戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://elephant.2chblog.jp/archives/52178836.html


モバP「確保・収容・保護?」|エレファント速報:SSまとめブログ

TOP

モバP「確保・収容・保護?」

1: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:09:53.57 ID:0hXokCkZ0

P「って何だ?」

卯月「私もよく知らないんですけど…、小梅ちゃんに教えてもらって」

P「ふーん、小梅ってことはまあ、何かのオカルト関係なんだろうが…、ちょっと調べてみるか。…これか? SCP財団? 何だこりゃ」

文香「SCP財団、ですか?」

P「うおっ!? 文香、いつの間に!?」

卯月「さっきからいましたよ。ひどいですね、プロデューサーさん!」

P「いや、ゴメンゴメン。で、それって何なんだ?」

文香「はい、…言ってしまえばオカルト系の創作サイトです。中々読み物としても面白いので私も読んだことがありまして」

卯月「怖い話なんですか?」

文香「…いえ、そればかりではないのですが。SCP財団、というのはそもそも、異常な物体を集める特殊な機関、という設定で、その中に存在する異常な物体の報告書、という形でいろんな人が創作しているサイトなんです。そして、それの理念がSecure(確保).Contain(収容).Protect(保護)、その頭文字を取ってSCP財団、と言うんです」

P「つまり、シェアワールドみたいなもんか?」

文香「そうですね…」

P「へえ…、面白そうだな。ちょっと見てみるか」

ちひろ「Pさん、そろそろ卯月ちゃんとつかさちゃんのレッスンの時間では?」

P「あれ、そんな時間でしたっけ? 分かりました、行ってきます。卯月、行くぞ!」

卯月「はい!」


文香「…ちひろさん、おつかれさまです。これだけの人数をこなして大変じゃないですか?」

ちひろ「いえいえ、いいんですよ。お仕事なんですから。文香ちゃんも今日はお休みなのにどうしたんですか?」

文香「いえ、…何となく居心地が良かったもので」

ちひろ「ああ、分かります。ここにいるみんな、すっごく楽しそうですもんね。私もまあそんな空間が好きでここにいるんですけど…」

文香「どうかしたんですか…?」

ちひろ「いえ、そろそろ異動を社長から言われてましてね。…あと二週間ほどで事務員の職を辞めなくてはいけないんですよ」

文香「…それは、初めて聞きました」

ちひろ「初めて言いますからね。まあ新しい場所へのステップアップですから。名残惜しくはあるんですけど…。あ、ごめんなさい文香ちゃん。ちょっと電話かけなくっちゃいけなくって」



2: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:12:42.80 ID:0hXokCkZ0

P「…ふーん、SCP-173 彫像、ねえ。…うわ、えげつねえ、見るの止めたら首の骨折って来るとか」

志希「ふっふ~ん? 何見てるのかな?」

P「ぬおっ!? お前といい文香といいなんでうちのアイドルはそんな影から出てくるんだ!」

志希「にゃはは~、いいじゃんいいじゃん。で、何見てたの…あー、SCPね」

P「知ってるのか?」

志希「アメリカの発祥だからね。色々面白いから暇潰しにはもってこいだよ。量もあるし」

P「確かにな。これだけの量を追うのは正直しんどいぞ」

志希「ならまあ、お勧めのを教えてあげよっか?」

P「お、それは有難いな。ただ内容は黙っておいてくれよ」

志希「ふっふ~ん、どうしよっカナー?」

P「止めろって。俺はネタバレ嫌いなんだ」

志希「ジョーダンジョーダン。…とりあえず見ておくべきなのは096、079、073、076、682あたりの有名どこは推しておこっか」

志希「ここらへんはキャラクター要素も強いからどんなものかってのの入り口にはいいよ」

P「ふーん、何か見た感じ化け物図鑑って感じだな」

志希「そう言われるのが一番良くないらしいけどねー。あくまで不気味なモノ、奇妙なモノだから概念とかも含まれるし」

P「概念もか。という事は匂いとか…、あと空腹とかもか。それこそアイドルも載ってるかもな」

志希「そーそー♪ で、そこら辺の有名どこは非公式wikiの遺産ページとか評価が高いページとか見ていけばいいよ。で、慣れたらもっと色んなもの見ていけばいいんじゃないかにゃー?」

