8999「バイキングMORE」でタレントの渡辺直美への〝オリンピック侮辱問題〟について議論された。



・北村晴男氏 渡辺直美への〝侮辱問題〟を語る「生きづらい世の中になったな」



 これは東京五輪・パラリンピックの開閉会式演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)がタレントの渡辺直美の容姿を侮辱するような演出を提案していたということが明らかになり、大きな騒動に発展。佐々木氏は辞意を表明している。

 これについてコメンテーターの弁護士の北村晴男氏(66)は「LINEで自由なアイデアのやりとりを出している中での発言なので、問題だとは思わない。生きづらい世の中になったな、と感じる。森(喜朗)さんが叩かれた時も異常だと思ったけど、これもそんな叩かれることなのか」と私見を述べた。

 また、お笑いタレントの松嶋尚美も「やめなきゃいけないような問題なのか。やりとりが表に出ちゃうことが怖い」などと語った。



・八代弁護士「五輪間際で、1年もたった時点でこの発言が表に出されるのは意図的なことを感じるし、全面的に乗って糾弾するのは気持ちが悪い」

恵はこの発言が昨年の3月で、グループLINEでのアイデア出しの中での発言だったことに「投稿というより、その場で会議をしているようなイメージかなと」との印象を受けたといい、八代英輝弁護士も「将来、オープンにすることを目的とするものではないのは明らか」と同調した。

 恵は「一点、気になるのは、佐々木さんが仰っているのは、アイデア出しのような会議であったと。その部分が気になる」「ネタを出し合う場での発言。諫められ、注意されている。会議としては収まって、決着がついている」とも指摘。

 八代弁護士も「五輪間際で、1年もたった時点でこの発言が表に出されるのは意図的なことを感じるし、全面的に乗って糾弾するのは気持ちが悪い」とコメント。

 恵は「(発言が)表に出るものではなかったが、そういう感覚を持った人が演出していいのか?っていう問題はある。その一方で、これがネタ出し、アイデア出し、限られた方の中だけの会話なのに、それが出てしまっている怖さ。それはなにか、佐々木さんをおろしたい力があるのかなと…」との思いも語っていた。



・話題となっている 佐々木宏氏の報道







・渡辺さんを侮辱する行為自体は反省すべきかと思いますが、わざわざ晒し上げるのではなく内輪で反省を促せばよかった話な気もします。
その辺の井戸端会議で芸能人を侮辱している人なんてごまんといますが、いずれああいう方々も録音されて晒し上げられたりする世の中がやってきそうですね。

・この問題ってなんで誰も文春をたたかないんだろう? マスコミ側の仲間意識なのかもしれないけど…。 ちょと最近の週刊誌には行き過ぎを感じます。
人の人生を変えてしまう力を持った仕事をしているという自覚を持って欲しいですね。

・内輪の悪ノリの会話すらダメになったのか
先は家族内での会話すら人権警察に通報され
逮捕者は反人権分子として公開処刑されるのでしょう

・あまりにも叩きすぎだと思います。本来なら表に出る前に拒否された意見ですし。
今後、人間を動物に例えるCMとか演出は一切しなくなるという理解で良いんですかね?

・北村さんと同じ意見です。
なんというか、渡辺さん自身がその身体つきも含めた、エンターテイナーなので、蔑視とか差別とかの意図はないと理解できるんやけどな。あかんのかな?

・もう言葉を発するだけでヘイト扱い、言葉が必要無い時代に成るのかね。

・テレビがネットの声を取り上げる、ネットがテレビの発言を取り上げる。この負のスパイラルを断ち切らないといつまでも息苦しさは改善しないよ。

・今時の失言狩りは何を言ったかよりも誰が言ったか若しくは誰が問題にするかによる 昔流行ったイケメンに限るみたいな物に見えるけど

・森は、公での問題発言だから確実にアウト。
ただ、これは本来、公にならないもので、その点では同情する。
けど、公になっちゃったからにはアウト。
ベッキーのセンテンススプリングと一緒。

・そんな言葉じりを大きく取り上げて、晒し者にするような雰囲気を作ったのはあなた方マスコミなのですがね。
文脈も伝えず、一言のために全てを失う。
結果渡辺直美さんも知らなくてもいいことをしることになった。
まるで今のマスコミは戦時中の憲兵みたい。
もしくは韓国のコロナ密告みたい。
そんなことばかりしていたら自分達の首を絞めているだけでは。