9236946Q:熊本や大分で大きな地震がありました。「ここはあえて平常心で」と思って、フェイスブックにケーキの写真を投稿をしたら、友達からメッセージで「被災地の人が苦しんでいるときに、そんな投稿をするなんて信じられない! 人格を疑う!」と罵倒されました。



Q:自分としては「それは違うだろ」という思いがあるので削除はしていませんが、不愉快にさせたのは悪かったと思ってます。でも、どう謝ればいいのかわかりません。その友達は、被災地に身内や友達がいるわけではないようです。

A:その友達も「何もできない自分」がもどかしくて気が立っていたのでしょう。完全にとばっちりです。なのによくわからないけど謝らなきゃと思っているあなたは、きっといい人に違いありません。とくに謝る必要はないと思います。

みのもんた 「今の書き込みは『叩く』というより『叩きのめす』傾向が強い」



ただ、友達も平常心を失ってやってしまったことなので、それこそ全面的に嫌ったり人格を疑ったりせず、大らかな気持ちで落ち着くのを待ってあげましょう。

フランスの哲学者であり文芸評論家であるアランは、こう言っています。

「喧嘩をつくるのは倦怠だ。その証拠は、いちばん喧嘩好きなのは、仕事や心配のいちばん少ない人間に決まっているからだ」

ビールも飲めない…被災地・熊本でも「不謹慎狩り」におびえる人


不機嫌の連鎖に巻き込まれていないで、毎日を明るくたくましく生きていきましょう。困っている人たちを助けるために必要な「力」を蓄えるためにも・・・

紗栄子「信念をもって」寄付公開に支持集まる


太田光が“不謹慎狩り”の背景を推測「『自分は何にもしてない』気持ちになる


詳細は(source: ハーバービジネスオンライン - 地震の数日後、ケーキの写真をアップしたら友達からSNSで罵倒された。どう謝ればいいのか?

関連リンク: 松本人志、自粛ムードに持論 「ダウンタウンの笑いは不謹慎 出る幕ない」

週末でボランティア増加 がれき撤去など本格化