東京・秋葉原。

 

制服姿の少女たちが並び、客引きをしています。

 

 

0-01

 

 

女子高校生とデートをする「JKお散歩」。

 

女子高校生の鶴を折る姿を見学する「JK作業」。

 

このような「JKビジネス」が今、全国に広がっています。

 

 

 

0-02

 

 

かつて秋葉原でJKリフレの店長をしていた、この男性。

 

現在は新しい仕事をしているといいます。

 

何故、JKビジネスを辞めたのでしょうか。

 

 

 

0-03

 

0-04

 

0-05

 

 

JKビジネスを辞めてから1年。
彼は今、どのような暮らしをしているのでしょうか。

 

その実態に迫ります――。

 

 

 

元JKリフレ店長 現在の仕事は…

東京・蔵前。

 

隅田川が流れる東京の下町で、男性は新しいビジネスを始めたといいます。

 

 

1-01

 

1-02

 

1-03

 

1-04

 

 

乙女チックなベッドが目立つ、この部屋。

 

ここでどんな仕事をしているのでしょうか。

 

 

 

1-05

 

1-06

 

 

5分ほどすると、男性がもどってきました。

 

 

 

1-07

 

1-08

 

1-09

 

 

4-12

 

 

煌煌と輝くスカイツリーを眺めながら、
番組スタッフは男性にこんなことをたずねてみました。

 

 

 

4-13

 

4-14

 

4-15

 

4-16

 

4-17

 

4-18

 

 

TKお散歩。終わりの時間がやってきました。

 

サービスはこれですべて終了です。

 

 

4-19

 

4-20

 

4-21

 

4-22

 

4-23

 

 

 

新ビジネス“TKリフレ” どう見る?

 

5-01 

 

 5-02

 

 

軽部 TKリフレ。陸江さん、ご覧になっていかがでしたか?

 

 

 

5-03

 

 

陸江(評論家) そうですね。言いたいことは全部で19点あります。まず1点目。女子高生を巻き込んでいないという点でJKビジネスよりはマシというレベルであって、とてもじゃないけど賞賛できるようなサービスではないということ。スタッフが実際にサービスの体験をしてましたけど、ずっと退屈な顔してましたよね。満足度調査したら多分0点ですよ。サービス業をなめてるとしか思えません。客に対しても失礼だし、TKに対しても失礼ですよ。次に2点目。TKが好きって言ってたけど、全然熱が伝わってこなかったということ。にわかファンなんじゃないですか? あんな中途半端なモノマネして。キーボードだって適当だったじゃないですか。サービスの内容だって「TKである必要性」がまったく感じられませんよ。中途半端に「GET WILD」だけ入れちゃって。それならTKの曲を全曲弾けるようにするとか、TKのこれまでの衣装を全部用意するとか、もっとやりようがあったんじゃないの?

 


軽部
 聞くところによると、あの衣装は TM NETWORK の『DIVE INTO YOUR BODY』のジャケットを参考にしたと言っていたようですね。

 

 

 

5-04

 

 

陸江(評論家) 3点目。本人は「またJKビジネスをやるかもしれない」と仰ってましたけれども、JKビジネスを辞めたきっかけが「罪悪感」でしたよねぇ。それなのにお金がないからまたやるかもって、なんか矛盾してませんか? この人には信念とか誠意とかがまるで感じられない。本当に罪悪感があるなら「少女買春の撲滅運動をする」「売春で傷ついた少女のサポートをする」とか、もっとやるべきことが見つかるんじゃないですかね? だいたいね、JKの「J」を「T」に変えてみちゃいました的な安易な発想が私は気にくわな…

 

 

 

5-05

 

 

軽部 陸江さん、そろそろお時間が……

 

 

陸江(評論家) あぁ…失敬失敬。

 

 

軽部 お別れの時間がやってまいりました。来週のザ・フィクションは「元TKリフレ店長による新ビジネス」の実態に迫ります。それでは、また来週。