戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52096332.html


ケロロ「巨人の惑星を侵略であります!」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

ケロロ「巨人の惑星を侵略であります!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:52:17 ID:4a6PiCLI

850

エレン「アルミン、まだ起きてるのか」

アルミン「あ、ごめんエレン。もうじき寝るよ」

エレン「そんなところで何してんだ」

アルミン「星を見てたんだ」

エレン「星?」

アルミン「あの星の向こうには何があるんだろうって…そんなことを考えてたんだ」

エレン「…ほどほどにしとけよ。明日は固定砲の演習があるんだからな」

アルミン「うん…そうだね。じゃあお休み」

エレン「あぁ」

アルミン「…」

アルミン(…エレン、最近壁の外の話をしなくなったな…)

アルミン(…)

アルミン(…僕も寝よう…)



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:52:59 ID:4a6PiCLI

20XX 地球

冬樹「うーん…」カチカチ

ケロロ「冬樹殿ー!ちょっとお願いがあるんだけどー!」ピョコピョコッ

冬樹「うんー何ー?」カチカチ

ケロロ「あのねー!今週末、新しいガンプラが発売されるんだけど一緒に買いに行ってくれないー?」

冬樹「うんー」カチカチ

ケロロ「しかもしかも!限定生産の超レア物!これを逃したら次は無いであります!」

冬樹「うんー」カチカチ

ケロロ「ペコポン人スーツは今メンテ中だし、お願いであります!」

冬樹「うんー」カチカチ

ケロロ「ゲロ…」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:53:34 ID:4a6PiCLI

ケロロ「もうっ!冬樹殿さっきからパソコンばっかりいじって吾輩の話聞いてるでありますか!?」ピョイーン

冬樹「わぁ!軍曹?何?」

ケロロ「ゲロ…やっぱり聞いてなかったでありますな…さっきから何を熱心に見てるでありますかー?」

冬樹「うん。巨人伝説について調べてたんだ」

ケロロ「巨人?」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:54:12 ID:4a6PiCLI

冬樹「アフリカやメキシコなんかで昔から目撃情報はあるんだけど、実際にいたという明確な証拠はないんだ」

ケロロ「大方ちょっと大きい人か動を見間違えただけでありましょー?よくある話であります」

冬樹「うん…他にも巨人の骨や写真なんかはほとんど捏造されたもので信憑性はないんだ」

ケロロ「ちょっと大きいだけでUMA扱いされるなんて気の毒でありますなー」

冬樹「あはは…でももしいたら会ってみたいなぁ」

ケロロ「そうでありますか?凶暴な性格だったら恐ろしいだけであります」

冬樹「でも友好的な性格の巨人もいるかもしれないよ」

ケロロ「巨人なんて日向家の夏美巨人だけで十分でありますよー」

冬樹「ちょ…軍曹…」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:55:14 ID:4a6PiCLI

ケロロ「夏美の巨人のおかげで吾輩は毎日毎日労働の日々…まるで家畜であります」ヤレヤレ

冬樹「軍曹…後ろ…」

ケロロ「えー?何ー?」クルッ

夏美「…だーれが巨人ですって?」ガシッ

ケロロ「ゲロォ!?」

夏美「あんた、今日掃除当番でしょ?こんなところでサボってないでさっさとやりなさい!」ギリギリギリギリ

ゲロォー!!

冬樹「はは…」

二☆二☆二☆二☆
二☆二☆二☆二☆



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:55:50 ID:4a6PiCLI

地下基地

ケロロ「ゲロ…全くひどい目にあったであります…」ピョコピョコ

ケロロ「さぁーて、気を取り直して今日も侵略作戦でも考えるでありますかなぁ」

扉<プシューン

ケロロ「皆ーおまたせー…ってあれ?」ガラーン

ケロロ「なんだよー誰も来てないジャン。今日は侵略会議って言ってあったのにぃ」

モア「あの…おじさま…」

ケロロ「あ!モア殿ー!悪いんだけどさぁ、小隊の皆に召集かけてくれない?忘れてるらしくってさぁー」

モア「あのー…それがおじさま…みなさん、今日は欠席するそうで…」

ケロロ「えぇ!?なんでぇ!?」

モア「こちらにメッセージが…」

ケロロ「どれどれー」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:56:23 ID:4a6PiCLI

ギロロ:最近のお前の弛みっぷりには反吐が出る。しばらく反省しろ。

タママ:ぶっちゃけ変な作戦ばっかりで着いていけないのでしばらくお休みするですぅ。

ドロロ:ケロロ君。またこの間の作戦で僕を仲間外れにしたね…

クルル:横須賀に行ってきます。



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:56:59 ID:4a6PiCLI

ケロロ「キィァァ…」

モア「それとー…本部からペコポン侵略の催促メールが大量に…てゆーか四面楚歌?」

ケロロ「ひぃぃ!」

モア「侵略の進行、もしくはなにかしらケロン軍への得点稼ぎをしないとケロロ小隊はペコポン侵略権限を剥奪!他の小隊に引き継ぎされてしまうようです」

モア「…てゆーか最終通告?」

ケロロ「わぁぁぁ!どうしようー!小隊メンバーはいないしー!侵略は進まないしー!吾輩一体どうすればー!」オロオロオロ

モア「おじさま…」

ケロロ「ゲロォォォ!吾輩、もうおしまいでありま…」ハッ

ナレーター「その時!軍曹の灰色の脳みそに一つのひらめきが!」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:57:33 ID:4a6PiCLI

ケロロ「ゲーロゲロゲロリ…吾輩、思いついたであります…」

モア「本当ですか!?おじさま!」

ケロロ「そうだ…ペコポン侵略が進まないなら、先に他の惑星を侵略してしまえばいいのであります!」

ナレーター「また突拍子のないことを言い出しましたね」

ケロロ「吾輩一人で一つの星を侵略することでケロン軍へのアピールはバッチリ!さらに隊長としての威厳も回復!完璧であります!」

ナレーター「いや、どうでしょう」

ケロロ「モア殿!早速手頃な惑星をサーチするであります!」

モア「はい!おじさま!」

二☆二☆二☆二☆
二☆二☆二☆二☆



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/25(金) 23:58:16 ID:4a6PiCLI

モア「おじさま、ここなんていかがでしょう」

ケロロ「ふんふん…少し原始的だけど、この辺りが手頃でありますかな」

モア「それじゃあ、決定ですね」

冬樹「軍曹ー、姉ちゃんが…ってわぁ!何それ!?」

ケロロ「あ、冬樹殿!これはー…そのー…」ワタワタ

冬樹「どっかの惑星?わぁ!すごいなぁー!それにその荷物!もしかして…!」

ケロロ「え、えーっと…そう!ちょっと最近疲れ気味だし、旅行でも行ってリフレッシュしようかなーって思ったんであります!」

冬樹「わぁ!いいなぁー!」キラキラ



11 :以下、名無しがという形でよろしいでしょうか?」

「あぁ…そう伝えてくれ」

「はっ!失礼します!」ピョコピョコ

「…」

「…ケロロ軍曹…超☆隊長命令を使ったか…」

「…まったく…掴みどころのない男だ…」


219 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 20:02:16 ID:8fXZSF1o

二☆二☆二☆二☆
二☆二☆二☆二☆

地球

ケロロ「ふぅ~キルル退治したおかげで無事本部への得点稼ぎもできたし、一件落着であります!」

ケロロ「やっぱり我が家が一番でありますなぁ~」

ケロロ「…しかしあの立体機動装置という代物…なかなかのものでありましたなぁ…」

ケロロ「ゲ~ロゲロゲロリ…これは侵略に使えるであります!」



220 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 20:02:47 ID:8fXZSF1o

…………

エレン「アルミン、まだ起きてるのか」

アルミン「あ、ごめんエレン。もうじき寝るよ」

エレン「そんなところで何してんだ」

アルミン「星を見てたんだ」

エレン「星?」

アルミン「あの星の向こうには何があるんだろうって…そんなことを考えてたんだ」

エレン「…」



221 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 20:03:20 ID:8fXZSF1o

エレン「…オレも一緒に見てもいいか?」

アルミン「え…?」

エレン「…なんだよ」

アルミン「いや…珍しいなと思って」

エレン「…そうか?」

アルミン「…」



222 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 20:03:53 ID:8fXZSF1o

エレン「なぁ、アルミン」

アルミン「なに?」

エレン「この世界には、オレ達が想像できないようなものがたくさんあるんだろうな」

アルミン「…」

エレン「あの星にももしかしたら、オレ達みたいに暮らしてる生き物がいるのかもしれないな」

アルミン「…驚いた。僕もいま全く同じことを考えてたんだ」

エレン「本当か?」

アルミン「うん」

エレン「…」

アルミン「…」



223 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 20:04:26 ID:8fXZSF1o

エレン「…アルミン、いつか必ず、壁の向こうに行こうな」

アルミン「…うん!」

エレン「さ、もう寝ようぜ。明日は固定砲の訓練だ」

アルミン「そうだね。行こう、エレン」

ゲロッ

エレン「ん?」ピタ

アルミン「どうしたの?」

ゲロゲロッ ゲロッ

エレン「…いや、カエルが鳴いただけだ」タタッ



225 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 21:47:22 ID:JseeHXA6

二☆二☆二☆二☆
二☆二☆二☆二☆

夏美「さーて、お掃除も終わったしお部屋でゆっくりしようかな…」

バタン

ケロロ「うぉぉぉ!赤毛の巨人!覚悟するであります!」ビューン

夏美「きゃ!?な、なに!?」



226 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 21:48:18 ID:JseeHXA6

ケロロ「ケロン製立体機動装置を身に着けた我輩の機動力は通常の三倍!地球人など一匹残らず駆逐してやr」パシッ

夏美「…」ギリギリギリ

ケロロ「ゲ、ゲロォ!?」

夏美「…これは持論だけど、躾に一番効くのは痛みだと思うの…」ギリギリギリ

ケロロ「や、それはー…そのー…」ダラダラ

夏美「そんなことよりボケガエル?ここ何日、いなかった間の家事当番は誰だったかしら?」ギリギリギリ

ケロロ「え、へへ…」ダラダラダラダラ

夏美「…」

ケロロ(普通に考えれば簡単にわかる、こんなでけぇヤツには勝てねぇってことぐらい…)



227 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/10(日) 21:48:51 ID:JseeHXA6

ケロロ「キィィィヤァァァァァ!!!」

ナレーター「巨人より、キルルより、夏美ちゃんが一番怖いケロロ軍曹でありました」




転載元
ケロロ「巨人の惑星を侵略であります!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398437537/

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