戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52100121.html


男「思い出消し屋、か」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

男「思い出消し屋、か」

1 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 22:48:38 ID:qwRImjXc

このSSは

男「思い出消し屋……?」

の続編的なものです。
適当にググってくださればまとめが出てくると思いますのでよろしければご一読下さい。



3 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:04:56 ID:qwRImjXc


――かん、かん、かん。

 剥げた塗装から錆が覗く屋外階段を登るのは、どうも慣れない。
 幾度と無く錆を踏んではいる。しかし時々、みしり、と嫌な音がする度に、耳の奥から脳に走る怖気を抑えられないのだ。

 それでも俺が登るのは、このビルのある一室に用があるから。
 より正確に言えば――自称、そこに巣食う生物に会いに行くため。

 彼女は自らの事を、ひとでなしだの人外だの化け物だのと言う。
 確かにまあ、人間ではない。となれば人外であり、他に類を見ない特性を持っているので化け物といってもいいだろう。

 大した問題でも無いだろう、と言ったかつての彼女は笑っていた。
 当時の俺は呆気にとられていたが、今なら一緒に笑えるだろう。

――かん、かん、かん、と。

 ビルの三階までたどり着くと、ちいさな影が一つ。
 俺を直ぐに見つけて、にやりと笑みを浮かべる。

少女「おや、男じゃあないか」

 そう、彼女が何かなんてどうでもいい。
 だって、彼女はこんなにも愛おしい。



4 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:17:09 ID:qwRImjXc


男「よう、少女。ちょっと相談事があってね」

 言いながら、ゆっくりと歩み寄る。駆け出して抱きしめてもいいのだが、体格の差を考えるとそれは遠慮したい。
 自分より一回りも二回りも大きい男が駆け寄ってきたら、相手が誰であれ怖いだろう。

少女「ほう、相談事か。小卒の私にか。恥を知れ」にやにや

 ……最も、彼女にそんな気遣いは無用かもしれないが、まあ、念のため。

男「思いつく限り、お前しか相談相手がいないんだ。餅は餅屋とも言うし」

少女「……ふむ、まあ話は中で聞こうじゃないか」

男「あと会いたくなったから」

少女「なっ!? ……む、無駄口叩かずさっさと入れ」

 何度見ても、狼狽する彼女の姿は可愛らしい。
 まあ本来は相談に来たのであって、惚気ている場合ではないのだが。



5 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:27:39 ID:qwRImjXc

――思い出消し屋――

少女「で、相談って何だ。悪いが誰かを不快にするための相談には乗れないぞ。私がやるから」

男「違うから安心してくれ」

少女「何だ。餅は餅屋だというから期待してしまったじゃあないか」むすっ

男「……どっちだよ」

少女「私はツインテールではないが、ツンデレ系超絶美少女ではあるから後者が本心だな」

男「ああもう、お前と無駄話をしていると面白すぎて本題に入れねぇ」

少女「む、それは申し訳ないやら嬉しいやら。間とって真顔になっておこう」

男「ありがとう。丁度真面目な相談だし」



6 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:39:18 ID:qwRImjXc


男「……最近、妹っぽいのの様子がおかしくてな」

少女「まだ『っぽいの』つけてるのか。あいつもいい加減、お前を洗脳してしまえばいいのに」

男「本人がやりたければやるだろう」

男「で、妹っぽいのなんだが、ここ最近いつでもどこでもあの姿なんだ」

少女「着たきりか。同じ服を何枚も持ってるのか」

男「違え。前まで、二人で出かけたりするときは女っぽいのだったりしたんだけど、ここ最近ずっと妹っぽいののままなんだ」

少女「……ふむ、嫉妬しちゃうぞ。丑の刻に藁人形もって出かけるぞ。寝てるからやらないが」

男「他に移す気が無いほどお前に心奪われてるから安心しろ」

少女「ぬ、ぐぁ。やめろ馬鹿」

 言って、彼女は俯く。
 ……しまった。とても可愛いが、話が進まない。



7 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:55:36 ID:qwRImjXc


少女「……う、うむ。いいぞ。続けろ」

男「ああ、すまん。……姿が変わらないほかにも、どうも調子が悪そうなんだよ」

少女「……む? それは、体調が優れないという意味でいいのか?」

 途端に、少女の顔が引き締まる。
 そこまで興味を持たれるところではないと思っていたので、少し驚いてしまう。

男「あ、ああ。だから病院とか行って欲しいんだけど、一応人間じゃないから普通の病院でいいのか気になって」

 姿かたちはまさに人間そのものではあるが、内部までは分からない。
 妹っぽいのも病院には行った事が無いらしく、戸惑いを露にしていた。その不安を解消するためにも、少女の助言が必要だったのだが――

少女「――いや、それはありえない」

男「……は?」

少女「人外が、体調を崩すなどありえないと言っている」

少女「そもそも私達は、永遠に不変の存在だ」

少女「ああ、ちなみに私の食事も、言ってしまえば趣味のようなもので必須のものではない」



10 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/25(木) 21:35:24 ID:SDcvZIcw