P「おい、これ以上みくの十八番を取ってやるな。でも参考にはなったよ。ありがとうな」

志希「にゃはは、どういたしましてー。で、教えてあげた対価なんだけど」

P「ちょっと待て!? 聞いてないぞ!?」

志希「今言ったからねー。…とりあえず、ハスハスさせろー♪」

P「や、止めろ、志希。あ、そこは大事な…! にょわー!?」



3: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:13:32.53 ID:0hXokCkZ0

早苗「あれ、Pくん何してんの?」

P「SCP財団読んでるんですよ」

早苗「SPC財団?」

P「鮫を殴れ! …というかそのボケ知ってるってことは早苗さんも知ってるんじゃないですか」

早苗「あはは、小梅ちゃんに布教されちゃってね。暇潰しにはちょうどいいから」

P「順調に布教してるな、小梅の奴…」

早苗「そういう君もハマってるんじゃないの」

P「まあ、文香も言ってましたが純粋に読み物として面白いですからね。早苗さん好きな記事とかあります?」

早苗「私? …うーん、ちょっと邪道だけど日本支部の710-JP-Jとか」

P「ブフッ…! いや、確かに面白いですけどね!?」

早苗「あんまりあの翻訳文の感じに慣れなくって」

P「ああ、まあ、日本支部のほうはやっぱり日本人が書いてるってのもあって読みやすいですよね。でも俺なんかはSCP-1983なんかが好きですね」

早苗「先のない扉か! カッコいいわよねー、アレ」

P「ですよね、意志の弾丸の下りとか鳥肌が立ちますよ」

早苗「そうよねー。…って、もうこんな時間じゃない! Pくん会議があるんじゃなかった!?」

P「えっ? おおっ!? ホントだ! すいません! ちひろさん…は、いないのか。とりあえず行ってきます!」

早苗「まったく、急ぎなさいよ! つかさちゃんの初ライブなんでしょ?」

P「はーい! 行ってきまーす!」



4: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:15:02.57 ID:0hXokCkZ0

人っ子一人いない真昼の事務所。そこでアタシは一人、息を大きく吸っていた。
と、背後の扉が開く音。

P「つかさ、そろそろ出るぞ。準備はできてるか?」

つかさ「ヨユーっしょ。…って言いたいとこだけどやっぱパねえわ。本番の緊張ってのは」

P「ははは、お前にもそんな一面があるんだな、ギャル社長さん」

つかさ「当たり前っしょ? 社長とアイドル、使う回路は別モン。それくらいは当然、OK?」

P「そっか、ならさ」

そう言うとPはアタシの手を握り、頭をなでる。咄嗟のことで流石のアタシも混乱し。
手を振り離そうとすると優しい声が頭上から降ってきた。

つかさ「ちょ!?」

P「大丈夫だ、お前は俺が信じたアイドルなんだから」

その声は、強張っていたアタシを解き放ってくれた声。
灰色の世界から抜け出させてくれた、声。

P「輝けるよ。お前、言ったろ? 新しく輝く場所に立ちたいって。そしてお前はその力もある、努力も積んできた、そして俺が信じてる」

つかさ「…」

P「だから行けるさ、輝きの向こう側に」

そうだ、アタシは、輝きの向こう側に…。

つかさ「…そうだな。ありがと、感謝はしとく。でもそれを返すのはキッチリあとでな」

P「おう、じゃ、車回しとくぞ」

つかさ「…確保、収容、保護」

P「あれ、お前も知ってんのか?」

つかさ「パートナーの趣味把握すんのなんか当然っしょ」

照れ笑いをして駆け出した。『確保・収容・保護』。どこかの理念だというその言葉。
アタシはすっかり、Pの手で。ああ、言わせんなよ。

人っ子一人いない白昼の街。そこでアタシは、輝きへの第一歩を。



5: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 21:41:09.42 ID:0hXokCkZ0











































+ 閲覧にはセキュリティクリアランス4以上の承認が必要です:



9: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 22:34:33.23 ID:0hXokCkZ0

- 承認

アイテム番号: SCP-346-Im

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-346-Imは半径1kmからなるサイト-34626のSCP-346-Im専用特別人型SCP収容エリアに収容されます。
サイト-34626は周囲一帯を="_blank" href="http://elephant.2chblog.jp/archives/52154246.html">武内P「皆さんとお近づきになるにはどうすれば……」
  • モバP「塩見周子の発散」
  • 【デレマス】凛「え、キットカッ〇を口移しするCMですか?」卯月「私はいいよ」
  • モバP「文香がドッキリを仕掛けてきやがったッ!!」
  • 来る日も来る日も異常なオブジェクトと向き合い自らの矮小さを知る日々。
    そんな世界に意味はあるのだろうか。輝きも、色も見えないこの世界に。

    私は心を決めた。そうだ、私の設定は女子高生にしよう。
    誰にも伝えていなかったが、かねてからの実験を通し彼に提出した書類がアイドルとしてのステータスになることは発見済みだ。

    どうせなら今の私とは百八十度違った私になろう。私にとって夢中になれるものを求めよう。

    さあ、新しい世界が私を待っている。新しい虹色の世界が、輝きの向こう側が。


    その輝きが紛い物であるとは理解している。だから君達は。




    そこで輝いていてくれ。







    24: ◆v.By3fESrTsY 2016/01/30(土) 23:37:20.77 ID:0hXokCkZ0

    ちひろ「…ええ、私たちの輝く場所はそちらではないんです」

    ちひろ「人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない」

    ちひろ「たとえこの世界が灰に包まれても、私たちはそれを成し遂げなくてはならない」

    ちひろ「私たちは輝きを守るために暗闇に向き合わなくてはならない」

    ちひろ「私たちの理念はただ一つ―――」






    ちひろ「確保・収容・保護」






    (了)



    元スレ
    モバP「確保・収容・保護?」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454155793/

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務