戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52099325.html


阿良々木暦「かおるファイア」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

阿良々木暦「かおるファイア」

1 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 17:59:11.25 ID:thWzpapF0

・化物語×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスです
・化物語の設定は終物語(下)まで
・ネタバレ含まれます。気になる方はご注意を
・終物語(下)より約五年後、という設定です

関連作品

阿良々木暦「ちひろスパロウ」

阿良々木暦「ののウィーズル」

阿良々木暦「あんずアント」

阿良々木暦「ふみかワーム」

阿良々木暦「になショウ」

阿良々木暦「きらりホッパー」

阿良々木暦「かなこエレファント」

阿良々木暦「まゆミミック」

阿良々木暦「みずきアワー」




5 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 18:14:35.15 ID:3/LdyvdFO



001


今思えばその数日は、龍崎薫と過ごした数日は、夏の最期の断末魔のような有様だった。

その日、僕は文字通りの炎天下にいた。
陽射しは容赦無く肌を焼き、汗腺から汗を次々と滲み出させる。
木々に張り付く蝉たちは我の生涯の証を立てん、とばかりに合唱し鼓膜さえにも予断を許さない。
その様相は、まさに煉獄と形容しても決して大袈裟ではないだろう。

紛うことなき真夏だ。
用意した二枚のタオルのうち、一枚はもうそろそろ物理的に使用不可になりそうだ。

ここは本当に日本なのだろうか、と疑いたくなる気温と湿度に辟易とする。
待ち人の為に用意したジュースも最早人肌にまでぬるくなってしまっている。
仕方ないな、来たら改めて買い直すとしよう。

「暑…………」

口にしたところで涼しくなる訳もなく、暑い。
本日の気温は下手をしたら四十度へ到達するらしい。

ここ数日はずっとこんな感じだ。
特に夏が嫌いなわけではないが、ここまで猛暑が続くとさすがにげんなりとしてしまう。

そんな中、僕は何をしているのかというと、ここで担当アイドルを待っているのだが、正直言ってもう限界に近い。
一応、木の下で直射日光は避けているものの、染み付くような湿度のせいで木陰程度では涼を取ることもままならない。
代わりに陽光を受けてくれている木には悪いが焼け石に水もいいところだ。
場所としては川沿いの堤道のため風通しは良いのだが、風が無ければそれもてんで意味を成さない。
出来ることならば今すぐにでも目の前の川に飛び込んでしまいたい位だ。

手をかざし太陽を隠し、空を見上げる。
融けるような暑気の中、僕の血潮は果たして良く見えなかった。



6 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 18:18:25.32 ID:3/LdyvdFO


「あ、鬼のお兄ちゃんだ」

「……斧乃木ちゃん?」

この暑気のためか人もほぼ見えない中、足音も立てずに斧乃木ちゃんが現れた。
片手に棒アイスを携え、いつもの無表情で僕の眼前に立つ。

……今の今まで近付いていることさえ気付かなかった。
暑さで相当参ってるのかな、僕。

「……なんでこんなところにいるんだ?」

「ちょっとカブトムシを探すついでに怪異関連の探しものをしていたんだよ、鬼のお兄ちゃん」

「いや、明らかに逆だろそれ」

斧乃木ちゃんは死体だからなのか、半袖とは言え暑そうなワンピースを着ているのに汗ひとつかいていない。
暑さを感じないのだとすれば羨ましい限りだ。

「そうかそうか。で、見つかったのか?」

「何言ってるの、冗談に決まっているじゃないか鬼のお兄ちゃん。式神である僕がカブトムシなんて子供っぽいもの求める訳ないでしょ? それにこんな都会のど真ん中でカブトムシが見つかるわけないじゃないか」

「そっちじゃねえよ」

いや、いつ如何なる時もどこからか平然とカブトムシを見つけて来るアイドルがうちにはいるんだが……。

「で、具体的には何を探しているんだ? 僕も協力出来るようならしてやるぞ」

「いらない。邪魔」

「ああ、そう……」

ひょっとしたら人の手が及ばない類の探し物なのかも知れない。
自他共に認めるお節介な僕だが、助けを必要としていない人を無理やり手伝うほど僕も厚顔無恥ではない。



7 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 18:21:45.71 ID:3/LdyvdFO


「この辺りにいる、って聞いて来たんだけれど見つからなくてね。一生懸命探してはいるんだけど」

「とても一生懸命には見えないけどな」

棒アイス片手に無表情で闊歩していても何かを探しているようには見えない。
ましてや一生懸命に傾倒しているかと問われれば限りなく違うと言わざるを得ない。

「鬼のお兄ちゃん、顔が悪いね」

「顔が!?」

斧乃木ちゃんから何の脈絡もなく、突如として発せられた暴言に気の利いた返しも出来ず鸚鵡返しにする僕。

名ツッコミ役として割と名を馳せてきた僕ではあるが、今はそんな元気もなければそこまで落ち着いている歳でもない。

「間違えた、顔色が悪いね」

「本当に間違えたのかよ!」

間違え方に悪意を感じるよ!