男「つまり、妹っぽいのは」

少女「うむ。仮病か、あるいは何かあったのか」

男「……どっちかは判断できないけれど、一応後者である事を前提としてくれ」

少女「ああ。仮病だったら何をしても無駄だから相談の意味がなくなってしまう」くっくっ

少女「さて、と。言ったとおり、人外は基本体調を崩さない。よって人外専門の医者などいない」

少女「かといって、私達が病院に行ったところで、まともな診察が出来る医者もいなかろう」

男「つまり、俺達でなんとかしなきゃならないってことか」

少女「うむ。お前があいつを助けたいのであればな」

少女「といっても、解決策など無いのだが。そもそも私も体調不良になったことなんて――」

 そこまで言って、少女は僅かに眉間に皺を寄せた。
 数秒の沈黙の後、難しい顔をしたまま、少女は言う。

少女「ああ、言われてみれば、そんなこともあったな」



13 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/26(金) 00:08:58 ID:gHsWQGrw


男「あったのか。参考にしたいんだが、それっていつ?」

少女「今は言わないで置こう。何せ不確定要素が多すぎる」

少女「そもそも人外だといっても、私と奴は別種だ。同じように扱っていいかもあいまいだからな」

少女「美貌もこのとおり、天と地ほどの差があるし」ふふん

 変幻自在である彼女と比べるのはナンセンスだと思うのだが。
 いや、それを含めても俺から見れば少女は誰よりも好ましい容姿をしているな。

男「それもそうか……、でも、それだとD:jIc5QtWM


巨乳「今の貴女の核である、男さんへの想い」

巨乳「それを形成したのは間違いなく彼女です」

女!「……あ、あ」

巨乳「それにですね、それ以前にも」

巨乳「偶然ではありますが、男さんと出会ったのも、彼女のおかげです」

 過去を抱えて生きなければならないのなら。
 意識しないようにするよりも、その過去さえ愛してしまったほうが手っ取り早いでしょう?

巨乳「――ですから」



巨乳「過去の貴女は、今の貴女、さらに未来の貴女を幸せにしてくれたんです」

 尻拭いの人外として。
 コレくらいの世話は、見てやってもいいでしょう。



151 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/07/03(水) 00:24:02 ID:jIc5QtWM

おわり。

続編、というか完結編も予定しておりますが、遅筆過ぎて笑えないため書き溜めてから新しくスレ建てて投稿します。
また、過去作に関して指摘や質問等ございましたら受け付けます。



転載元
男「思い出消し屋、か」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366811318/


過去妹?(おとこ、さん、だ)

過去妹?(ああ、この人は)

過去妹?(私が、大好きになってしまった、男さんだ)ぼろぼろ

 ……でもまあ。
 不安定なこの子を篭絡するには、これくらいが丁度よかったのでしょうか。

 確かにこういう状態でこんな事を言われたら私だって……ああ、経験が無いから分かりませんね。
 シュミレーションの人外とか生まれませんかね今度。未来予知では見えませんでしたし。



146 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/07/02(火) 23:46:44 ID:hzTiR4wQ

……

 ふむ、閉幕ですか。
 見てみれば分かりやすい理由でしたね。

 用は、近くで暮らし続けていくうちに男さんに個人的な興味がわいて。
 そのまま恋焦がれるようになってしまった、と。

 で、強引に独占しようとした結果失敗、罪悪感に苛まれて。
 それでも許してくれた男さんにさらに惚れ直してしまったということですかね。

 けれど、まあ、独占欲の強さは彼女の気質なのでしょうか。
 少女さんに男さんを奪われても諦められず、かえって想いを強めてしまい。
 
 しかし以前の失敗から、強引な手には出られなくて。
 結果として、自らを再構成するはめになってしまいました。

 ……そう考えてみれば、今の女さんの性格にも納得がいきますね。
 想いは強いけれど、相手を自分の物にはできないという葛藤を解消できます。
 
 そうですね、強いて言うのなら。
 想いを伝える人外、というのはどうでしょう。



147 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/07/02(火) 23:59:39 ID:hzTiR4wQ

――翌日、男の通学路――

巨乳「……ふーむ」もみもみ

 ……。さて。
 もう少しで、男さんがここを通りますね。

 未来を見た後に過去の傾向も見て、整合性は取れてますから今回の予知は外さないでしょう。
 いやはや、未来を知る人外と過去を知る人外が二人とも私より年下でよかったです。便利ですし。

女!「おっとこさーん、おっとこ、さーん!」くるくる

 ほら、いた。
 とても目立つ目印と一緒に。

 遠目に見ても男さんがちょっと気まずそうなのは分かりますね。
 素直に想いを伝えてくれてる子に応えられない、というのはどんな気持ちなのでしょうか。興味ありません。

 さて、私も用事はありますから、いつまでも見てないで接触しましょうか。

男「朝から元気だよなー……、っと、巨乳じゃないか」

巨乳「はい、おはようございます男さん。朝の一杯はいかがですか?」たぷん

男「遠慮しとく。……ってか出るのか、それ」

巨乳「そういう風に変身
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 15:30
      • ふむ、なかなか
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 16:10
      • 昔相手の記憶を消す漫画あったな。確かイヤリングが制御装置やったはず。
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 18:03
      • 過去作も読んだけど人外ヒロインラノベで良いね
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 19:27
      • ※2
        マインドアサシンか
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 23:56
      • スレタイからエターナルサンシャインかと

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