戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://ikuzi2pa.blog.fc2.com/blog-entry-7716.html


育児板拾い読み@2ch+α 現役自衛官だった頃の思い出を書いておく
育児板拾い読み@2ch+α
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
記事元:現役自衛官だった頃の思い出を書いておく

1 名無しさん@おーぷん2014/10/22(水)18:37:58 ID:eajTypGQH
陸上自衛隊 機甲科(戦車) 平成一桁入隊 
糞田舎の戦車部隊勤務 
家庭の事情で30代中盤2曹で依願退職

2 名無しさん@おーぷん2014/10/22(水)18:39:58 ID:vqKeu5GHt
年収いくらくらい貰えた?
訓練はつらかった?


6 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)18:44:37 ID:eajTypGQH
>>2
手取りで300万行くか行かないか。
訓練が辛いかどうかは今後の書き込みで判断してくれ。
自分の主観的には辛かった。


5 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)18:43:22 ID:eajTypGQH
10位 無線で延々と「袋の部分が」と流れてくる事案

3曹になって数年の演習で、夜中に戦車から滑落して陰嚢を怪我した隊員が発生(よその中隊)
無線で第1係主任(総務・人事担当の主任幕僚)が大隊長に報告してたんだが、主任が怪我した
部位を「袋の部分を破いて・・・」と説明

大隊長は「言っている意味がわからない、再送せよ」と返答。これを延々と繰り返す。
うちの戦車長はこれを聞きながら「これ大隊長は分かってて聞き返してるだろw」とゲラゲラ笑ってる。
んで、小隊系の無線を傍受するの忘れてて、小隊長が「無線がつながらないみたいだ」と、
歩いてうちの戦車まで確認に来て、車長は慌ててとぼけてた。


7 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)18:49:50 ID:eajTypGQH
9位 敵だと思ったら敵じゃなかった。

これも演習中の話。
部隊の集結地(次の行動を準備するために部隊が集まる所)の警戒で、集結地内を巡察していたとき。

背後で明らかに藪こぎしてる音が聞こえたんで、とっさに振り向き銃を構えて誰何したら、
目の前数mにいたのはエゾシカ。流石にびっくりして後ずさりしたらコケた。

気を取り直して元の巡察経路に戻ろうと歩き出した時、さっきより大きな音がして
びっくりしながら振り返ると、後続で2~3頭のエゾシカ。
振り向き方が急だったのでまたしてもコケる。


8 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)18:56:13 ID:eajTypGQH
8位 地雷埋設中に捕虜になるも見逃される。

ここで言う地雷埋設は、本当の意味での地雷埋設ではなく野糞の隠語というか部隊内スラング。
部隊によっては別のスラングで呼んでるかも。

これも集結地での出来事。
まあ、とにかく催したんで主力から離れた草むらに駆け込んで野糞してたんだが、
折悪しく集結地を襲撃に来た敵の遊撃部隊にしゃがんで致しているところを捕まってしまった。

しょうがないから、しゃがんだまま両手を上げる俺。無言で銃を構える敵。
空気を読まずものすごい音とともに排出される大便。

しばらく無言で見合った後、敵の長らしき人が

「ここは、お互い紳士的に見なかったということで」

と一旦引き返す。

主力の位置に戻った俺は、紳士的に全てを小隊長に報告、
小隊長は紳士的にそちらへの警戒を厳重にする処置。


9 バイパーゼロ◆/Pbzx9FKd22014/10/22(水)18:58:14 ID:csDMgbfec
>>8
敵の隊長優しいな。

続けてくれ


10 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)19:01:55 ID:eajTypGQH
7位 俺の足が燃える

陸自では、だいたい春と秋に大規模な演習場整備を行う。
その中でも特に危険かつ重要なのが、弾着地の野焼き。
これは、火砲の弾が弾着する

地域を野焼きすることにより、射撃時の火災発生を防止するもの。
大まかには不発弾捜索・処理>防火帯作成>野焼きと行われる。

んで、野焼きに俺も参加したんだが、突如隣の人が「うへおおおぉお!」みたいな
叫び声を上げて俺の足元を指さす。見ると、俺の半長靴が見事に燃え上がっているではないか!
慌てて走りだそうとする俺の襟首を小隊陸曹が掴んでゲンコツ
「弾着地で走るな!」とどやされて水をぶっかけられる。


12 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)19:08:51 ID:eajTypGQH
6位 射撃音!・・・か?

