戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://stevie.seesaa.net/article/411455693.html


佐々木希 キャバ嬢役でも演技ヘタ過ぎてブーイング

2014年12月29日

佐々木希 キャバ嬢役でも演技ヘタ過ぎてブーイング

佐々木希 in 「天使の恋」
ドラマ『黒服物語』に主演し、人気ナンバー1のホステスを演じた佐々木希(27)。

同ドラマは東京・池袋のキャバクラを舞台に引き抜きや、客・スタッフとの恋愛など、キャバクラ業界の内情を描いたもの。佐々木はかつて地元・秋田でキャバクラ嬢のアルバイトをしていたとの噂があるだけに、その経緯を買って起用したともっぱら。当然、演技は地でイケるとスタッフもふんでいた。

同ドラマは金曜日の午後11時15分から放送。全8話だったが、7話までの平均視聴率は7.7%。 → ranking

午後11時台といっても週末。それで7%台はイマイチ。スタッフは10%近くを狙っていたというから、その落胆ぶりはハンパない。キャバクラ通のマスコミ人には『内容的にはいいのに…』佐々木乃演技が予想以上にダメだったとの声も。

(以下引用)
物語がよくて演じたのが、絶世美女でキャバクラにいそうな佐々木。なぜ視聴率が伸びなかったのか。


<関連商品紹介>
【佐々木希 マル秘セクシーショット満載 ⇒ 【予約】 佐々木希 Non
【佐々木希 大人のコスプレ… ⇒ Dolly / 佐々木希
【佐々木希 美少女グランプリに輝いたデビュー当時 ⇒ Nozomi
「佐々木は元来視聴率の取れない人。いくら適役とはいえ、起用には賛否両論あった。反対者は、佐々木の演技のヘタさを心配していた」(ドラマ制作スタッフ)

去る11月、一部マスコミが「演技がヘタな女優」ランクを発表。堂々の1位に選ばれたのが佐々木。

「よく言われるのは、怒ったり嘆いたり、どんな場面でも目が同じ。しかも、セリフに抑揚がなくて、まるで台本合わせのよう。超美人なだけに、起用担当者が、ただ親密になりたくて使うという陰口もある」(同)

一方、同じくテレビ朝日は12月7日に『松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗』で堀北を起用。彼女もクラブのホステスを演じていた。視聴率は12.8%。 → ranking

「物憂げで、事情があるホステスというのがうまく演じられていた。ドラマでは濡れ場もあったのですが、彼女には極めて珍しい場面。清純派にしては頑張った感じ」(夕刊紙記者)

「なんで『黒服物語』に堀北を起用しなかったのか、という声が出ているのは確か。いまどきのキャバクラも同じ。ヤンキー系より、本処女、準処女のほうが人気です」(女性誌記者)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ geinoranking
画像3⇒ gazouranking

posted by スティービー at 12:00