戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52129055.html


勇者「ゴキブリ勇者」【前半】|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

勇者「ゴキブリ勇者」【前半】

1:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/05(火) 23:34:14.66 ID:uIzTwlmeO

「13才の少年を探しているんです。
ご存じありませんか」

医者「少年ですか……。
特徴を教えて頂けますか?」

「茶色のショートヘアーで、身長は年のわりに大きい方ですね。
最初は私も、16才ぐらいだと勘違いしました」

医者「……やっぱり見かけてないです。
お役にたてなくて、申し訳ありませんが」

「そうですか……一応、念のために中を拝見させて下さい」

医者「それは、私を疑っているということでしょうか?」

「特別あなただけにではなく、みなさんにお願いしているんです」

医者「そうですか。
しかしこの村には、おかしな方が度々いらっしゃるのです。
どうかお気を悪くなさらないで下さい」

「ああ……確かに、無理もありませんね。
ですが、早く見つけ出さないと、少年の命に関わるらしいのです」

医者「……詳しくお聞きしてもよろしいでしょうか」

「ええ、もちろん。
少年は、王都の病院から搬送中だったのです。
しかし、逃げ出されてしまい、私達で捜索しているのですよ」

医者「それは大変ですね……。
その患者の名前は、なんと言うのですか?」

「私は御者なので、詳しいことは分かりません。
いつも通り運ぶだけだったのに、こんなことになってしまって」

医者「付き添いの医師は、いらっしゃらないのですか?」

「医師も少年を探していますよ。
隣町で聞き込みを続けているか、もう発見してくれてれば良いんですがね」

医者「では、その医師とお話させて頂けませんか?
医者同士で確認したいことがあるのです」

「いや、しかし隣町に……」

医者「出来ないのでしたら、残念ですが……。
一応入院患者もおりますし、万が一があっては困りますので」

「……そうですか。
では、担当の医師と相談します」

医者「申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
また、いつでもいらっしゃって下さい」

バタン

医者「……ふー、もう大丈夫だよ。
いなくなったみたいだ」

勇者「……やだ……いやだ……」ガタガタ

医者「大丈夫だから、落ち着いて。
君のことは、俺や村の人たちで守るよ」

勇者「……な……んで……?」ガタガタ

医者「お、やっと話してくれたね。
理由は、君を見捨てられないからだよ。
みんな辛い目にあった人達だから、同じく辛い境遇の君を助けたいんだ」

勇者「……」

医者「さて、とりあえずゆっくり眠ろうか。
何か考えるのは明日でいいからね」

勇者「……」



3:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/05(火) 23:39:18.23 ID:uIzTwlmeO

ー10日後ー

医者「でさぁ、妻だけじゃなく娘も可愛いっていう。
俺の血が入ってるのに、天使みたいに可愛いんだよ?
凄いと思わない?」

勇者「その話は何度も聞きましたよ。
ホント、何回も繰り返すのはやめてください。
いい加減、ノイローゼになっちまう」

医者「お、ノイローゼなんて難しい言葉を知ってるね。
そうそう、娘も言葉を覚えるのが早くてさ」

勇者「やめろっつーの!
てか、これはなんなんですか?
やっと慣れてきましたけど」

医者「チャリンコ。
チャリチャリってね」

勇者「チャリンコとチャリチャリとどっちなんですか?」

医者「チャリチャリとは言わないけど、チャリでもチャリンコでもどっちでもいいかな。
それかケッタでもいいし、普通に呼ぶなら自転車だね」

勇者「結局よくわからない……。
もう一つ聞きたいんですけど、なんで座るところの形が違うんでしょう?」

医者「君の座ってる所は本来、人の座るところじゃないから。
荷台って言って、荷物を乗せるところなんだよ」

勇者「そんな場所に座っても大丈夫なんですか?」

医者「多分ね。
もし駄目でも、これは一つしかないから。
だったら2ケツするしかないよね」

勇者「2ケツってなんですか?」

医者「二人で乗るってこと。
そうだ、この先の町でもう一台買って、ちょっと練習してみようか」

勇者「練習ですか?」

医者「ああ、やっぱり自力で乗れた方が良いしね。
公園かなんかで乗る練習をしてみよう」

勇者「あの、ちょっと思ったんですけど……魔法で移動したら良いんじゃないですかね」

医者「いやいや、瞬間移動出来るわけじゃないんだから。
高速で移動なんてしたら、普通の人は怖がって逃げるよ。
最悪、通報される」

勇者「そんなの、透明になれば良いんじゃないですか?
やったことないけど……うおっ!?
真っ暗だ!」

医者「うわっ!どーしたの!?」

勇者「ちょっと、透明になろうとしてみたんすけど……なってます?」

医者「なってはいるけどね……一つ言っておくけど、姿が消えても怖がられるから。
早く元に戻りなさい」

勇者「自分に出来ないから怖がるっていうのは、よくわからないんですけどね。
まぁ、目見えないし戻りますけど」



4:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/05(火) 23:41:13.96 ID:uIzTwlmeO