「暑いんだよ……そりゃ顔色も悪くなるさ」

「なに言ってるんだい、鬼のお兄ちゃん。顔が悪いのは元々じゃないか」

「やっぱりわざとじゃねえかこの野郎!」

ああ、怒鳴ると更に汗が吹き出してくる。

斧乃木ちゃんを無視してタオルを取り出し汗を拭い一息つくと、河に掛かっている橋の上に見慣れた人影が見えた。
キャミソールにミニスカートと如何にも夏を感じさせる格好をした少女が走ってこっちに向かってくる。

僕の担当するアイドルがひとり、龍崎だ。



8 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 18:25:00.40 ID:3/LdyvdFO


「やれやれ、やっと来たか」

「なにあの子。鬼のお兄ちゃんの新しいロリ奴隷?」

「新しいも何も僕にそんな犯罪臭がする存在はいない!」

「そうか、現状のロリトリオにあの子を追加してロリカルテットにするんだね」

「する訳ないだろ。僕の担当アイドルだよ」

斧乃木ちゃんの言うロリトリオは忍、八九寺、斧乃木ちゃんの三人のことだが、さすがにアイドルユニットとして売り出すのは無謀にも程がある。
全員人外の存在である、という如何ともし難い理由を除いたとしても、まともにユニットとして成立しないのが目に見えるようだ。

いや待てよ、シンデレラプロのロリ組でユニットを組むのもアリだな。

龍崎に市原に横山で新生ロリトリオ、更に佐城と福山も加えてロリクインテット、更に更に佐々木とメアリーと遊佐と赤城も加えてロリノネットでどうだ!

素晴らしい、天国じゃないか!

「鬼のお兄ちゃん、死体の僕がドン引きするくらいすごい顔してるよ」

「おっと、いかんいかん」

頬を張って表情を引き締める。
斧乃木ちゃんはともかく龍崎に僕の弛んだ表情など見せられない。
無邪気な子供にみっともない大人の姿は見せられないからね。



10 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 18:28:45.09 ID:3/LdyvdFO


「せんせぇー!!」

た。

「薫ちゃーん! 全力で行くっちゃよー!」

「行けぇッ、薫ーッ! そこだ、ブッ殺せぇーッ!」

「物騒だぞ向井……」

応援の助っ人になるだろうと向井を連れてきたのはいいが、期待に応えすぎだった。
徒競走の応援にぶっ殺せはないだろう。
いや、徒競走でなかろうと応援の際に使用する言葉ではない。
しかも声が地ででかいものだから、ものすごく注目されている。
注目されているのはそれだけが理由ではなさそうだけれど……。

改めて龍崎を見遣る。
トップを目指しひたむきに、そして一生懸命走るその姿は、ただの徒競走だというのにとても厳かで尊いものに見えた。

ああ、龍崎最高。

「またすごい顔してるよ、鬼のお兄ちゃん」

「うわぁっ!?」

「ふきっ!?」

また突然現れた斧乃木ちゃんの声に身体が仰け反り、思わず白坂を潰しそうになってしまった。
奇妙な悲鳴と共に背中に当たる柔らかな感触に、慌てて振り返る。

「だ、大丈夫か白坂!?」

「う、うん……だ、大丈夫」

「何をやっているのさ、鬼のお兄ちゃん」

「そっちこそ気配を消して現れるな! ……って、なに、その格好」

斧乃木ちゃんは、体操服とブルマを着た上で赤白帽を被っていた。
僕が言うまでもないとは思うが、見事なまでに似合っていない。
何気に髪を降ろした斧乃木ちゃんって初めてじゃないか?

一方、グラウンドでは見事龍崎が一位を取っていた。心の中で賛辞を送る。



31 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 19:12:52.06 ID:Q2FgfigzO


「カモフラージュ」

「ああ、そう……」

いいけど、今更ブルマ履いてる小学生なんていねぇよ。

実に悲しいことではあるが。

「で、こんな所にまで来て何の用なんだ」

「この間のおまけ」

そう言って差し出した斧乃木ちゃんの手には、小さな虫かごがあった。
中には、数匹の蛍が入っている。

「あげる」

「おい、これまさか……」

「ただの蛍だよ」

怪異の捜索中に見つけたのだと言う。
一瞬、迷籠蛍かと思ったが、ただの蛍ならば問題ない。

……いや、だからと言ってもらっても困るけど。

「じゃあね」

「せんせぇー!」

と、去ろうとする斧乃木ちゃんを留めるかのように龍崎が手を振りつつ走り寄ってくる。

「せんせぇ、かおるが走るの見ててくれた!?」

「ああ、凄かったな。おめでとう龍崎」

「あ、余接お姉ちゃん!」

「やあ薫、今日もロリかわいいね」

「ろり……? わ! 余接お姉ちゃん、パンツのままお外に出ちゃだめだよ!」

「いや龍崎、それは……」

パンツじゃないから。
かつて日本の隆盛を手助けした至高の遺産だから。

「大丈夫。パンツじゃないから恥ずかしくないんだよ」

「…………」

「薫、一位のお祝いにこれあげる」

「わあ、ほたるだ! ありがとう余接お姉ちゃん!」

満面の笑みで蛍を受け取る龍崎。

龍崎は太陽だ。
だが肌を焼き地面を焦がし、水分を蒸発させる夏の日の太陽ではなく、全てを優しく照らす光だ。
その光は蛍の光と同じくして熱を持たず、見る者に形容し難い純朴な安穏を与えてくれる。

誰にでも分け隔てなく持ち前の明るさと純真を振りまく、金色のアイドル。

……うん、龍崎のコンセプトとしては悪くない。

「ねえせんせぇ、これ、事務所のみんなで育てようよ!」

「そうだな、莉嘉ちゃんあたりも喜びそうだし」

そんな龍崎と接していて、ちょっとだけ、子供が欲しい、なんて。

僕には不相応なことを、思ってしまったのである。




かおるファイア END



32 : ◆8HmEy52dzA 2014/09/05(金) 19:16:07.80 ID:Q2FgfigzO

拙文失礼いたしました。

お盆周りの敵(納期)がやっと終わったかと思えばまた新たな敵。
次の敵は黒でした。

読んでくれた方、ありがとうございます。



転載元
阿良々木暦「かおるファイア」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409907541/

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
多重債務