戻る

このページは以下URLのキャッシュです
http://karapaia.com/archives/52250588.html


怖い怖い、地球滅亡怖い。終末を恐れ30年間秘密のシェルターに閉じこもっていた究極の引きこもり男性(アメリカ) : カラパイア

2_e9

 誰にだって恐怖を感じる対象があるものだ。蜘蛛が怖かったり、狭い空間が嫌だったり、高いビルの屋上にどうしても足を踏み出すことができない人もいる。

 だがそれが、日常生活に支障をきたすようであれば恐怖症である。恐怖のあまり尋常ではない行動に走る場合がある。

 アメリカ、ユタ州に住む80代の男性は、地球が滅びる日を異様に怖れ、国有地に自前のシェルターと小屋を建てて、30年以上もそこで生活していたという。

 このシェルターには、食料品から武器まですべて備えてある。
スポンサードリンク

世界が終わるかもしれないという恐怖が彼をそうさせた


 FBI、警察と協力してこの件を捜査しているアイアン郡の保安官事務所は、男性の身元は明かしておらず、パロワンの町に住んでいるとしか発表していない。

 明らかにされている情報は、この男性は”世界が終わるかもしれない、自分が知っている世界が崩壊するかもしれない”という恐怖からこうした行動に出たということだけだ。彼が建てたシェルターは、ブライアン・ヘッドのスキー町と森との境にあるという。

5
image credit:Iron County Sheriff’s Office

山火事がきっかけで、築30年の地下シェルターの存在が発覚


 地球最後の日に備えて、この男性は、ユタ州と連邦政府がもつ土地に少しずつこっそり資材を運び込み、4つの小屋と秘密の地下シェルターを建てて30年間暮らしていた。

 夏に偶然、このあたり一帯が山火事で焼き尽くされなければ、男性はずっと邪魔されることなく、相変わらずせっせと作業を続けていたかもしれない。

 アイロン郡保安官事務所のデル・シュロッサー警部補は、山火事が小屋を2つ焼き払い、小屋にあった弾薬が爆発したと話した。

1_e11
image credit:Iron County Sheriff’s Office

シェルターに住んでいたのは80代男性と特定、武器も備蓄されていた


 2017年6月末、消防士たちがシェルターと小屋を見つけた。調査員たちと協力して、さまざまなものを掘り出した結果、シェルターを作ったこの80代男性を特定できた。

 現場から回収されたものの中には、多数の最新手榴弾や、粉末爆薬などが含まれていた。男性は、森の中8ヶ所に樽やゴミ容器を設置して、シェルターには2段ベッドがあり、武器や装備を隠していた。

4
image credit:Iron County Sheriff’s Office

 男性は警察に協力的だが、検察は彼を刑事告発するかどうかを検討中だという。

via:mcclatchydc / abcnewsなど/ translated by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
一部購入可能物件も。終末に備えて建てられた驚くべき10の黙示録シェルター


奇妙なものを怖がる、10の特異な恐怖症


人類を滅亡させるかもしれない5つの脅威とは?


アポカリプス到来とかなのか?落下する謎の物体が目撃される (アメリカ)


大量絶滅・隕石衝突など、先史時代に発生した8つのアポカリプス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 20:42
  • ID:saUxaV0d0 #

年齢80ってことは年金もらってるのかな
弾薬とかあるってことはある程度お金持ってるんだろうけど
記事だけだと情報少なすぎてすごい気になる
パルモさんもし続報きましたら更新お願いします

2

2. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 20:45
  • ID:jlKR8tTD0 #

地球滅亡よりも身近な山火事のほうが怖かったということか
意外な理由で核シェルターも壊れたら笑えんな

3

3. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 20:47
  • ID:NKOqVRvo0 #

>山火事が小屋を2つ焼き払い、小屋にあった弾薬が爆発した
無事で良かったねぇ

4

4. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 20:50
  • ID:.PIgTqQ00 #

絶対楽しんでただろ

5

5. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:07
  • ID:UFaJd6W50 #

悪人みたいな扱いだな…

6

6. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:18
  • ID:kejR56gc0 #

そういえば、サッカー戦争の時にジャングルに隠れた男性が1990年代に発見されたという話があったような記憶が。

7

7. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:20
  • ID:uS5zzayi0 #

世界が壊れるのを恐れていたら家が壊れて身元が割れた

8

8.

  • 2017年12月16日 21:26
  • ID:MQRLVvFT0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:27
  • ID:CuQFUpsx0 #

30年の努力が、山火事にすら耐えられなかったって・・・諸行無常というやつか

10

10. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:40
  • ID:X04.23tE0 #

国立公園は不味いだろ
自分の所有地に作れよ

11

11. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:49
  • ID:MXSbfg9.0 #

世界が終わったら戦う相手もいないのに何のために武器用意してたんだろう?

12

12. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:51
  • ID:L5I4sisD0 #

いや、シェルターがあったから無事だったのかもしれない。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:52
  • ID:W.qhRXmv0 #

勝手に国有地に住み着いてたんだから、河原や公園に段ボールハウスを作るホームレスのようなもんでしょ
多少は頑丈な小屋を作ってただけで

14

14. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 21:57
  • ID:2CC.YFpb0 #

30年隠れてるうちに1回くらいはアレ?滅亡しねぇな…とか思わんかったのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 22:02
  • ID:pQEizD.r0 #

気の毒です(´;ω;`)

16

16.

  • 2017年12月16日 22:10
  • ID:VoRrjKh30 #
17

17. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 22:21
  • ID:5eeEtmIt0 #

こんな映画あったよね。
Blast from the Past
こっちはコメディ映画だったけど。
昔の野球カードとかを現代に持ち込んで、大金持になったりとかw

18

18. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 22:22
  • ID:gqNx1Ouk0 #

こいつが崩壊していた

19

19. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 22:24
  • ID:DMO2i7Gw0 #

ここまで来たらもうそっとして置いてあげて欲しい気もする。
家族は居ないのだろうか。
孤独で無いと、こういう行動は取れないか…。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 22:28
  • ID:xGAZB5850 #

まず自分で土地を買うところから始めましょう、としか…

どういう滅亡パターンを想定していたのかは分からないけど、滅亡ガチ勢から見たら、火災に耐えられない程度ではエンジョイ勢なんだろうな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク