逃げた。
父と伯父は母達より遠く逃げた。「来るな、寄るな、あっち行け!」など、
我が子に向ける言葉ではなかった。

祖母も「も、元のとこに戻してきなさい」と震えていた。
祖父だけが、部屋に残っていた。

大好きな祖母を震えさせたことが子供心に修羅場だった。

従弟と「可愛いのにね(´・ω・`)」「ねー(´・ω・`)」と土手に戻してきた。
「手、手を洗いなさい」とアルコール等で消毒しながら何度も手を洗わされた中、
祖父が母達に「寝たきりの親を置いておまえたちは…」と説教していた。


743 名無しさん@おーぷん sage 2014/07/26(土)18:29:49 ID:???
>>742
ネズミなのかそれw
微笑ましいな


745 名無しさん@おーぷん 2014/07/26(土)19:54:42 ID:???
>>742
もぐらだったとか。
でも、そんなにネズミって嫌い?私は平気なんだけど。
カエルも蛇も平気。
虫も結構平気。でもGとGに似た虫は嫌い。

関連記事
■前の記事:絆創膏
■次の記事:シャンプーしてたんですよ


■ 注 目 記 事 ■




copyright © 2014 Powered By FC2ブログ allrights reserved.