ある真冬の日、俺は駐屯地警衛(駐屯地の警備隊みたいなもの。
門のところに立っている自衛官を想像してくれ)勤務をしていた。

真夜中、俺と警衛司令以外は巡察や弾薬庫歩哨、
仮眠でいない状態だったが、突如銃声らしき破裂音が響いた。

慌てて周囲を確認する俺と警衛司令。何の異常もない。
誰かの私有車がバックファイアでも起こしたのか?などと訝しがりながらも
特に異常ないので元の勤務体制に復帰した。

翌朝、警衛所横に停めてあった自転車のタイヤが何故かバーストしているのを発見した。
なぜバーストしたのか、原因は一切不明。

真冬だから中の空気が膨張するわけもないと思うが、未だに不思議に思う。


13 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)19:14:21 ID:eajTypGQH
5位 見学者が逃げ出す

これも警衛勤務時の話。
うちの駐屯地は、正門の外から展示戦車が見えるような配置になっている。
あるとき、駐屯地正門前に民間車両が停車して、何やら記念撮影をしだしている模様。

うちの駐屯地は、希望すれば簡単な手続きで戦車見学できるし、正門前は
そこそこ広いスペースあるにしても駐車されたら流石に邪魔なので、中に入ってもらおうと歩み寄った。

すると、その写真撮影していた人は「あひゃあぁぁ!」的な叫び声を上げて
物凄いスピードで乗車、タイヤを鳴らしながら走り去ってしまった。

あとで警衛司令に

「アホタレ、『こんにちは』とかフレンドリーな声をかけながら近づかんかい」

と小言を言われる。


16 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)19:23:45 ID:eajTypGQH
4位 スキー行進開始前にリタイア

自衛隊用語で「積雪寒冷地」と呼ばれる、ぶっちゃけ雪が積もる地域では、冬場にスキーをやる。
もちろんレジャーではなく訓練として。

レンデ用スキーと違って、かかとが固定されていない、歩きとゲレンデ滑降両用に使えるやつ。
で、これを履いて徒歩行進ならぬスキー行進をやったりする。
イメージが湧かないなら「八甲田山 自衛隊 スキー」で検索してくれ。

スキー行進では、部隊ごとにスタート地点通過時刻が定められて、部隊ごとに
時間間隔を開けて行進開始する。次はうちの中隊って事になって、少しずつ
スタート地点に移動開始したその時、ちょっとした弾みでバランス崩してこけてしまった。

と、その時肩に激痛が。

そのまま町の病院まで搬送され、診断結果は脱臼。
見事に伝説を作ってしまった。


18 船に乗れなかった船乗り2014/10/22(水)19:30:08 ID:5e9gCMG5V
>>1さんは戦車隊所属぀
自衛隊としては珍しい事だが、その教育は年度またぎで実施されるので3月の後半に
一度長めの休みが入るようになっていた。(今もそうかは分からない)ちょっと長めなんで
大抵の人は地元に帰るんだが、俺の地元は牛しかいない所なんで、ちょっと東京近辺で遊ぼうと
東京ではない関東某市のカプセルホテルに宿泊していた。

時は平成7年3月19日。

開けて20日の朝。本当はもっと早朝に起きて東京に向かうつもりだったのが、その日は
何故か寝坊して(習慣で、目覚まし等なくても大体6時に目が覚める)多分9時過ぎ頃だったと思うが
比較的遅くに目が覚めた。

しゃーないからとちょっとテレビを付けると、何やらテレビで地下鉄が
どうの騒いでいる。正直、何が起こっていたのか全く把握できなかった。
しばらくテレビに釘付けだったと思う。次第に、どうやら化学攻撃がされたこと
それがサリンであることなどが報道され始め、一般人よりは化学攻撃の知識が
あるので、これは凄いことになったとじわじわ実感が湧いてきた。

とはいえ、こっからどう行動したのか、正直全くと言っていいほど記憶に無い。
サリンと判明したのも、カプセルホテルでテレビ見て知ったのか、後の報道で
知ったのを混同しているのかはっきり思い出せない。
とりあえず、そのまま速攻で駐屯地に戻ったんだろうと思う。

当時はまだ携帯がそれほど普及していなかったので、教官助教も被教育者の
状況把握には難儀したことだろうと思う。俺が教育でいた駐屯地は富士山麓で
上九一色村からヘリでひとっ飛びのところなので、当時は戦時下かと思える
厳戒態勢だったのを覚えている。


39 名無しさん@おーぷん sage 2014/10/22(水)20:48:10 ID:eajTypGQH
こうして書いてみると、苦しいことも多々あったはずなのに中々思い浮かばないな。

現役時代はいろいろあったし、多分勤務環境はいわゆるブラックだし、
今もう一度現役になりたいかと言われたらNOだけど総じて自衛隊という組織は
良い所だったと今は思っているし、軟弱な自分を叩きなおしてくれた事を感謝してもいる。
嫌になって依願退職したわけでもないしね。

という訳で、入隊を考えている人は余計な心配しないで飛び込んでみるのもいいと思う。


女子海上自衛官 2015カレンダー

関連記事
■前の記事:
■次の記事:「そっかーマザコン同士、きっと気があうな」となぜかいきなり「結婚して」と言ってきた

■ 注 目 記 事 ■




copyright © 2014 Powered By FC2ブログ allrights reserved.