664 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/08/05(土) 08:22:20 ID:LrbaZ6es
同じく子供の頃の猫がらみの話で

幼稚園の頃なんだけど、すごく人懐こい猫と出会ったんだ
でもその猫、家までついてきちゃって(幼稚園から自宅までは歩いて30分くらい)
当時は考えなしで家まで一緒に帰っちゃって、「一日だけ」ってお願いしたら
そのまま結局うちで一緒に暮らすことになった

両親から当時の話を聞くと、すごく賢い猫だったらしい
机の上には上がらないし、その他のことで「駄目よ」と叱ったら次からはやらない
父親の膝の上がお気に入りだったけど、夜は母親と一緒に寝てくれたり
みんなに愛された、とにかく可愛くて賢い猫だった

で、彼がうちの猫になってから一年くらい経ったとき、突然交通事故で死んじゃったんだ
庭にお墓を作ってあげて、わんわん泣いちゃった
そこで母親が「ずいぶん、長い一日だったねぇ」って

今から考えたらよく太った毛並みのいい猫だったし
野良じゃなくて、何処かの飼い猫だったのかも知れない
本当の飼い主さんが探していたかもしれないし、そこに居たら事故で死ぬこともなく
天寿を全うできていたのかも知れない

でもね、彼と一緒に過ごすことができて本当に幸せだったんだ
祖母の家によく引っかく怖い猫がいたけれど、それでも猫嫌いにならなかったのは彼がいたからだと思う

長文乱文失礼しました