医者「とにかく、透明になると紫外線の影響も受けるし、やめた方が良いんじゃないかな。
それに、俺は魔法自体あまり使わない方が良いと思うよ」

勇者「どうしてですか?」

医者「……何をもとにしてるか分からない力なんて、何が起こるか分からないじゃないか」

勇者「何をもとに、か。
確かに考えたこと無かったな」

医者「だから、極力控えた方が良いよ。
とりあえず、今は自転車をもう一台手に入れないとね」

勇者「さっきも気になったんですが、一台ってなんですか?」

医者「ああ、自転車の数え方だよ。
一つは一台、二つは二台ってね」

勇者「二台っていうのは、俺が座ってる所じゃないんですか?」

医者「いや、そこは荷物を乗せる台だから荷台。
二台の二は数字の二だよ」

勇者「うーん?なんかよく分からないけど、分かりました」

医者「慌てて覚えようとしなくても、良いんじゃないかな。
あ、お店っぽいのがあるから止まるね」

勇者「はい」

キーッ ガシャーン!



5:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/05(火) 23:42:53.29 ID:uIzTwlmeO

勇者「イテテ……なんで倒れるんすか!」

医者「君ねぇ、止まるって言ってんだから、せめて足を地面につけてよ!
ただでさえ二人乗りで疲れてるのに、支えきれないだろ!」

勇者「先生が「足は地面につけないで」って言ったんじゃないですか!
しかもあんまり動くなとか、車輪の邪魔にならないようにしろとか、すっげぇ気ぃ使ってたんですからね!」

医者「そりゃあさ、俺が言わなかったのが悪いけど……」

勇者「俺、今日初めて乗ったんですから、分かるわけないでしょ!」

店長「あの……どこかお怪我はございませんか?
大きな音が聞こえましたが」

医者「え、いや、あはは、大丈夫ですよ。
お騒がせしてすみません」

勇者「このくらい魔法で」

医者「あーっと!すみません、商品に倒れ込んじゃって。
これ買いますね」

店長「いえいえ、そんなお気になさらないで下さい。
それよりお連れの方のお怪我が心配です。
すぐに救急箱をお持ちします」

スタスタ

医者「ふー……。君ね、魔法って言葉使うのは禁止ね。
特別な力が使えるっていうのも、言っちゃダメ。
披露するのはもっとダメ」

勇者「えー、なんでですか?」

医者「追っ手に気づかれないよう、派手な動きはしない方が良いからね。
力が使えない人を装うのが一番だよ」

勇者「ふーん……分かりましたよ」



6:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/05(火) 23:45:09.07 ID:uIzTwlmeO

スタスタ

店長「お待たせ致しました。
では、お手をお借りしても宜しいでしょうか?」

勇者「お、おう」

ピチャッ

勇者「イテッ!」

店長「ああ!申し訳ございません!
大丈夫でございますか!?」

勇者「え、うん。別にちょっと驚いただけだし……つーかそれなに?」

店長「消毒液でございます。
細菌の侵入を防ぎ、体を守るために必要なのですよ」

勇者「なんか分かんないけど……ありがとな」

店長「いえ、礼には及びません。
当然のことをしているまでです」

ペタペタ

店長「応急処置に過ぎませんが、これで終了です。
お時間をとらせてしまい、申し訳ございませんでした」

医者「いえ、本当にありがとうございました。
助かりましたよ」

勇者「そういえば、先生は医者ってやつなんですよね?
なら、先生がやってくれれば良かったのに」

店長「まさか、これは出過ぎた真似を!」

医者「いやいやいや違うんですよ!この子なんか勘違いしちゃってて!
あははー、そうだあれ下さい!」

店長「あの、先ほども申し上げましたが、お気になさらなくて宜しいのですよ?
衝突した自転車でなくとも、他にも同じサイズの物はございますから」

医者「いえ、あの自転車に見とれてたら、倒れ込んでしまったんでないが、私からすれば君もアイツと同じだ」

勇者「なんだと……!」

歴史学者「君が原因なんだろう?ここに魔物が売られてきたのは」

勇者「……こんなことになるとは思って無かったんだ!
アイツら更正させるって……」

歴史学者「魔物をか?更正なんて何様のつもりだ。
その魔物が君達になにをしたんだ?」

勇者「なにをって……町が襲われそうだったから……」

歴史学者「襲われそう?そうってなんだ。
襲ったのは君たちの方じゃないのか?どうなんだ!」

医者「もうやめてくれ。この件は彼の責任だけじゃない。
彼は巻き込まれただけなんだ」

歴史学者「そんな言葉で誤魔化してどうるんです?
彼のようすを見れば、私にも嘘だって分かりますよ」

医者「そうだとして、今彼を責めてなんになる?」

歴史学者「……」

医者「君にも事情はあるだろうが、俺は魔物に同情なんかいらないと思う。
売られようが死のうが勝手にすればいい」

歴史学者「なんですって?」

医者「俺は魔物なんか大嫌いなんだよ。憎くて仕方ないし、庇う言葉なんて聞きたくもない。
でも、君の言葉なら少しは聞いてみようと思う」

歴史学者「……!」

医者「だから、君も少しでいいから、彼の立場を考えてあげてくれ。いい?」

歴史学者「……」



192:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/11(月) 03:01:44.02 ID:jetqV68wO

医者「さて、一旦宿に帰る?
行きたいところがあるなら、一緒に行くけど」

勇者「……先生。俺、先生が魔物を憎む気持ち分かります」

医者「そう……」

勇者「でも俺、どこかで納得いってないんです。
このままでいいとは思えなくて……」

医者「具体的にはどうするつもりなの?」

勇者「……まだ分かりません。
でも、魔物に会えば分かるような気もするんです」

医者「……そもそも、魔物が働いてるかどうかも分からないからね。
調べてみる?」

勇者「……はい!」

医者「君も一緒に来るよね?」

歴史学者「……ええ」

医者「良かった。でも、どうしようか。
農場に入り込む訳にもいかないし」

勇者「えっ、入り込まないんですか?」

医者「いや、どうせ入るにしても夜の方がいいだろう?」

勇者「確かに、真っ昼間にはヤバイですね……」

医者「じゃあ、やっぱり宿に帰った方がいいんじゃないかな。
君はどう思う?」

歴史学者「……まぁ、私もその方がいいかと。
仮眠もとらないといけませんしね」

医者「じゃ、決まりだね。帰ろうか」

勇者「はい……」

スタスタ



193:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/11(月) 03:03:31.32 ID:jetqV68wO

医者「あの女の子にも話を聞けると良いんだけど」

歴史学者「女の子ってマリのことですか?」

医者「うん。なんかしっかりしてそうだったし、色々聞けるかも」

勇者「先生じゃ、まともに会話できないんじゃないですか」

医者「それはさ、君達が話を聞いてくれればいいじゃん。
俺、部屋で待ってるから」

歴史学者「そんな。
私たちに押し付ける気ですか」

医者「だって嫌なんだもん。二人で行ってきてくれよ」

勇者「だもんじゃないっすよ。全く、頼りにならねぇんだから……」

医者「じゃー頼んだよ。あとはよろしくっ」

スタスタ

歴史学者「ああもう……」

勇者「……」

歴史学者「……」

勇者「……マリ、いっかな」

歴史学者「さぁな……」

勇者「……」

歴史学者「……」

勇者「……あのさ」

歴史学者「……なんだ」

勇者「……」

歴史学者「……」

勇者「……」

歴史学者「……悪かった、ごめん」

勇者「別に……俺が悪ぃんだし」

歴史学者「……」

勇者「……」

マリ「アンタ達、なにやってんの?」



194:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/11(月) 03:05:12.68 ID:jetqV68wO

勇者「ま、マリ」

マリ「なに驚いてんの。私、さっきからずっとここにいたけど」

歴史学者「気がつかなかった……」

マリ「まぁね、気配消してたから。
それより、その暗い顔やめてちょーよ」

勇者「……」

歴史学者「……」

マリ「ねぇ、なんか知らんけど、仲直りしたいんじゃない?
ここは一つ、握扟な、俺以外にも何人も見てんだよ。
どうやらヒヌマから来た馬車だったらしい」

勇者「なんだと……!?」



190:オータ ◆aTPuZgTcsQ:2015/05/11(月) 02:56:30.51 ID:jetqV68wO

記者「なんだよ、どうかしたか?」

勇者「その魔物ってのは、ピンク色のやつらか」

記者「そのとおり。50人ぐらいはいただろうな」

勇者「……先生、もしかしたらそいつらって俺が……」

医者「……」

記者「一体なんなんだよ。急に暗くなってよぉ」

勇者「……」

医者「……」

歴史学者「……馬車を見かけたのはいつのことなんだ?」

記者「つい何日か前だよ。きっとアイツらはヒヌマから売られてきたんだな」

勇者「売られてきただと!?」

記者「ああ、だからヒヌマに揺さぶりをかければ、タケオも引っ張り出せるかもしれないだろ。
そうしたら特大スクープってわけよ!」

勇者「……」

歴史学者「アホらしいな。アンタのことなんか誰も相手に